水戸・笠間

MITO / KASAMA

歴史とアートに触れながら四季折々の景色も楽しめる

日本三大庭園のひとつである「偕楽園」、また、「水戸黄門」として親しまれる徳川光圀(とくがわみつくに)で知られる水戸は、歴史好きにはたまらない史跡が多く残る観光地だ。偕楽園を開いた徳川斉昭(とくがわなりあき)によって創設された施設も多く、藩士の学校であった「弘道館」、偕楽園のなかに位置する「好文亭」など、水戸観光の見どころとしての役割を果たしている。水戸駅周辺は広大な水戸城趾の一角に位置するので、駅周りに著名な観光地が固まっており、徒歩でも比較的まわりやすいのも特徴だ。水戸市に隣接する笠間市は、笠間焼で知られる芸術の街。広大な面積を誇る「芸術の森公園」の敷地内には、美術館や陶芸体験施設もあり、自然とアートを楽しめる空間となっている。また、笠間には年間350万人余りが訪れる「笠間稲荷神社」があり、観光の中心的役割を担っている。特に毎年秋に行われる「菊まつり」は、観光客で最も賑わう時期だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    偕楽園
    季節ごとの趣を楽しめる日本を代表する庭園のひとつ
    言わずと知れた水戸エリアを代表する観光スポットで、「日本三名園」のひとつに挙げられる優れた景勝地。梅の名所として有名なほか、園内には好文亭をはじめ歴史を感じる建物や史跡があり、見どころが多い。
    広々とした見晴広場から見える好文亭と二季咲桜
  • spot 02
    好文亭
    徳川斉昭の創意工夫を随所に感じられる別邸
    偕楽園本園内にある好文亭は、偕楽園を創設した水戸藩第9代藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)の別邸として建てられた。二層三階建の「好文亭」と、太鼓橋廊下でつながった平屋造の「奥御殿」の内部が見学できる。
    好文亭と梅林・見晴広場の間にある芝前門(しばさきもん)
  • spot 03
    見晴亭
    茨城の銘菓や特産品がずらりと並ぶ
    偕楽園を堪能したあとお土産を購入するなら東門にある見晴亭に立ち寄ってみよう。茨城県観光物産協会が運営しており、梅や納豆の加工製品など水戸といえばコレという商品が手に入るほか、茨城の銘菓や旬のアイテムも数多く陳列している。食べ物だけでなく、笠間焼などの工芸品も扱っている。また、パンフレットコーナーもあるので、水戸の観光情報を集めるにも良い場所だ。店の奥には休憩スペースがあり、気軽に購入した製品を飲食することができる。休憩スペースの壁には亘セン幽(わたりせんゆう)が徳川斉昭(とくがわなりあき)のために描いたとされる「好文亭四季模様之図(こうぶんていしきもようのず)」が掛けられており、当時の庭園の様子をしのぶことができるので、そちらもぜひチェックして欲しい。
    東門のすぐ横に位置する
  • spot 04
    弘道館
    江戸時代の藩校にタイムトラベルしてみよう
    1841年(天保12)、水戸藩第9代藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)によって開設された日本最大規模の藩校。文武を磨くための教育の場を、当時の様子に思いを馳せながら巡ることができる。
    弘道館正庁玄関の正面には「左近の桜」が植えられている
  • spot 05
    水戸城跡
    復元された水戸城跡のシンボル「大手門」は必見
    水戸城は、北の那珂川、南の千波湖を天然の堀とした、日本最大級の土造りの城だった。東側から西側に向かって「下の丸」「本丸」「二の丸」「三の丸」が配置されており、弘道館は三の丸に位置している。当時の建物は明治以降、解体や戦火でほとんどが消失してしまった。\弘道館の入り口の目の前にある大手橋を渡った先に見えるのは、2020年(令和2)に復元された「大手門」。水戸城内で最も格式の高い門であり、水戸城跡のシンボルだ。かつての「大手門」は明治期に解体されてしまったが、正門としての役割をもっていた。時間があるなら、大手門から東に進んで、かつての水戸城がある本丸跡まで歩いてみよう。道中では「大日本史」編纂に関する業務が行われていた「水戸彰考館跡(みとしょうこうかんあと)」や、樹齢推定400年の「水戸城跡の大シイ」、戦火をまぬがれた創建当時の建築物「薬医門(やくいもん)」など、歴史的な史跡を見ることができる。
    大手橋手前から見た大手門
  • spot 06
    水戸東照宮
    珍しい文化財も拝める徳川家康公を祀る神社
    「権現さん」の呼び名で地域の人々に親しまれる水戸東照宮は、徳川家康(とくがわいえやす)公を祀る神社。境内には徳川斉昭(とくがわなりあき)公が考案した戦車など、ここでしか見られない文化財が保管されている。
    豪華絢爛な唐門に迎えられる
  • spot 07
    茨城県近代美術館
    茨城ゆかりの作家をはじめ国内外の近代美術の名作が集う
