最上エリア

MOGAMI AREA

雄大な最上川を中心に抱える、自然あふれるエリア

山形県の北東部に位置する最上エリアは、そのほぼ中央を山形県の一級河川、最上川が貫いている。100万年前にすでに川であったといわれる最上川は昔から交通網や農業用水として、山形県に住む人々の暮らしを支えてきた。最上川を交通網として使った人々のなかには源義経(みなもとのよしつね)や松尾芭蕉(まつおばしょう)といった歴史上の人物も。源義経は800年前、最上川をさかのぼって平泉を目指し、松尾芭蕉は江戸時代に平泉を経由して最上川を下った。それらの足跡は、最上エリアに伝わる義経伝説として、そして『おくのほそ道』で詠まれた句として現在に伝わっている。最上川舟下り、そして最上川近くに観光施設や自然スポットが広がる。また、内陸に位置するこの最上エリアは積雪量の多さでも有名。特に大蔵村にある肘折温泉は、日本有数の豪雪地帯としても知られており、夏と冬はまったく違った景色を楽しめる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    最上川(舟下り)
    船頭による味わい深い案内と四季折々の最上峡の絶景を楽しむ
    「五月雨を あつめて早し 最上川」の句で知られる最上川の魅力を知るアクティビティといえば、この舟下り。季節ごとに変わる最上峡の景色や船頭の名調子には、何度体験しても飽きない魅力がある。
    個性的な船頭によるガイドが最上川舟下りの醍醐味。最上峡の雄大な景色を眺めながら、名調子に耳を澄まそう
  • spot 02
    佐藤長三郎そば
    地元戸沢産「最上早生」を使用した「板そば」
    最上川舟下りの最寄り駅でもあるJR古口駅から徒歩約3分のところにある「佐藤長三郎そば」。2001年(平成13)創業の佐藤長三郎そばのこだわりは、戸沢村産のそば粉「最上早生(もがみわせ)」を使用して作り上げた十一蕎麦(といちそば)。それをシンプルに味わうことのできるメニュー「板そば」を頼んでみよう。小麦粉が1割混ぜられたそばはツルリとしたのどごしが特徴で、甘めのつゆとも相性は抜群。付け合わせの漬物や肉厚のキクラゲも良いアクセントとなって箸が進む。メニューは冷たいそばのほか、温かいそばやうどん、庄内地方で食べられる「麦切り」もある。板そばと麦切りを一緒に楽しめる「合もり」や、板そばと天ぷらを一度に堪能できるセットメニューなど種類も豊富。営業開始は11時だが、そばがなくなり次第終了となるので注意が必要だ。
    天ぷら付きの板そばは人気メニューのひとつ
  • spot 03
    パーラー白糸の滝
    昭和の趣の定番メニューと映えメニューが楽しい
    最上エリアの観光時には定番の観光・休憩スポットとなる白糸の滝ドライブイン。その2階にあるのが「パーラー白糸の滝」。窓際の席では開放的なガラス窓から眼下に最上川、そして正面には落差120mの「白糸の滝」を眺めながら飲食を楽しむことができる。最上地方、そして庄内地方の素材を使ったメニューには、昭和の趣が残るナポリタンや自家製プリン・アラモード、クリームソーダ、そして最上地方の金山町で育った「米の娘ぶた」を使った生姜焼きプレートやヒレカツバーガーなども。注目したいのが、ヒレカツバーガーが縦に3つ並んだ「滝バーガー」や、メロンソーダが1ℓも入っているという「最上川フロート」といったジャンボメニュー。その圧巻のボリュ-ムはSNS映えすること間違いなし。写真を撮ったときには、ぜひみんなでシェアして楽しんでほしい。
    パーラー内観。最上川を間近に見られる窓際の席が人気
  • spot 04
    白糸の滝
    最上川渓谷の絶景、輝く糸のように落ちる滝
    山形県の「母なる川」と呼ばれる最上川。その流域のなかでも随一の景観を誇るのが最上峡だ。両岸に山が迫る絶景は四季折々の表情を見せ、急斜面には最上四十八滝といわれる滝群がある。そのなかでも最大で、日本の滝百選にも指定されているのが「白糸の滝」だ。赤い鳥居と不動堂のお社に向かって落差120mを一気に流れ落ちる滝の姿は、神秘的で美しい。そんな絶景滝を観賞するなら、滝の向かい岸にある「白糸の滝ドライブイン」がおすすめ。駐車場からも対岸に見られるが、館内のレストランでは食事をしながら眺めることができる。ティータイムを楽しむなら同敷地内にある「パーラー白糸の滝」がピッタリ。
    最上川に流れ落ちるその姿が白糸にたとえられた「白糸の滝」
  • spot 05
    新庄城址(最上公園)
    歴史と文化が息づく新庄の礎を築いた戸沢家の居城跡
