置賜エリア

OKITAMA AREA

上杉家の歴史遺産や米沢牛をはじめ、ワイナリーなど見どころ満載

米沢牛や上杉鷹山による改革でその名が知られている米沢市をはじめとする置賜エリア。城下町米沢はかつて上杉家が統治していたが、9代目藩主となった上杉鷹山は、米沢藩の財政立て直しを実現した藩主として知られており、上杉家統治の名残が残されている。また、日本三大和牛のひとつとしても数えられる米沢牛をはじめとするグルメも見逃せない。米沢の周辺には東北の伊勢とも呼ばれる熊野大社が立地する南陽市や、山形県を代表するワインの産地である高畠町など、歴史と食を楽しめるエリアだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    上杉神社
    戦国の名将上杉謙信を祀るパワースポット
    上杉家の城下町として知られる米沢市。上杉家のなかでも、戦国最強とも称される上杉謙信(うえすぎけんしん)公が祀られているのが上杉神社だ。開運招福や諸願成就、さらには学業成就や商売繁盛を願い多くの人が訪れる。
    上杉神社の唐門、その前には狛犬が立つ
  • spot 02
    上杉伯爵邸
    歴史ある邸宅で優雅な庭園を愛でながら米沢グルメを
    上杉神社の南隣りに位置する上杉伯爵邸は、明治時代に上杉家の14代目当主の邸宅として建てられた。大正時代に一度焼失したが、その後再建され、国の登録有形文化財に指定されている。館内では上杉鷹山(うえすぎようざん)公が編纂した「かてもの」という食の手引書を受け継いだ伝統的な郷土料理や、米沢牛料理を堪能できる。東京の浜離宮に倣って造園された美しい庭園を眺めながら食事をいただこう。14時以降の利用は要予約となるため、ぜひ営業状況を確認してから訪れたい。敷地内には昼間帯に利用できる甘味喫茶や、米沢織の着付け体験が可能な和風カフェもあり、散策の休憩スポットとしても利用価値が高い。
    四季のうつろいを感じられる風雅な日本庭園
  • spot 03
    上杉神社稽照殿
    上杉家由来の刀や甲冑など多数の重要文化財を収蔵展示する宝物殿
    上杉神社に併設されている稽照殿(けいしょうでん)は、大正時代に米沢大火で焼失した上杉神社再建に際し、宝物殿として創設された。1923年(大正12)に開館した稽照殿は米沢市出身の建築家伊東忠太(いとうちゅうた)が設計し、神殿と調和を保つ日本風の外観を見せた重層建築が特徴だ。上杉謙信(うえすぎけんしん)公の遺品を中心に、初代米沢藩主の上杉景勝(うえすぎかげかつ)公、景勝公の家老として支えた直江兼続(なおえかねつぐ)公、中興の名君上杉鷹山(うえすぎようざん)公ゆかりの刀や甲冑、絵画などを展示し、歴史ファン必見のスポットとなっている。ほかにも、平安時代から明治期にわたる重要文化財・重要美術品・山形県指定文化財を含む収蔵品もあり、国の登録有形文化財に認定されている。施設内は撮影禁止のため、しっかりと目で堪能してほしい。毎年11月下旬から3月下旬にかけては休館となるほか、休館日が設けられているので、事前に営業状況を公式サイトなどで確認しよう。
    拝観料は一般700円
  • spot 04
    米沢牛 登起波
    山形が誇るブランド牛、米沢牛を老舗牛肉店で堪能
    日本三大和牛といえば、松坂牛、神戸牛、そして米沢牛だ。米沢牛を名乗るには、肥育期間32か月以上、出産を経験していない雌牛であることなど、厳格な基準が定められている。寒暖差の激しい気候と山々からの雪どけ水などの自然豊かな飼育環境が米沢牛を育んでいる。上杉神社から車で5分、徒歩20分も北に進んだ中心市街地に立地する「登起波(ときわ)」は、1894年(明治27)創業の、米沢市でいちばんの米沢牛の老舗。1階で販売されている登起波名物の、酒粕と熟成した地味噌に米沢牛を漬け込んだ「登起波漬」は、大正時代には皇室献上品であったほど。2、3階部分にある食事処では米沢牛のすき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキといった贅を尽くした料理を味わうことができる。霜降りが利いた、雌牛ならではのやさしい味わいの肉は、口に運んだ瞬間に溶けてうまみが口いっぱいに広がる。夜は要予約。
    信じられないほどやわらかい米沢牛ステーキは5000円から
  • spot 05
    米沢市上杉博物館
    上杉家ゆかりの品を収蔵! 「みて・ふれて・たのしむ」博物館
    国宝「上杉本洛中洛外図屏風(うえすぎぼんらくちゅうらくがいずびょうぶ)」と国宝「上杉家文書」を中心に、数千に及ぶ上杉家ゆかりの品々が収蔵されており、歴史を「みて・ふれて・たのしむ」ことのできる博物館だ。
    置賜文化ホールも入る複合文化施設に米沢市上杉博物館がある
  • spot 06
    熊野大社
    東北屈指の縁結びスポットで3羽のウサギを探そう
    「東北の伊勢」と称され、1200年以上の歴史を有する熊野大社。縁結びの場所として知られ、隠し彫りされた3羽のウサギを見つければ願いが叶うといわれるパワースポットだ。
    806年(大同元)平城天皇(へいぜいてんのう)の勅命により再建された
  • spot 07
    ジェラートエン
    山形・南陽の「おいしい」がぎゅっと詰まった味わい深いジェラート
