秋田中央・男鹿半島

CENTRAL AKITA / OGA PENINSULA

7000万年前から現代へ続く地殻変動と歴史絵巻を体感する文化エリア

日本海西岸に突き出した半島部分には、約7000万年前から現在へ続くダイナミックな地殻変動の形跡を鑑賞できる「男鹿半島・大潟ジオパーク」が。なだらかな海岸線が続く半島南側の平野部には、秋田藩20万石・久保田城の城下町として栄華を誇った秋田市がある。車で1時間弱でアクセスできる男鹿半島と秋田市内を結ぶエリアには、大地と人類文化の壮大な歴史物語を体感できる観光コンテンツが多く点在する。男鹿半島エリアには、標高355mの山頂から絶景を望む「寒風山」、ホッキョクグマが大人気の「男鹿水族館GAO」などがあり、海沿いのドライブを楽しみながら各スポットをまわるのも楽しい。また、秋田藩の城下町として栄えた秋田市内には、秋田の歴史文化施設が集まる「千秋公園」をはじめ、秋田の名物食材がそろう「秋田市民市場」、北東北随一の繁華街として栄えた「川反」などがあり、秋田を代表するご当地グルメを堪能できる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    秋田きりたんぽ屋
    比内地鶏だしの伝統的なきりたんぽを「秋田きりたんぽ屋」で堪能
    すり鉢でつぶしたあきたこまちを秋田杉の串に巻きつけて、炭火で香ばしく焼く。比内地鶏でとったぜいたくな旨味ダシに、炭火焼ききりたんぽ・比内地鶏・舞茸などのきのこ、ゴボウ、ネギなどの具材を投入。濃口醤油と日本酒、砂糖で味を調整して、最後に香りづけのセリを加えれば伝統のきりたんぽ鍋が完成。起源は江戸時代にさかのぼる。秋田県北部のマタギ料理が発祥といわれ、炭焼きや秋田杉の伐採で山に籠もった職人たちのご馳走だったという。秋田北部では冠婚葬祭には欠かせない郷土料理であり、おふくろの味として家庭に定着していった。JR秋田駅西口から徒歩1分の「秋田きりたんぽ屋」は、正統派きりたんぽ鍋をマタギ小屋風の店内で味わえる名店だ。寸胴でとった比内地鶏のダシと角館安藤醸造の特製醤油、契約農場の比内地鶏肉を使った極上の味を堪能してほしい。味噌ベースでウサギやイノシシ肉の入った「マタギのきりたんぽ鍋」も人気メニューだ。
    比内地鶏に野菜、きのこのうまみが凝縮されたつゆは絶品。セリは根っこまで食べるのが秋田流
  • spot 02
    秋田番屋酒場
    男鹿発祥のしょっつる鍋を本場提携店「秋田番屋酒場」で食す
    日本海秋田沖がおもな漁場であるハタハタを味わう男鹿発祥の「しょっつる鍋」。塩漬けにしたハタハタを、1-2年かけて発酵させた魚醤「しょっつる」が味の決め手。和製ナンプラーともいうべき独特の塩気と風味で、魚介系との相性がバッチリだ。具材は白菜や春菊などの野菜と、ブリコと呼ばれる魚卵をもったハタハタを入れるのが一般的。あっさりスープにしょっつるを加えると、奥深くまろやかなコクがプラスされる。JR秋田駅からすぐの「秋田番屋酒場」は、男鹿市と提携を結び男鹿直送の鮮魚や秋田の地酒が堪能できる郷土居酒屋。番屋とは漁師たちが漁場近くの海岸線に造る作業場兼宿泊施設のこと。ここで味わえる「番屋のしょっつる鍋」は、魚卵が詰まった男鹿産ハタハタにこだわり、具材にワカメも加えてアルミ製の大鍋というご当地スタイルで提供してくれる。秋田弁で接客してくれる店員の言葉にも、田舎の温かさを感じられる。
    上品な魚介ダシのうまみを楽しむしょっつる鍋(1518円)。ハタハタはプチプチ弾ける魚卵の食感も楽しい
  • spot 03
    千秋公園
    ハスの花に囲まれる久保田城跡の都市公園を散策
    JR秋田駅から徒歩15分ほどで見えてくる、「日本の名城100選」に選ばれた久保田城跡。約16万平方メートルにも及ぶ本丸と二の丸跡を日本屈指の近代造園家・長岡安平(ながおか やすへい)が公園として整備。夏場に大手門の堀一面に咲くハスは圧巻。
    復元された久保田城御隅櫓(おすみやぐら)。入場料100円で4階展望台からの眺望が楽しめる
  • spot 04
    あきた文化産業施設「松下」
    「会える秋田美人」あきた舞妓の伝統美を鑑賞できる劇場
    秋田美人の語源になった川反(かわばた)芸者。一度は途絶えてしまった伝統を受け継いで復活した「あきた舞妓」の踊りを、リノベーションした歴史的建造物のお座敷で気軽に鑑賞できる新しい観光拠点。
    毎週土曜に開催する「松下あきた舞妓劇場」。お昼の部と昼下がりの部の2公演
  • spot 05
    秋田市民俗芸能伝承館
    東北三大祭り「秋田竿燈まつり」の妙技に挑戦できる体験型展示
    東北三大祭りのひとつ「秋田竿燈まつり」で使用される高さ12mにも及ぶ竿燈(かんとう)や、秋田県固有の神事である梵天祭(ぼんでんさい)の梵天など、伝統行事や芸能で実際に使われる道具を展示。江戸後期に商人として栄えた旧金子家の伝統建築とともに公開。
    ビルの3階に相当する高さの竿燈を展示する1階展示ホール
  • spot 06
    秋田市文化創造館
    生まれ変わった、市民が主役となるアート拠点
    テーマは「秋田に暮らす人のために、自分らしい表現を探す人のために、新しい活動を生みだす拠点」。独特な形状の屋根と円い窓がシンボリックな旧秋田県美術館をリノベーションして、2021年(令和3)3月にリニューアルオープンしたアートセンター。アート展示をはじめ、演劇公演、音楽イベント、ワークショップやトークイベントなど。多様なクリエイティブ活動を通して、新たな出会いを演出するような催しが行われている。1階部分はコミュニティスペースになっており、毎週火曜の休館日以外は誰でも出入りが自由。館内テーブル席、屋外デッキやテラスも予約なしで自由に使えるので、休憩スポットとしても人気だ。併設しているカフェ「センシューテラス」でドリンクやスイーツをテイクアウトして飲食することもできる。2階と3階にある4つのスタジオは、展示やイベントの会場として利用できるほかに、作品制作や練習スタジオとしても利用可能だ。
