全国の観光鉄道(トロッコ等)スポット一覧

  • 黒部峡谷 トロッコ電車
    rating-image
    4.5
    406件の口コミ
    旅行/観光
    富山県黒部市黒部峡谷口11
    日本三大渓谷・日本の秘境百選に選ばれている黒部ダムを走るトロッコ電車。日程、目的に合わせて黒部峡谷を存分に楽しめる。客車は気分や人数に合わせて3種類から選べ、沿線の見所を車内放送で案内してくれる。運行は4月中旬-11/30迄となっている。

    宇名月駅から欅平まで往復を利用しました。バスツアーの一部でした。以前は、この列車は工事用のものだとか。現在は観光用です。レールと列車の車がキーキーがと音をとたてながら、ゴトゴトと進んでいく様は最高です。峡谷も眼下に見られ、絶景が続きます。ツアーなので、終点の欅平での滞在時間が30分もなかったのが、残念でした。

  • 嵯峨野トロッコ列車
    旅行/観光
    京都府京都市右京区・京都府亀岡市
    JR山陰線の複線化によって使われなくなった線路の観光利用を目的として作られた鉄道。平均速度は時速約25キロ。すばらしい景観を擁する保津川渓谷沿いを片道約7.3キロ、およそ25分間で走行する。特に景色がきれいな地点では速度を落としてくれるのでゆっくりと楽しむことができる。クラシカルなカラーリングのアールデコ調の車内は、木製椅子と裸電球のレトロな内装。窓ガラスのないオープン車両「ザ・リッチ号」に乗れば、風と光と音を肌で感じられるひとときを過ごせる。寒い季節には石炭ストーブも設置されるので、快適に楽しめるのも魅力。
  • いすみ鉄道
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264
    明治32年(1899)に開通し、昭和63年(1988)にJR木原線から「いすみ鉄道」と生まれ変わったローカル線は、千葉県房総半島のいすみ市・大多喜町を走る路線。上総中野から大原までの約27kmを運行している。土・日・祝日用の弁当の販売は2日前の13時迄予約を受け付けており、旅のお供として人気である。グルメ列車・レストラン キハも好評。

    国道465号線と交差しながら走っています。菜の花が咲くころ、苅谷近くの踏切で車を停めて電車が通るのを待ちました。マニアの方から数日前に撮影した写真をもらいました。次回は車窓から眺めたいです。

  • 大井川鐵道株式会社
    旅行/観光
    静岡県島田市金谷東2-1112-2
    島田市の「金谷駅」から、榛原郡川根本町の「千頭駅」を結ぶ大井川本線、また「千頭駅」から静岡市葵区の「井川駅」までを結ぶ鉄道。大井川本線ではSLを営業運転しており、走行日数や走行キロは日本一を誇る。また井川線では、アプト式列車というトロッコ列車が運行している。
  • 箱根登山ケーブルカー
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町
    神奈川県足柄下郡箱根町にある関東圏で最も古いケーブルカーで、強羅駅と早雲山駅の間を運行している。高低差214m・6駅の山道を約10分で走り、発車は約15分おき。沿線には「箱根強羅公園」などの名所や温泉宿などが多く集まっている。車内には観光アナウンスもあり。窓が大きくとられており、標高が上がると強羅の街並みが良く見え、箱根の四季の風景が楽しめる。終点の早雲山駅は、箱根ロープウェイへの乗換え駅。
  • SL人吉
    rating-image
    5.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    熊本県熊本市 JR熊本駅-熊本県人吉市 JR人吉駅
    週末や長期休暇シーズン中に熊本駅-人吉駅間で運行している臨時列車で、蒸気機関車が客車を牽引する懐かしのSL。噴煙をあげて走るその姿は、全国の鉄道ファンを虜にしている。車内は木材が多く使われたクラシカルな内装で、サロン展望室やラウンジ、ライブラリー、軽食や飲み物を提供するビュッフェなどが揃う。記念乗車証の配布やフォトサービスもあり。SLの力強い鼓動を感じながら、車窓の風景をのんびりと楽しめる。

    JR肥薩線の秘境駅「瀬戸石駅」を通過するSL人吉の写真を撮ろうと思い、球磨川沿いの国道219号線を車で走りました。 ナビによると「瀬戸石駅」は川向こうの真横にあるのですが、川を渡る道が見当たらない。 やっと1kmほど先に瀬戸石ダムの水門があり、その水門を渡る道を見つけました。 水門も駅に向かう道も車1台分ほどの狭さ。スピードも全く出せません。 そうこうしているうちに、SL人吉は駅を通過し真っ黒い煙...

  • 津軽鉄道
    rating-image
    4.5
    111件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市大町39
    ストーブ列車として有名な奥津軽の風物列車。昭和5年(1930)に五所川原から金木間開業し、同年11月に全線開業(20.7km)、そしてその冬12月よりストーブ列車の運転をはじめ今に至る。ストーブ列車の運行は12/1から翌年3/31まで。その他時期により風鈴列車・鈴虫列車も走っている。

    そうだ!ストーブ列車に乗ろう!という訳で今回旅しましたが、悲しいかな今年は暖冬の影響で降っても積もらなかったようで・・・まぁこんなこともあります。 ストーブ列車に乗り込んだ時点で焼きイカの香りに包まれます。酒飲みには至福の空間ですね。お酒は駅の待合室でも車内でも購入することが出来ます。ストーブで焼いてくれるスルメイカは車内のみで、購入した順番に焼いてくれます(ココ重要)。軍手をしたアテンダントさ...

