青森の展望塔/タワースポット一覧

  • 青森県観光物産館アスパム
    rating-image
    3.5
    496件の口コミ
    旅行/観光
    青森県青森市安方1-1-40
    昭和61年(1986)青森の産業振興の拠点として建設され産業・郷土芸能などを紹介する。アスパムの由来は、青森県観光物産館を英語に直訳し(Aomori,Sightseeing, Products, Mansion)、それぞれ頭文字をとっている。13階の展望台からは、青森市街をはじめ、下北・津軽・夏泊の各半島、むつ湾、青森ベイブリッジなどが眺望できる。360度の圧巻のパノラマビューを堪能したい。

    三角錐の建物で遠くからでも目立ちます。中は地元の観光物産館となっており、青森県のお土産を買うことができます。観光であれば、13階の展望台をお勧めします。青森市街や陸奥・下北半島、青森ベイブリッジ、八甲田山や岩木山も眺めることができます。駅近であり、ちょっと時間が空いていたら、訪れたい場所ですね。

  • 瞰湖台
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬宇樽部国有林64林班内
    十和田湖畔の景観が望める国道沿いにある展望台。標高583メートルから御倉半島と中山半島の2つの半島に挟まれた十和田湖を見渡すことができるのはこの展望台からだけある。
  • トップマスト
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町字蟹田中師宮本160
    平成8年(1996)にオープンした蟹田のランドマークタワー。観瀾山公園海水浴場に面して建っているガラス張りのタワーで、108段のら旋階段を上ると展望台があり、むつ湾を一望できる。また1階には、地元物産をはじめ、津軽・下北の特産物などが買える物産コーナー、陸奥湾を横断するカーフェリーの乗船手続所がある。2階にある中国料理が味わえるミニレストランでは、陸奥湾や下北半島を眺めながら食事が楽しめる。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す