    千秋公園のお堀近くに見えてくるモダン建築
  • spot 07
    秋田県立美術館
    日本随一の藤田嗣治(ふじたつぐはる)作品を所蔵する安藤忠雄設計の美術館
    世界的建築家の安藤忠雄(あんどうただお)氏が設計し、2013年(平成25)9月に移転リニューアルオープン。エコール・ド・パリを象徴する日本人画家・藤田嗣治(ふじたつぐはる)の所蔵数は国内随一。館内には水庭を眺めてくつろげるミュージアムカフェも。
    入り口を入ると正面に見える安藤忠雄氏設計の螺旋(らせん)階段
  • spot 08
    秋田犬ステーション
    今、世界的に人気の天然記念物「秋田犬」に会える場所
    ハリウッド映画『HACHI』の世界的ヒットで、国内外から再注目されている秋田犬。実は大型犬で唯一の国の天然記念物にもなっている貴重な犬種。人気の高まりを受けて、実際に秋田犬に出合える施設をオープン。
    秋田犬ステーションで会える「もも」。頑固者で恥ずかしがり屋
  • spot 09
    秋田市民市場
    JR秋田駅から徒歩5分。秋田の名物グルメが大集合する市場
    駅前でアクセス抜群の立地にある秋田の台所。鮮魚・旬野菜・果物はもちろん、秋田ならではの乾物・発酵グルメ・地酒もラインナップ。館内約60店舗のお店には日本海から奥羽山脈まで、海山のうまいもんが勢ぞろい。
    キャッチコピーの「なんもだー!」は秋田弁で「気にしないで」「どういたしまして」の意味
  • spot 10
    秋田市大森山動物園~あきぎんオモリンの森~
    動物たち本来の動きを観察できる行動展示の動物園
    オープンから48年間リニューアルを重ねて入園者数1100万人を突破。行動展示や小動物たちとの触れ合い体験を多く取り入れた、動物を間近で観察できるアイデア展示や企画が人気。親子連れにぴったりの動物園。
    金網ではなくガラス越しに観察できる迫力満点の猛獣エリア「王者の森」
  • spot 11
    小玉醸造
    秋田の郷土の味と伝統文化を醸す明治の老舗醸造蔵
    レンガ造りの長い蔵が立ち並ぶ小玉醸造は、1879年(明治12)創業の醤油、味噌、日本酒を製造する老舗の醸造蔵。甲子園球場約1個分もある広い敷地には、酒蔵を改築したギャラリーや、自社製品を販売する蔵ショップもあり一般客も利用できる。
    創業時の面影を残す赤レンガ造りの味噌蔵
  • spot 12
    寒風山
    回転展望台から360度パノラマの絶景を望む男鹿のシンボル
    男鹿半島の付け根に位置する標高355mの火山。山全体が緑の芝生に覆われた美しいフォルム。頂上まで続く寒風山パノラマラインをドライブしながら、眼下に広がる入道崎の海岸線や大潟村の田園風景を堪能。
    天気が良い日は遠くに鳥海山や白神山地も見える
  • spot 13
    鵜ノ崎海岸
    日本の渚100選で「秋田のウユニ塩湖」と話題の遠浅海岸
    男鹿半島の南部に位置する約1.5kmの海岸線。沖合約200mまで続く浅瀬と穏やかな波。晴れた日は鏡のような海水面に青空が映り、その光景が「ウユニ塩湖」に例えられ、写真映えスポットとして注目されている。
    透明度の高く穏やかな海水面。空の青が水面に映り込む
  • spot 14
    八望台
    360度パノラマの絶景を望む男鹿半島随一のビュースポット
    男鹿半島の西部に位置し、標高180mの高台にある展望スポット。男鹿本山などの山々、戸賀湾、マールと呼ばれる美しい火山湖などを眼下に望み、天気が良いと遠く青森の県境まで見渡せるという。
    展望台から戸賀湾方面を望む。手前は直径約400m、深さ11.8mの湖「ニノ目潟」
  • spot 15
    なまはげ館と男鹿真山伝承館
    なまはげゆかりの地でなまはげを体験する展示施設
    2018年(平成30)にユネスコ無形文化遺産に登録された、国重要無形民俗文化財「男鹿のナマハゲ」。そのゆかりの地とされる真山神社のふもとでなまはげの起源や歴史を学んだり、大晦日のなまはげ行事の再現を鑑賞できる。
    男鹿市内各地区の多様な面が展示されている
  • spot 16
    男鹿温泉郷
    江戸時代の温泉番付小結になった男鹿半島の名湯
    男鹿半島の北側に位置する温泉郷で、日本書紀にも記されている1000年以上の歴史を誇る古湯。江戸時代に秋田佐竹公に好まれ、男鹿の雄大な自然と日本海を望むロケーションから秋田の奥座敷と称された名湯。
    男鹿温泉郷の玄関口のシンボル、入道崎寒風山線沿いに立つなまはげ立像
  • spot 17
    男鹿水族館GAO
    たくさんの海の生物の棲む男鹿の海を再現した高さ8mの大水槽
    男鹿半島の西端に位置し、日本海を眺望する絶好のロケーションに立つ水族館。見どころは40種類2000匹もの魚たちを眺められる「男鹿の海大水槽」。2020年(令和2)12月にはオスのホッキョクグマが誕生して話題に。
    春から夏の男鹿の海をイメージした大迫力の大水槽
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    車・電車・飛行機のどれを使ってもアクセスの利便性が高い。車の場合は東北道北上JCTから秋田道に入り、秋田中央ICで降りると10分ほどでJR秋田駅に到着。電車の場合は秋田新幹線こまちで終点JR秋田駅へ。飛行機の場合は秋田空港からリムジンバスで秋田市内まで40分ほど。

