登録有形文化財 旧本郷家住宅

歴史的建造物

秋田三大地主の豪邸「旧本郷家住宅」と日本庭園を散策

広い土間に内蔵も併設した主屋 広い土間に内蔵も併設した主屋

江戸時代の元禄の頃から9代にわたり続いてきた旧家「本郷家」。雄物川の舟運や農地改良などで地域に貢献することで、明治から大正にかけて345万平方メートル以上を所有する県内有数の大地主に。その住宅は黒塀に囲まれ、築100年以上の主屋と文庫蔵、そして昭和初期に完成した洋館が並ぶ。窓からは日本を代表する造園家・長岡安平の設計した日本庭園を眺めることができる。2016年(平成28)に主屋、洋館、文庫蔵、味噌蔵が国登録有形文化財に登録された。
細かいデザインの施された欄間や建具の置かれた座敷、漆喰の壁が映えるヨーロッパ調の洋館など、貴重な文化財に足を踏み入れて格式高い居住空間を体感できる。主屋の内蔵には、明治天皇がこの地を訪問された際に座わられたとされる「玉座」も展示されている。入場は無料で11月中旬から4月下旬までは冬期休業。有料サービスで地域の方々が見どころを説明しながら巡る、旧本郷家住宅のガイドツアーもある。

総合受付から日本庭園を見学しながら歩くと正門にたどり着く 総合受付から日本庭園を見学しながら歩くと正門にたどり着く

座敷に上がって美しい木造建築デザインと主庭を鑑賞できる 座敷に上がって美しい木造建築デザインと主庭を鑑賞できる

1881年(明治14)に明治天皇が実際に座られたという玉座 1881年(明治14)に明治天皇が実際に座られたという玉座

スポット詳細

住所
秋田県大仙市角間川町字西中上町19、19-2、19-5
電話番号
0187653535
時間
[4月末-11月中旬]9:00-16:00(最終入場15:30)
休業日
月(祝の場合は翌日)
料金
無料
駐車場
あり(20台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          横手・湯沢・栗駒エリアのおすすめスポット

          秋田のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました