三島・沼津・中伊豆

MISHIMA / NUMAZU / NAKA-IZU

伊豆半島の玄関口、グルメに温泉、世界遺産観光も

伊豆半島北部に位置し、東名高速道路沼津ICやJR東海道新幹線三島駅があり、多くの旅行客が訪れる伊豆半島の玄関口。といっても、玄関口だからと通り過ぎるにはもったいない、歴史や自然、グルメにあふれたエリアだ。豊富な水揚げ量を誇る沼津港では観光客誘致に向けた整備が進み、新鮮な海鮮料理を目玉にした飲食店が軒を連ねる。富士山の裾野に位置する三島は富士山の雪どけ水が湧き出すことでも知られ、駅から徒歩圏内に美しい水辺が点在。源頼朝が挙兵祈願したことでも有名な三嶋大社と合わせて街なかを散策するのもおすすめだ。沼津・三島エリアから南に少し足を延ばせば、2015(平成27)年に世界遺産に登録された韮山反射炉や、歴史ある伊豆長岡の温泉街にもアクセスできる。さらに南へ向かうと修善寺・中伊豆エリアに。静かな山間にあり「伊豆の小京都」と呼ばれる修善寺や、川端康成の代表作「伊豆の踊り子」の舞台となった天城など、自然豊かな見どころも楽しめる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    修善寺温泉街
    伊豆の小京都で名所旧跡や遊歩道など温泉街を散策
    伊豆を代表する修善寺温泉は弘法大師が発見した源泉。情緒あふれる温泉街で、足湯を楽しみながら、源氏ゆかりの史跡巡りや豊かな自然のなかを散策できる一度は訪れたい人気スポットだ。
    心身を満たしてくれる湯どころ伊豆の名門
  • spot 02
    修禅寺
    地名の由来でもあり空海が開基した寺院
    鎌倉時代に源氏一族興亡の舞台としてその名を馳せる古刹。宝物殿には岡本綺堂の名作「修禅寺物語」ゆかりの寺宝の面などがあり、修善寺温泉街のシンボルとしても有名だ。
    伝統と歴史を感じる風格あるたたずまい
  • spot 03
    河津七滝
    滝の個性が光る、一度は訪れたい滝スポット七変化
    柱状節理(ちゅうじょうせつり)と呼ばれる岩柱が、滝の一つひとつに独特な表情を持たせ、見る者を楽しませてくれる河津七滝。流れ落ちる水だけでなく、周りの地形や岩の姿にも注目したい7つの滝巡りを楽しもう。
    河津七滝で最大の大きさを誇る大滝
  • spot 04
    浄蓮の滝
    天城渓谷からの水を集めて絶壁を落下する伊豆一の名瀑
    天城の山々、狩野川のせせらぎ、数々の文豪をひきつけてやまない湯ヶ島の自然。これらの景勝地の玄関口として、また天城観光の基地として、華麗な音を織りなす優美な滝を見に行こう。
    静けさのなかで響く滝音は圧巻
  • spot 05
    三島スカイウォーク
    全長400m、日本一長い歩行者専用吊り橋
    日本一の長さを誇る歩行者専用の大吊り橋「三島スカイウォーク」は、年間100万人を超える来場者が訪れる三島の名所。アスレチックやジップスライドなどのアクティビティやグルメもそろい、伊豆観光のスタートにおすすめ。
    吊り橋のアプローチにあるオブジェ
  • spot 06
    三嶋大社
    1200年以上の歴史をもつ格式ある神社
    古くから伊豆国(いずのくに)一宮として栄え、源頼朝が挙兵する際に祈願を寄せたことでも知られる三嶋大社。年間約300万人の参拝者が訪れる人気の神社であり、境内には国の重要文化財に指定された本殿などがある。
    江戸時代後期に建てられた三嶋大社の社殿
  • spot 07
    沼津港食堂街
    沼津港で水揚げされた新鮮食材を味わい尽くそう
    近海ものから深海魚までさまざまな魚介が集まる沼津港。周辺には新鮮な海鮮料理を提供する店や名物の干物などを販売する土産店が軒を連ねる。首都圏からのアクセスも良く、沼津屈指の人気のスポットだ。
    港周辺の食堂街には飲食店や土産物店が多く並びにぎわう
  • spot 08
    沼津魚市場食堂
    その日仕入れた新鮮な魚を味わえる
    一年を通して新鮮な魚が水揚げされる沼津港。沼津港では日本近海で獲れたサバやアジ、イワシ、カツオなど多くの魚が取り引きされ、その取り扱い量は静岡県内でも焼津港に次いで2位の多さで知られる。沼津港周辺の飲食店は沼津港で水揚げされたばかりの新鮮な海鮮料理を食べられるとあって、地元住民や観光客に人気を集めている。競りを見学できる沼津魚市場「INO(イーノ)」に入る「沼津魚市場食堂」も新鮮な魚介を提供する店のひとつ。「INO」で行われる競りで店長みずからが仕入れたこだわりの新鮮食材を使用。日替わりの刺身定食や海鮮丼などを味わえる。地産地消にもこだわり、仕入れるのは駿河湾で獲れた地魚と近海の魚のみ。日替わりの刺身や海鮮丼にはそのときどきの旬の魚を盛り込んでいるので、来るたびに違うおいしさに出合えるのも、沼津港の食の楽しみだ。