  • 一畑電車株式会社
    rating-image
    4.0
    124件の口コミ
    旅行/観光
    島根県出雲市平田町2226
    宍道湖を望みながら松江-平田-出雲・出雲大社を結び、地元の人たちの生活路線として重要な役割を担っている鉄道。また、出雲大社や一畑薬師への参詣鉄道としての役割も果たしている。ご当地キャラクターがラッピングされた車両はご縁電車として観光客に人気となっている。

    松江方面から出雲大社に行くときに利用しました。ローカル電車で風情がありました。いたるところにしまねっこが飾られていてかわいかったです。車内も混んでおらず車窓からの景色が素敵でした。

  • 真岡鐵道
    rating-image
    4.0
    55件の口コミ
    旅行/観光
    栃木県真岡市台町2474-1
    栃木県真岡市を走る観光鉄道。土日祝日を中心に、2台のSL列車が通年で運行している。沿線が木綿の生産地であることから「コットンウェイ」の愛称でも親しまれている。SLは、栃木県の最東端である芳賀郡茂木町の「茂木駅」から、茨城県筑西市にある「下館駅」までの一部駅に停車しながら走行している。

    JRとの接続駅である下館駅は専用の改札がないのでSuicaやPASMOを利用してきた人は簡易改札機の「出場」「入場」へのタッチを忘れずに。訪問時はGW中ということもあり車内は混み合っていましたが、増結もされていたので満員ぎゅうぎゅう詰めということはなかったので良かったです。関東鉄道と真岡鐵道(下館-益子で全区間使えるわけではない)で使えるフリーきっぷは下館駅の関東鉄道側窓口で買うように言われたので...

  • SL(エスエル)「やまぐち」号
    rating-image
    4.5
    32件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市小郡
    新山口駅から津和野駅までの62.9kmを約2時間かけて走るSL「やまぐち」号。力強い警鐘を鳴らしながら蒸気を上げて走る様は迫力満点。「貴婦人」という愛称を持つ優雅な作りで、各車両も西洋風、大正風などコンセプトに基づき趣向が凝らされている。全席指定。

    新山口と津和野の間を走っているSLです。新山口駅で写真を撮っただけですが、かっこいいですね。新山口駅のホームにはSLに合わせたのかレトロな駅名表とかもありました。

  • 小湊鐵道株式会社
    旅行/観光
    千葉県市原市
    市原市の五井駅から大多喜町堀切の上総中野駅までを結ぶ鉄道路線。上総牛久駅から養老渓谷駅の間で運行されるトロッコ列車で知られる。また、駅舎や橋梁など、路線内の22の施設が国の登録有形文化財に指定されている。
  • 天竜浜名湖鉄道
    rating-image
    4.0
    76件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵114-2
    「天浜線」の愛称で知られる静岡のローカル列車。掛川市・掛川駅から浜松市天竜区・天竜二俣駅を経て湖西市・新所原駅までを繋いでいる。全長67.7kmの天浜線沿いには36件にも及ぶ国の登録有形文化財が存在しており、流れゆく車窓風景と合わせてノスタルジックな気分が味わえると評判だ。平成10年(1998)には天竜二俣駅構内施設が、その後平成23年(2011)には駅舎やプラットフォーム、橋梁や隧道など全路線の主要施設が国の登録有形文化財に登録されている。

    静岡県西部の掛川から新所原まで運行する鉄道です 久しぶりに利用しました 最近はラッピング列車が多く次はどんなに列車に乗れるかとワクワクします

  • 八栗ケーブル
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    香川県高松市牟礼町牟礼3378-3
    八栗登山口駅から、五剣山の中腹にある八栗山上駅を結ぶ、傾斜長684m・高低差167mのケーブルカーで、かつて山岳修験の場として栄えた四国八十八箇所第八十五番札所・八栗寺への参拝客を中心に、多くの人々に利用されている。八栗山上駅からは徒歩数分で八栗寺まで歩くことができる。五剣山一帯は景観の名所としても知られ、春には桜が、秋には紅葉が美しい。

    八栗寺の参拝をしました。 660メートルを4分かけて上り下りします。青色と赤色の車体で、車内ではご年配の方向けの音楽が流れます。

  • 十国峠ケーブルカー
    rating-image
    4.0
    39件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県田方郡函南町桑原1400-20
    静岡県田方郡函南町を走るケーブルカー路線。伊豆箱根鉄道が運行しており、十国登り口駅から十国峠駅までを結ぶ。概ね15分ごとに運行しており、移動にかかる所用時間は3分。山頂にフリードッグランがあることから、愛犬と共に乗車することも可能。