    千波湖のほとりという絶好のロケーションに位置する美術館。日本の近代美術史に名を残した茨城ゆかりの作家の作品を多数所蔵する。モネやルノワールといった印象派の巨匠の作品も展示されている。
    彫刻作品が展示されているエントランスホール
  • spot 08
    茨城県立歴史館
    茨城の歴史や明治時代の洋風建築に触れよう
    茨城の歴史を知るうえではずせないスポット。茨城の成り立ちを一気に振り返ることができる。敷地内には旧水海道小学校本館(きゅうみつかいどうしょうがっこうほんかん)など、歴史的価値の高い建築物が移築されている。
    古代から現代までの茨城の歩みがわかる
  • spot 09
    常磐神社
    義公・烈公をともに祀る偕楽園に隣接した神社
    水戸黄門として親しまれる義公・徳川光圀(とくがわみつくに)と、弘道館および偕楽園を創設した烈公・徳川斉昭(とくがわなりあき)を祀る神社。「義烈館(ぎれつかん)」では、ここでしか見られない貴重な品々が展示されている。
    水戸黄門ファンも参拝に訪れる人気の神社
  • spot 10
    常陸牛 きくすい
    食肉卸業者の直営で新鮮な常陸牛を堪能できる
    食肉卸会社が経営しているため、高品質かつ新鮮な「常陸牛(ひたちぎゅう)」を、リーズナブルに食すことができるのが「きくすい」。常陸牛ブランドの立ち上げにも貢献した老舗だ。いちばん人気はボリューム満点のサーロインステーキ。脂がしっかり乗った霜降り肉は、口のなかで溶けるようなやわらかさで、かむとうまみのある肉汁がジュワーっと広がる。ワサビ醤油でいただくと、ワサビの辛さと肉の甘みが絶妙にマッチ。ペロリと完食してしまうことまちがいなし。焼き肉では常陸牛のおいしさを部位ごとに楽しめるほか、すきやきやしゃぶしゃぶもあり、常陸牛を使ったさまざまな料理を堪能できるメニューとなっている。店内は広く、テーブル席のほか座敷もある。電車で行く場合、JR水戸駅からはバスやタクシーを利用しよう。
    鉄板にのったサーロインステーキ(180g)4680円
  • spot 11
    笠間稲荷神社
    日本三大稲荷のひとつでパワースポットしても人気の歴史ある神社
    日本三大稲荷のひとつである笠間稲荷神社は、年間を通して、多くの参拝者が全国から訪れる笠間有数の観光スポットだ。特に10月下旬から11月下旬にかけて行われる「菊まつり」の時期は、たくさんの参拝者で賑わいをみせる。
    門前通りに面した大鳥居
  • spot 12
    菓子工房 福
    笠間産の栗を使ってフレンチシェフが作るシュークリーム
    笠間市は栽培面積が県内1位の栗の名産地だ。笠間産の栗を使った食べ物やスイーツもたくさんあり、笠間観光の魅力のひとつとなっている。笠間稲荷神社にお参りした際に、ぜひ立ち寄ってほしいのが「菓子工房 福」。笠間で20年以上続くフレンチ「かるにえ」のシェフが考案した、見た目も楽しいボリューム満点のシュークリームを食べられる店だ。人気の「かさまシューくり」は、サクサクのシュー生地の中に渋皮のクリームとカスタードクリーム、栗がゴロゴロと入っており、笠間の栗のおいしさを余すことなく堪能できる。店内はカフェになっており、その場で食べることも、持ち帰ることもできるが、人気なので売り切れてしまうこともしばしば。予約しておくのがオススメだ。また、栗の収穫期である9-11月には、栗の渋皮煮が丸ごと入った「プレミアム」(540円)(持ち帰りの場合)も販売される。場所は、笠間稲荷神社からすぐ。
    笠間産栗をぜいたくに使った「かさまシューくり」。1個334円(持ち帰りの場合)
  • spot 13
    常陸国出雲大社
    国造りの立役者・大国様から良縁をいただく
    1992年(平成4)、島根県の出雲大社より分霊鎮座。幸せな御縁を結んで下さる縁結びの神様、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が主祭神。パワースポットとしても人気で、参拝者はあとを絶たない。
    見事な大注連縄(しめなわ)が掛けられている拝殿
  • spot 14
    笠間日動美術館
    印象派からエコール・ド・パリの巨匠たちの作品を鑑賞できる笠間随一の美術館
    ここでしか見ることのできない著名画家たちが愛用したパレットコレクションが圧巻。3つの展示館と彫刻が立ち並ぶ美しい庭園の散策を楽しみながら、アートを堪能できる
    企画展示館では年間を通じてさまざまな企画展を開催
  • spot 15
    笠間芸術の森公園
    芸術に触れながら親子で一日中遊べる
    伝統工芸と新しい造形美術をテーマとした公園。緑豊かな広大な敷地内には美術館のほかイベント会場、野外コンサート広場、大規模な遊具施設などがあり、子どもから大人まで一日中飽きずに過ごせる
    森を散策しながら陶芸作品に出合う
  • spot 16
    笠間工芸の丘