  2. その2

    JR秋田駅から久保田城址「千秋公園」までは徒歩で10分ほど。千秋公園内には久保田城御隅櫓・本丸表門が藩政時代の雰囲気を今に伝えるほか、秋田県民会館や秋田市立中央図書館明徳館、平野政吉美術館、秋田市立佐竹史料館など文化施設がある。

  3. その3

    千秋公園周辺にはリニューアルした秋田県立美術館、商業施設兼イベントスペースの「エリアなかいち」が併設し、秋田竿頭まつりの舞台でもある市民交流エリアになっている。ここから徒歩10分ほどで、県内随一の繁華街「川反」へもアクセスできる。

  4. その4

    秋田市内から男鹿半島までは車で1時間ほど、JR男鹿線でも1時間ほどの距離。半島をぐるりと巡る約80kmのドライブルートは、1周約2時間。男鹿半島は日本海に沈む夕陽を望む絶景スポットとしても有名。男鹿温泉郷では温泉に浸かって夕陽を眺める体験もできる。

  5. その5

    男鹿半島の寒風山ではパラグライダー、西海岸側ではカヌーやシーカヤック、レンタサイクル体験など、ジオパークを五感で楽しめるアクティビティも多い。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

秋田のその他のエリア

+ -
back
open

秋田中央・男鹿半島エリア