    熊野大社参道隣りにある「ジェラートエン」は、2020年(令和2)4月にオープンしたこだわりあふれる手作りジェラート専門店。卵は使っていない。フレーバーは常時16種類ほどが並べられており、いちばん人気は近隣の牧場の牛乳を使った「放牧ミルク」。このほか、山形を代表するブランド米「つや姫」やアスパラガス、リンゴ、桃、ブドウなど、地元の農家から仕入た旬の野菜や果物を使用した魅力的なジェラートが数多くそろう。ダブル(450円)を注文する人が多いが、トリプル(520円)をシェアするのも楽しい。また、冬季限定(11-3月頃)でつぼ焼き芋も販売されていて、芋焼きジェラートや焼きリンゴジェラートといったぜいたくなメニューも登場する。旬を大切にしているからこそ、そのときどきでラインナップの変わるジェラートは、訪れる季節を変えて何度でも味わいたい。
    ラズベリー、抹茶、ミルクをカップに詰めたトリプル。トリプルのみ熊野大社にちなんで満月最中も
  • spot 08
    高畠ワイナリー
    地元産のブドウを中心に醸造するワイナリーで、ここでしか手に入らないワインを
    地元高畠町産のブドウをおもに使い醸造されるワインは国内外で高い評価を受けている。お城のようなワイナリーで製造工程の見学や試飲、特産品や限定のワインが手に入るショップでショッピングを楽しもう。
    外国に来たかのような錯覚を起こさせるワイン畑と建物外観
  • spot 09
    安久津八幡神社
    歴史と静寂に包まれた置賜エリア随一の古刹
    歴史ある建造物と数々の伝説が残るさまは、まるで時が止まったかのような趣。苔むす空間にたどり着いたら、過去を想像しながら少しばかりのタイムトリップを味わってみては。
    県指定有形文化財の神社本殿は、茅葺き屋根が印象的な造り
  • spot 10
    松が岬公園
    お濠に囲まれた公園で戦国の歴史にひたろう
    米沢城跡に整備された松が岬公園は米沢の歴史と文化を象徴する場所であり、観光の拠点かつ地元の人々の憩いの場となっている。戦国武将の歴史をたどりながら四季折々の景色を楽しもう。
    公園の周囲は濠で囲まれている
  • spot 11
    米沢城址
    堀や土塁(どるい)が残る絶好のフォトスポット
    米沢城は「松岬城(まつがさきじょう)」と「舞鶴城(まいづるじょう)」という2つの別称をもっていた。明治になると御殿や隅櫓(すみやぐら)が取り壊され、本丸跡は松が岬公園(まつがさきこうえん)と上杉謙信(うえすぎけんしん)公を祀る上杉神社となった。松が岬公園の入り口には、舞鶴城に由来する1886年(明治19)竣工のアーチ式石橋である「舞鶴橋」があり、地元では「めがね橋」とも呼ばれ親しまれている。舞鶴城と呼ばれたのは、米沢城下を上から眺めると鶴のような形をしていたからだという。明治の近代化政策を象徴する橋であり、国の登録有形文化財に指定されている。舞鶴橋を公園方面に進むと、上杉謙信公があつく信仰した毘沙門天の「毘」と「龍」の文字が大きく昇り旗に書かれているのが印象的だ。橋に並ぶ石灯籠とも合わせて写真映えし、訪れる人を魅了する。
    米沢城跡本丸の南側に堀をまたいで鮮やかな朱塗りの橋が架けられている
  • spot 12
    酒造資料館 東光の酒蔵
    伝統と革新が息づく、みちのくの造り酒屋に触れる
    東北最大級といわれるほど広大な酒造資料館である東光の酒蔵。かつての酒造りをしのばせる空間で、その歴史に浸りながら、ここでしか味わえない日本酒の試飲体験などを楽しんでみては。
    創業は安土桃山時代という歴史ある酒蔵が直営する酒造資料館
  • spot 13
    icho cafe
    熊野大社境内にある地元素材にこだわったカフェ
    熊野大社(くまのたいしゃ)の入り口にあるイチョウの木のそばにある一見茶屋のような外観。なかに入ると、落ち着いた雰囲気で洗練された空間が広がる。地域のまちづくりのために誕生したカフェで、メニューはこだわりの地元食材を使用しながらもリーズナブルなラインナップ。観光客はもちろん、地元の人たちも足を運ぶ人気店である。近郊の牧場から仕入れた牛乳を使用し、低温でじっくりと焼き上げたフレンチトースト(500円)はいちばんの人気メニューのため売り切れることも。ドリンクは、地元で焙煎された豆を使用したコーヒー(450円)や、地元産の果物や野菜を使用し、時期によって中身が変わるスムージー(600円)がおすすめ。ランチタイムには地元産のはちみつを使用したはちみつドライカレーや、地元の酒粕がほんのり香るナポリタン(各800円、サラダ付き)をぜひ。
    フレンチトーストはふわふわとした食感がたまらない
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    米沢市内にある観光スポットは比較的まとまっているので、歩くか、米沢駅起点の循環バスが便利である。米沢駅や米沢城址ではレンタサイクルを利用できる。そのほかの観光スポットはそれぞれやや離れたところに立地しているが、鉄道駅から徒歩でのアクセスが可能。しかし、電車は本数が限られているのであらかじめスケジュールを組んでおくのが良い。

  2. その2

    観光の拠点は山形新幹線の停車駅である米沢駅、高畠駅、赤湯駅が中心となる。

  3. その3

    17時あるいはそれより早く閉め、かつ定休日のある施設が多いので、行きたい店があればあらかじめ調べておこう。

  4. その4

    ランチやディナーは、席数が限られていたり臨時休業していたりする場合に備えて、事前に営業状況を確認しておくのがおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

山形のその他のエリア

+ -
back
open

置賜エリア