    人気メニュー、7点盛りの「いちば海鮮丼(味噌汁付き)」1980円
  • spot 09
    魚河岸丸天 みなと店
    発祥は市場で働く人の食堂
    伊豆半島の付け根に位置し、古くから港町・宿場町として栄えてきた沼津市。狩野川河岸で魚市場が開かれていた時代もあったが、その後、現在の沼津港を整備。1937年(昭和12)に漁船が入る内港部分を、1970年(昭和45)に物流を担う外港が形成されると、同時に周辺には沼津港で働く漁業関係者らに向けた食堂ができていった。1966年(昭和41)に開業した「魚河岸丸天」も市場で働く人の食堂としてスタートした店のひとつ。開業当初は客層が漁業関係者だったこともあり、天ぷらやトンカツなどフライメニューが特に人気だったという。今も新鮮な魚介を使った刺身定食や海鮮丼に加え、アジフライやエビフライなど味とボリュームを売りにしたメニューが豊富にそろう。創業から変わらぬ港の食堂の味わいを楽しんでみては。
    「どこにもないメニューを」と開発された「海鮮かき揚げ丼(あら汁付き)」1430円は看板メニューのひとつ
  • spot 10
    クレマチスの丘
    次世代に優れた芸術や文化を継承するための発信地
    四季折々の表情を楽しむことができる美しいガーデンを散策しながら、芸術作品との対話や地場食材を堪能。一人ひとりがそれぞれの楽しみ方を模索することができるとっておきの空間へ出かけよう。
    愛鷹山麓を背景に広大な庭園を満喫しながらヴァンジ作品を鑑賞できる
  • spot 11
    修善寺 虹の郷
    花々の咲き誇る自然豊かな公園
    総面積約50万平方メートルの園内にはカナダ、イギリスの村を再現した街並みと日本庭園やローズガーデンに咲く季節の花々がゲストを迎える。手漉き和紙などのものづくり体験のほか、近年ではコスプレイヤーにも人気のスポット。
    イギリスの村へのエントランスゲート
  • spot 12
    伊豆パノラマパーク
    ロープウェイで標高452mの絶景山頂リゾートへ
    絶景空間でくつろぐテラス席に足湯や展望台、丸太のアスレチックや神社、石仏、カフェまで、景色以外も山頂全体を楽しめる空中公園。アクティブにもリフレッシュにも時間を過ごせる山頂リゾートを楽しんで。
    くつろぎの「碧テラス」や森林浴散歩も楽しめる
  • spot 13
    韮山反射炉
    世界遺産「韮山反射炉」日本で唯一現存する稼働していた反射炉
    2015(平成27)に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界文化遺産に登録された「韮山反射炉」。史跡内のガイド説明やガイダンスセンター見学で歴史や構造を学べる。天気が良ければ富士山と韮山反射炉の「ダブル世界遺産」を撮影できるおすすめのフォトスポットだ。
    溶かした鉄を大砲の型に入れて冷やし固め、中をくり抜くという大がかりな作業が行われていた
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    JR東京駅からJR三島駅までは東海道新幹線こだまで約55分。JR三島駅とJR沼津駅は東海道本線で約5分。沼津港へは沼津駅からバスが出ており約15分で着く。

  2. その2

    沼津港周辺には無料駐車場や有料駐車場が整備されているが、連休など休日の昼頃は混雑していることが多いので注意が必要。駐車料金のサービス券を用意している飲食店も多い。

  3. その3

    伊豆箱根鉄道・伊豆長岡駅から韮山反射炉へは観光周遊バスを利用して約10分。周遊バスでは重要文化財「江川邸」なども経由する。修善寺駅から修善寺温泉街まではバスで約8分、バス停から徒歩5分程度。

  4. その4

    高速道路を利用する場合、沼津IC・長泉沼津ICから修善寺・中伊豆方面へは伊豆縦貫道を経由すると便利。ただし連休時には時間帯によって渋滞することも多い。

  5. その5

    浄蓮の滝や天城峠、河津七滝など天城エリアには修善寺駅から路線バスが出ている。本数は多くないので、出発前に時刻表などを調べておくのがおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

静岡のその他のエリア

+ -
back
open

三島・沼津・中伊豆エリア