    新庄藩を約250年治めた戸沢家初代藩主、戸沢政盛(とざわまさもり)により1625年(寛永2)に築かれた新庄城。その城跡は公園として整備され、地元の人たちが散歩やジョギングに訪れる憩いの場であり、新庄随一の桜の名所としても知られている。
    桜の木が植えられており、春にはお堀の水面に映る満開の桜が人々を魅了する
  • spot 06
    肘折温泉
    開湯以来1200年、現代に続く霊験あらたかな湯治場
    1200年以上前に開湯した肘折温泉郷は、豊富な湯量に恵まれ、古くから湯治場として人々を癒やしてきた。現在も20軒の旅館があり、どこか懐かしい街の風景は、世の喧騒から離れ、ゆったりと過ごせる雰囲気に満ちている。
    日が落ちると、幻想的な雰囲気に包まれる肘折温泉街
  • spot 07
    地蔵倉
    商売繁盛、縁結びのスポットとしても知られる奇岩連なる名勝地
    肘折温泉郷(ひじおりおんせんきょう)近郊にある「地蔵倉」は、断崖の岩陰に安置された六地蔵と木造の本殿からなる霊場。開湯縁起にまつわる地として地元に根づいているほか、パワースポットとしても注目を集めている。
    地蔵倉周辺には、ごつごつした凝灰岩が連なる
  • spot 08
    肘折温泉朝市
    地元のお母さんたちとの賑やかな触れ合いが楽しい
    肘折温泉に宿泊したら、少し早起きをしてでもぜひ訪れてほしいのが、肘折温泉名物の朝市。観光客だけでなく地元の旅館従業員らも行くというこの朝市は、毎年4月中旬から11月中旬まで毎日開かれている。決して規模は大きくないものの、地元のお母さんたちが路地端で、採れたての野菜や山菜、その加工品、手作りの総菜を持ち寄って出店している。なかでも山菜は種類も豊富で、そのおいしさには定評がある。調理法がわからなければその場でお母さんたちに尋ねることができるのも朝市の魅力のひとつだ。5-8月にかけては毎朝5時30分-7時30分頃、4月下旬と9-11月にかけては毎朝6時-7時30分頃に出店しているので、肘折温泉宿泊時の朝の散歩に、または観光コースのひとつに組み入れてみるのはいかが。
    朝市では、地元のお母さんたちの楽しそうな声が聞こえる
  • spot 09
    肘折いでゆ館
    温泉療養相談も受けられる日帰り入浴施設
    肘折いでゆ館は肘折温泉郷にある日帰り入浴施設のひとつ。温泉のほか、食堂や大広間、予約制の個室、売店、研修室や多目的ホールなど、さまざまな施設を備える。建物3階にある展望風呂は木造りと石造りの2種あり、日替わりで男女が入れ替わる。展望風呂というだけあって窓の外には最上の四季が広がり、目にも楽しい造り。また、温泉療養相談所では温泉療法医による現代版湯治の⽅法や体調に関するアドバイスを受けられるなど、リラックスだけでなく健康増進も図れる施設となっている。館内の食堂では、地元大蔵村産のトマトを使ったトマトソフトクリームのほか、肘折いでゆ館の食堂でしか食べられない肘折希望大橋(ひじおりのぞみおおはし)開通を記念して作られた「のぞみラーメン」は、そのユニークな盛り付けも含めて必見の一品。
    地元の人たちにも愛される日帰り入浴温泉施設「肘折いでゆ館」
  • spot 10
    幻想の森
    戸沢村の奥深く天然杉が群生する最上の秘境
    最上川沿いの国道47号から車で15分ほどの山奥にある「幻想の森」。樹齢1000年をゆうに超えるタコ足型の巨大な天然杉が群生する森は、標高わずか260mの場所にあるとは思えない幻想的な空間だ。
    根元から複数に分かれて幹を延ばすタコ足型の杉
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    最上エリア観光で拠点となる駅は、JR新庄駅。新幹線始発・終着駅であるため、アクセスしやすい。しかし各スポットへは必ずしも公共交通機関が発達していないため、あらかじめ行きたい場所と行き方を調べておくのが良い。

  2. その2

    最上エリア観光の目玉アトラクションである「最上川舟下り」は年中無休で運航されており、予約も不要。当日行って窓口で申し込むことができる。ただし、舟下り中の弁当は予約が必要なので注意。

  3. その3

    積雪量が多い最上エリアでは、冬期間は営業時間の変更や閉館となる施設や飲食店も。冬場に訪問したい場合、事前に情報をチェックしておくと安全。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

山形のその他のエリア

+ -
back
open

最上エリア