    陶芸体験やギャラリーを楽しめるアート空間
    笠間芸術の森公園の敷地内にある笠間工芸の丘は、笠間焼を通じてよりアートを身近に感じることができるスポット。陶芸体験ができる工房や、ギャラリーを併設したカフェなど、魅力的な施設が集まっている。
    ギャラリーやカフェのあるセンタープラザ
  • spot 17
    笠間やきもの散歩道
    ギャラリー巡りで笠間焼を堪能したあとはおいしい食事に舌つづみ
    個性豊かなギャラリーとカフェが集結するギャラリーロードや、窯元と出合える陶の小径を巡って、笠間焼の魅力にはまろう
    ギャラリーや販売店で味わい深い器と出合える
  • spot 18
    笠間焼窯元共販センター
    いろいろなタイプの焼きものに出合える
    国道355号から陶の小径に入ったちょうど入り口に位置する笠間焼窯元共販センター。取り扱う作家の数は150名近くと多く、店内には花瓶や大皿から茶碗まで、さまざまな笠間焼が所狭しと陳列されている。比較的安価なものも多く扱っているので、笠間焼でふだん使いの食器をそろえたい人には打ってつけの店だ。真冬の時期には店内にある大きな暖炉に薪をくべて暖をとる。暖炉から出た炭は焼きもののうわぐすりとして再利用されるというのも、窯元の販売所ならでは。隣接する建物には手ぬぐいを扱うショップ侘助と、栗ミルクといった笠間ならではのドリンクメニューのあるカフェ「虎の蔵」が入っている。焼きものを物色したあとは、カフェでほっとひと息入れるのも焼きもの散歩の醍醐味だ。
    広々とした店内の中心には暖炉がある
  • spot 19
    回廊ギャラリー 門
    庭に面した回廊を焼きものが彩る
    国道355号からギャラリーロードを北上し、ちょうど芸術の森公園にさしかかった辺りの西側に面した箇所にあるのが、回廊ギャラリー門。焼きもの散策をするなら、ぜひ立ち寄ってほしい趣のあるギャラリーだ。大きい建物の中心には中庭があり、そこをぐるっと囲むように焼きものが陳列されている。焼きものを鑑賞しながら歩く回廊の雰囲気は格別で、特に天気の良い日は焼きものの色が日差しに美しく映え、なんともぜいたくな気分を味わえる。オーナーがお店の趣向にマッチしたものを取りそろえているというだけあり、どの焼きものも味わい深く、また、アート色の強い作品があるのも特徴だ。陶器の販売のほか、作品展も随時行っているので、注目の作家を知る良い機会にもなるだろう。
    オープンエアの心地良い回廊ギャラリー
  • spot 20
    水戸天狗納豆 笹沼五郎商店
    駅ビルにも店舗が入る老舗納豆店
    水戸といえば誰もが思い浮かべるのが水戸納豆。納豆発祥の伝説は複数あるが、八幡太郎(源)義家が水戸市郊外の一盛長者の屋敷に泊まったときのエピソードが納豆の始まりといわれている。家来が馬の飼料として作っておいた煮豆の残りを藁に包んでおいたところ、発酵して糸を引いていた。これがおいしかったので義家に献上し、たいへん喜ばれたというものだ。将軍に納めた豆という意味で「納豆」と名づけられたという。納豆は藁に含まれる枯草菌(こそうきん)という菌によって発酵が進む。枯草菌は熱に強いので、煮沸した藁でも生き残り、大豆を包んで40度ほどの温度にすると発酵が進み納豆ができあがる。笹沼五郎商店は1889年(明治22)に笹沼清左衛門が創業し、「天狗納豆」という商標で納豆を売り出した。創業の年は水戸駅開業の年でもあり、駅前で販売されたことがきっかけとなり、地元だけでなく観光客にもその存在を知られることになった。現在は水戸駅ビルにも店舗があり、藁包みの納豆のほか納豆原料のお菓子までさまざまな商品を購入できる。
    藁で包んだ納豆は風味がいいと好評
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    水戸を公共交通機関を利用して観光する場合は、水戸駅発のバスを上手に活用しよう。「東照宮」、「弘道館」、「水戸城趾」は駅から徒歩でまわれる。

  2. その2

    「偕楽園」は敷地が広大で見どころも多いので、半日くらいかけるのが正解。「常磐神社」、「茨城県立歴史館」が隣接しているので、まとめて観光するといい。

  3. その3

    水戸エリアすべてのスポットを1日で巡るのは厳しいので、1泊2日が理想。「偕楽園」周辺と、「弘道館」周辺で行く日を分けると、時間に余裕をもって観光できる。

  4. その4

    笠間エリアは広いうえ道の起伏もあるので、徒歩での観光は現実的ではない。「かさま観光周遊バス」を利用するか、駅の観光案内でレンタサイクルを利用しよう。タクシーは常駐してないので要予約。

  5. その5

    「常陸国出雲大社」にJR福原駅から行く場合は、電車の本数が少ないので事前に時刻表を確認しよう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

茨城のその他のエリア

+ -
back
open

水戸・笠間エリア