    犬と一緒に乗って山頂まで行くことが出来ます。ケージに入れる必要が無いので、大型犬でも乗れます。 あっという間に山頂に着きますが、景色も楽しめますし、山頂まで行くには良い手段だと思います。愛犬と旅する方にはオススメです。

  • 東部丘陵線(リニモ)
    rating-image
    3.5
    61件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県長久手市茨ケ廻間1533-736
    名古屋市名東区の「藤が丘駅」から豊田市の「八草駅」までの8.9kmの区間を約17分で結ぶ、愛知高速交通の磁気浮上式鉄道路線。日本で初めての実用化となる常電導磁気浮上式システム(リニアモーター)が採用されている。沿線には平成17年(2005)に開催された「日本国際博覧会(愛・地球博)」の跡地を活用した「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」や、大学、図書館、美術館、ショッピングモールなど様々な施設がある。

    愛・地球博記念公園へ行くのに藤が丘駅から利用しました。リニアモーターを搭載し、若干ではありますが磁気の力で浮上して走行するため、非常に静かで揺れがなく、乗り心地が良かったです。

  • 明知鉄道
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県恵那市明智町469-4
    中央本線・恵那駅を起点に終点・明智駅までの25.1kmを結ぶローカル列車。東美濃地方の高原地帯を縫って南下し、車窓からの長閑な田園風景が楽しめる路線だ。沿線には800年余の歴史を持つ岩村城の城下町や、寒天懐石が楽しめる花白温泉、大正ロマンを今に伝える大正村など見どころが満載。食堂車を連結した急行列車「大正ロマン号」では、山岡名物の寒天を使った寒天料理や季節に応じたきのこ料理など、地元食材を活かした季節の恵那グルメを満喫することができる。

    恵那駅を出て間もなく棚田が見えました。それから明智駅までのかなりの区間車窓から棚田が見えます。周辺も刈り払われていて見通しが非常に良いです。日本でもこの路線だけではないでしょうか。乗車したのは3月で田植えの雰囲気もありません。これが5月とか9月とかだったら、どれだけ見事かは容易に想像できます。田植えか収穫の時期に再訪ですね。

  • くしろ湿原ノロッコ号
    旅行/観光
    北海道釧路市北大通14-5
    釧路駅から塘路駅を約1時間をかけてのんびり走る、くしろ湿原ノロッコ号。展望車両もあり、日本最大の湿原と壮大な蛇行河川を眺望できる。見所では速度を落として走行してくれるのも嬉しい。毎年4月下旬から10月に運行している。指定席は1カ月前から発売。
  • わたらせ渓谷鐵道
    旅行/観光
    群馬県みどり市大間々町大間々1375 大間々駅構内
    平成元年(1989)にJR東日本・足尾線を転換し「わたらせ渓谷線」として開業した鉄道。「わてつ」や「わた渓」の略称で親しまれている。トロッコ列車は「トロッコわたらせ渓谷号」と「トロッコわっしー号」の2種類。普通車両と窓ガラスのないオープンタイプがあり、どちらも四季折々に移り変わる渓谷の景色と爽やかな風が楽しめる。トロッコ列車は定員制で運転日が限られているため、事前に確認しておくと良い。
  • 立山ケーブルカー
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外国有林内
    かつて黒部ダム建設用の資材を運んでいたケーブルカー。現在は立山黒部アルペンルートの立山駅から美女平駅を繋ぐ交通機関として活躍している。距離1.3km、標高差およそ500mの山肌を7分かけて登り、低山帯から山地帯の森林へと景色が移り変わる様子を楽しむことができる。また岩が柱のようになった柱状節理の岩肌が見られる場所もある。アナウンスによる案内も行われるため、アルペンルートの出入り口として存分に観光気分を味わえる乗り物である。

    立山・黒部アルペンルートの立山駅からの最初の乗り物です。ツアーなので、添乗員に言われるまま団体客のラインに並んで乗車しました。結構、中国からの旅行客もいました。美女平まで急な坂を登っていきます。個人だと、チケットの入手が大変そう。早めに行って、座席の余裕を確認して、集合時間にラインに並んでなど。

  • 由利高原鉄道
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県由利本荘市矢島町七日町字羽坂21-2
    秋田県由利本荘市の羽後本荘駅から矢島駅までの全長23.0kmで、昭和60年(1985)に国鉄矢島線を引き継ぐ第三セクターとして誕生した観光鉄道。サイクルトレインや貸切列車の利用もできる。(サイクルトレインは区間や時期が決まっているので要確認のこと)。豊富な列車が揃っており、「鳥海おもちゃ列車なかよしこよし」はキッズスペースもあり評判だ。

    羽後本荘-矢島までを走り、運賃は普通なのに中はまるでリゾート列車だった。おもちゃ列車は、車内に木のおもちゃがあり、子供は夢中になるだろう。おばこ列車ではガイドが入る。鳥海山を眺めながら、時期により桜や田んぼアートなど周りの風景も楽しめる。こんなに素敵な列車なのに、もっと観光客が増えれば良いのにと思う。ツアープランを多く企画すればどうかな。

写真から観光情報を探す

目的から探す