県北部

NORTHERN IBARAKI

海と山の豊かな自然が織りなす絶景に恵まれた地

東は太平洋に面し、内陸部は阿武隈高地や八溝山地の山々が連なる茨城県の北部地域で、豊かな自然がつくり出すダイナミックな景観がおもな見どころ。この地は律令制のもとで常陸国(ひたちのくに)となったが、久慈川流域の奥久慈の一部は、戦国時代まで陸奥国に属していた。平安時代後期に源氏一族の佐竹氏が台頭し領国を拡大。のちに戦国大名となって北条氏や伊達氏と争ったという。江戸時代に入ると徳川水戸藩領となり、第2代藩主・徳川光圀は晩年この地に隠棲し『大日本史』の編纂を行った。このエリアの代表的な見どころに、「日本三大瀑布」にも数えられる袋田の滝や、竜神川の峡谷に架かる竜神大吊橋、パワースポットとして名高い御岩神社がある。一帯には温泉が点在し、常陸秋そばやシャモ料理が名物となっている。また、太平洋沿岸には、岡倉天心が愛した風光明媚な五浦(いづら)海岸がある。海辺では冬のアンコウをはじめとする新鮮な魚介類を楽しみたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    袋田の滝
    日本三名瀑に数えられる荘厳な滝
    日光「華厳の滝」(栃木県)、熊野「那智の滝」(和歌山県)と並び日本三名瀑とされている「袋田の滝」。四季により表情が異なり、特に紅葉のシーズンと真冬に滝が凍りつく「氷瀑」の景色が人気だ。周辺の山々の登山を兼ねて訪れるのもいい。
    第2観瀑台からは滝の全体像を見ることができる
  • spot 02
    玉屋旅館
    奥久慈の豊かな自然がはぐくんだうまみたっぷりのシャモ
    大子町を訪れたら味わいたいのが、闘鶏用のニワトリであるシャモを使った名物料理。清らかな水と空気に恵まれたこの地でじっくりと育てられたシャモは、その味の良さから「地鶏の最高傑作」と評される。そんなシャモ料理の元祖とされるのが、JR水郡線常陸大子駅からすぐの玉屋旅館だ。この店の「しゃも弁当」は、1985年(昭和60)のつくば万博に際し、「地元産のシャモを持ち帰ってほしい」という思いから考案されたもので、ランチタイムに店内で食べることも可能。シャモは下処理を怠ると臭みが出るため、焼いてから醤油ベースの秘伝のタレで煮るという、手間暇のかかる方法で調理されている。脂肪が少なくしっかりとした歯ごたえで、かめばかむほどうまみが出てくる。手作りのゴボウの煮物や、シャモの卵を使った濃厚な炒り玉子もうれしい。ほか、シャモの生卵が載った「しゃも親子丼」や、素材のうまみを楽しめる「しゃも鍋」3500円(2人前から)なども味わえる。
    店でいちばん人気の「しゃも弁当」(味噌汁付)1280円
  • spot 03
    月待の滝
    優美な滝を眺めつつ奥久慈の水を使った名物を味わう
    大生瀬(おおなませ)川がつくり出す月待の滝は、水に濡れることなく裏からもその姿を眺められる「裏見の滝」として知られる。清らかな流れと周囲の自然に癒やされつつ、名水を使ったコーヒーやそばを楽しみたい。
    豊かな自然のなか、風情ある滝が流れ落ちる
  • spot 04
    花貫渓谷
    花貫川の流域に広がる手つかずの自然の宝庫
    花貫川の流れと周囲の森が織りなす景観の美しさで知られる花貫渓谷。滝や淵、吊り橋などの各スポットを巡ってみよう。豊かな自然のなかで新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込めば、身も心も爽快感に満たされる。
    花貫渓谷の観光の中心、汐見滝吊り橋
  • spot 05
    御岩神社
    国内有数のパワースポットとして知られる深山の霊場
    多くの神様に参拝でき、絶大なご利益があるとされる御岩神社。巨木の森に延びる苔むした参道を歩き、点在する社殿にお参りすれば、この地がもつ神秘的なエネルギーを感じられるはず。
    うっそうとした森のなかの参道を行くと現れる御岩神社拝殿
  • spot 06
    日立シビックセンター科学館
    子どもから大人まで楽しみながら科学を学べる
    電機メーカー・日立製作所創業の地として知られる日立市。この「科学技術のまち」に、科学を身近に感じ、楽しみながら学ぶ場としてリニューアルオープンしたのが、日立シビックセンター科学館サクリエだ。
    6つの関節を持ち複雑な動作ができる「ロボット画伯アートン」
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    列車の場合、沿岸部ではJR常磐線、内陸部ではJR水郡線を利用することになる。JR水郡線は水戸から出発し、上菅谷で常陸大子方面と常陸太田方面に分岐するので行き先に注意。

  2. その2

    駅から離れたスポットには、バスまたはタクシーで向かうことになる。バスは運行本数が少ないので、時刻をしっかり調べておこう。

  3. その3

    花貫渓谷は紅葉の季節に混雑するため、一部の道路が通行止めになる。この季節には土・日曜限定で高萩駅からシャトルバスが運行されるので、茨城交通の公式サイトで運行日を確認しておくとよい。

  4. その4

    車で移動する場合、沿岸部では常磐自動車道を利用できるが、内陸部には高速道路がないので、時間に余裕をもって行動したい。

  5. その5

    大子町など内陸部の盆地は冬の寒さが厳しい。暖かい服装を心がけるようにし、路面の凍結にも注意しよう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

茨城のその他のエリア

+ -
back
open

県北部エリア