花火伝統文化継承資料館 はなび・アム

資料/郷土/展示/文学館

全国でも貴重な花火資料の展示と映像体験で花火の魅力を知る

日本の花火師の最高峰を決める「全国花火競技大会」の開催地。全国の花火師と花火ファンが紡いだ花火文化の歴史と魅力を伝える、国内では数か所だけの「花火がテーマ」の資料館が2018年(平成30)にオープン。

記念撮影スポットになっている館内1階ロビーの大看板 記念撮影スポットになっている館内1階ロビーの大看板

日本最高峰の競技会「全国花火競技大会」

全国の精鋭ぞろいの花火師たちが腕を競い合う、1年に1度の花火競技大会。そのクオリティと会場規模の大きさはまさに日本最高峰。その大迫力の光景を目に焼き付けようと、ここ大曲には大会当日だけで全国から70万人もの観光客が集まる。「はなび・アム」は、全国大曲花火競技大会のメイン打上げ会場である雄物川(おものがわ)の河川敷まで徒歩20分。花火大会当日は駅から会場に向かう、20万人もの観光客が行き交う丸子川沿い。館内の4階には大仙市大曲地域を見渡せる展望スペースもある。

駐車場敷地内には花火グッズ販売ショップも併設(冬期閉店) 駐車場敷地内には花火グッズ販売ショップも併設(冬期閉店)

子どもも一緒に楽しんで学べる花火の魅力

1階にインフォメーション窓口があるが、年間通して入場は無料。1、2階は地域の人々の生涯学習向け活動スペースになっているため、まずはエレベーターで3階へ。3階は大曲をはじめ全国の花火の歴史的資料をアーカイブしつつ展示している「花火資料室」。企画展示以外にも花火に関する書籍や絵本が並び、自由に読むことができる。大きなタッチディスプレイは、デジタルアーカイブされている資料の一部を閲覧できる「花火資料デジタル図鑑」になっている。
フロアの奥には影絵作家の巨匠・藤城清治(ふじしろせいじ)氏が制作した『大曲の花火』のレプリカを鑑賞できるスペースがある。花火大会の名物プログラムである大会提供花火の打上げ現場を、1/100ミニチュアで再現したコーナーもおもしろい。幅500mもの河原に配置されたいくつもの仕掛け花火(現在は幅900mにグレードアップ)。これらがコンピューター制御でコントロールされ、音楽とシンクロした見事な花火ショーを演出している。そんな舞台裏を垣間見ることのできるチャンスだ。

花火師が使い分ける数多くの火薬の材料も展示中(2021年11月現在) 花火師が使い分ける数多くの火薬の材料も展示中(2021年11月現在)

バーチャル花火を作る「はなび創作工房」

4階は眺めの良い展望展示ホールになっており、花火をモチーフに装飾された空間が印象的だ。壁沿いに展示を眺めながら進むと、花火の歴史から知っておくと楽しい花火の仕組みまで、流れに沿って鑑賞できる。本物の花火玉を忠実に再現した、リアルな質感の花火玉断面模型も展示されている。上空300mに打ち上げられる10号玉(一尺玉)の重さを体感できるコーナーも。子どもに特に人気の展示が「はなび創作工房」。木製の花火玉模型を同心円状の穴に差し込んでいくと、自分がデザインしたバーチャル花火がスクリーンに打ち上がる。模型の色や配置を変えると打ち上がる花火のデザインも変わリ、ゲーム感覚で花火の仕組みを学べる。

花火師の仕事の流れや花火のできる工程がわかる4階展示スペース 花火師の仕事の流れや花火のできる工程がわかる4階展示スペース

美しい花火の定義や豆知識をわかりやすく解説 美しい花火の定義や豆知識をわかりやすく解説

半円状やスマイルの形をした花火も再現可能な「はなび創作工房」 半円状やスマイルの形をした花火も再現可能な「はなび創作工房」

大迫力の映像を鑑賞できるはなびシアター

全国的にも珍しい4面マルチシアターで、花火にまつわる映像を鑑賞。映像プログラムは予約不要で鑑賞も無料。1時間に2つの作品が交互に放映され、特に必見なのが実際の全国花火競技大会のダイジェスト映像を鑑賞できる『大曲の花火』だ。高精細な打上げ花火の映像が、大音量とともに4面スクリーンに映し出され、視界いっぱいに広がる。まるで当日の花火大会を会場で鑑賞しているような感動の映像体験だ。2020年(令和2)には、駐車場の一角に花火グッズや手土産などを購入できる「Bium Shop(ビアムショップ」がオープンした。花火の聖地大曲の記念グッズをお土産にどうぞ(冬期間は閉店)。

臨場感あふれる『大曲の花火』の映像プログラムは8分間。1日7回上映している 臨場感あふれる『大曲の花火』の映像プログラムは8分間。1日7回上映している

スポット詳細

住所
秋田県大仙市大曲大町7-19
電話番号
0187737931

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 花火
    3.0 投稿日:2020.01.11
    花火伝統文化継承資料館、というのが正式名称らしいです。歴代の花火大会の様子や、花火に関する資料などいろいろ保管展示してあります。
  • 大曲の花火が理解できる無料施設
    5.0 投稿日:2019.12.15
    大曲の花火が理解できる無料施設でした。花火が始まる前に駅前の花火のモニュメントなどとともに訪れましたが、時間つぶしには素晴らしい所でした。展示内容も、花火について、歴史についてなど、面白かったです。自分でいろいろな色の火薬を組み合わせて、花火を作るコーナーもあって面白かったです。
  • 中途半端な展示物。
    3.0 投稿日:2019.02.02
    職員の応対は親切丁寧で気持ち良く観れたのですが、如何せん、展示内容が中途半端で花火の街を誇れるようなインパクトのある目玉が無い。せっかくの映像設備も花火職人のお話が中心で内容が聞き取りづらい。せめて字幕を入れるとか、もう少し迫力のある花火映像を前面に出すとか、もう一工夫ほしいです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          横手・湯沢・栗駒エリアのおすすめスポット

          秋田のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました