NAVITIME Travel

全国の観光鉄道(トロッコ等)スポット一覧

  • 新金谷駅
    rating-image
    4.5
    198件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県島田市金谷東2-1112-2
    JR東海道線金谷駅より大井川鐵道に乗り換えて一駅、大正15年(1926)-昭和2年(1927)にかけて建てられた大井川鐵道のSLの始発駅。大正時代の洋風建築の面影を残し、平成30年(2018)に国の登録有形文化財に登録された。駐車場もあるので、車でアプローチする人にもおすすめだ。

    バスツアーで、行ってきました。汽笛の音から感動し、乗車した乗り心地など、全てが新鮮でした。未来に向けて、残しておいてほしいです。

  • わたらせ渓谷鐵道
    旅行/観光
    群馬県みどり市大間々町大間々1375 大間々駅構内
    平成元年(1989)にJR東日本・足尾線を転換し、わたらせ渓谷線として開業した鉄道。「わてつ」の略称で、各メディアでも取り上げられた「トロッコ列車」が走ることでも有名になっている。トロッコ列車は、「トロッコわたらせ渓谷号」と「トロッコわっしー号」の2種類。普通車両と窓ガラスのないオープンタイプがあり、トロッコ車両は四季折々に移り変わる渓谷の景色と爽やかな風も楽しむことができる。毎日の運転ではないのでサイトで運行時間などを確認すること。
  • SL(エスエル)ぐんま みなかみ
    旅行/観光
    群馬県高崎市栄町6-26
    JR東日本が提案する、群馬県は高崎駅から上越線で水上駅へと向かうぐんまの風土を体感する臨時SL列車で、信越本線で横川駅へと向かう鉄道の歴史をたどる旅のプランがある。ぐんまの風土を体験する旅では連結作業の見学から始まり、渋川駅での写真撮影タイム等、たっぷりとSLの様子を味わえる。鉄道の歴史をたどる旅では、ELやDLの汽笛の音が聞ける等また違った旅になる。他にこども車掌放送体験やSLロクイチ物語等の駅弁といった楽しみもあり。
  • ひたちなか海浜鉄道
    旅行/観光
    茨城県ひたちなか市釈迦町22-2 那珂湊駅
    ひたちなか市の勝田駅と阿字ヶ浦駅とを結ぶ鉄道路線。沿線には国営ひたち海浜公園や那珂湊おさかな市場などの観光名所があり、一日フリー切符もある。途中の那珂湊駅では「駅猫おさむ」が出迎えてくれる。
  • 真岡鐵道
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    旅行/観光
    栃木県真岡市台町2474-1
    栃木県真岡市を走る観光鉄道。土日祝日を中心に、2台のSL列車が通年で運行している。沿線が木綿の生産地であることから「コットンウェイ」の愛称でも親しまれている。SLは、栃木県の最東端である芳賀郡茂木町の「茂木駅」から、茨城県筑西市にある「下館駅」までの一部駅に停車しながら走行している。

    下館駅から茂木駅までを1時間強で結ぶ。全線単線であり、途中駅では列車行き違いのために長時間停車する場合がある。 この鉄道では土日祝日にSLを運行している。今回ここに来た目的ももちろんSLに乗るため。が、下館駅の券売所でSL乗車券を購入しようとした時に告げられたのは「SLは運休中です」という冷たい宣告。しかもその理由が、SL自体の故障ではなく補機のディーゼル機関車の故障のため。 運行再開は2019...

  • 銚子電気鉄道
    旅行/観光
    千葉県銚子市新生町2-297 仲ノ町駅
    銚子市内を運行するローカル鉄道。大正12年(1923)に営業を開始し、銚子駅から外川駅までの全10駅を所要時間約20分で運行している。車窓から眺めるキャベツ畑や漁師町の風景、レトロな車両やヨーロッパ風の駅舎などが特徴だ。仲ノ町駅では車庫の見学も受け付けているほか、貸切列車の運行も可能となっている。
  • 六甲ケーブル
    旅行/観光
    兵庫県神戸市灘区高羽字西山8-2 六甲ケーブル下駅
    兵庫県神戸市にある六甲山のふもとと頂上を結ぶモーター駆動のケーブルカー。阪神御影駅もしくはJR六甲道駅から神戸市バスで六甲ケーブル下駅から乗車することができる。赤と緑の外観を持ち、座席と床面に天然木を使用した1号車は屋根もガラス張りで六甲の自然を満喫できる。阪神電車旧1形車と旧神戸市電をイメージしたという2号車は座席にモケット、床面にカーペットを使用して落ち着いた雰囲気を醸し出している。
  • 嵯峨野トロッコ列車
    旅行/観光
    京都府京都市右京区・京都府亀岡市
    JR山陰線の複線化によって使われなくなった線路の観光利用を目的として作られた鉄道。平均速度は時速約25キロ。すばらしい景観を擁する保津川渓谷沿いを片道約7.3キロ、およそ25分間で走行する。特に景色がきれいな地点では速度を落としてくれるのでゆっくりと楽しむことができる。クラシカルなカラーリングのアールデコ調の車内は、木製椅子と裸電球のレトロな内装。窓ガラスのないオープン車両「ザ・リッチ号」に乗れば、風と光と音を肌で感じられるひとときを過ごせる。寒い季節には石炭ストーブも設置されるので、快適に楽しめるのも魅力。
  • 馬路森林鉄道とインクライン
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    高知県安芸郡馬路村馬路西谷
    安芸郡馬路村馬路の「コミュニティセンターうまじ」前にある観光用の森林鉄道。かつて木材の運搬に使用されていた森林鉄道を3分の2スケールで復元したもので、約300mの区間を運行。急勾配を登った頂上からは周囲の景色を一望できる。

    天気もよく、坂を下り馬路温泉に車を止めて坂を上ると目の前に森林鉄道があり、週末と祝日しかやってないみたいです。 木でできた切符をもらい歩いても行ける距離を二周回ってくれます。 そよ風も心地よく、川の流れも綺麗でお子さんにはとても喜ばれると思います。

  • 豊橋鉄道 東田本線(市内線)
    旅行/観光
    愛知県豊橋市駅前-赤岩口、-運動公園前
    豊橋市内を運行する路面電車。豊橋駅前にある駅前電停から、東田町井原の赤岩口電停および豊岡町の運動公園前電停を結んでいる。夏に運行する「納涼ビール電車」や車内でおでんを味わえる冬の「おでんしゃ」、また不定期で開催される車両の運転体験など、様々なイベントも。
  • 明知鉄道
    旅行/観光
    岐阜県恵那市明智町469-4
    中央本線・恵那駅を起点に終点・明智駅までの25.1kmを結ぶローカル列車。東美濃地方の高原地帯を縫って南下し、車窓からの長閑な田園風景が楽しめる路線だ。沿線には800年余の歴史を持つ岩村城の城下町や、寒天懐石が楽しめる花白温泉、大正ロマンを今に伝える大正村など見どころが満載。食堂車を連結した急行列車「大正ロマン号」では、山岡名物の寒天を使った寒天料理や季節に応じたきのこ料理など、地元食材を活かした季節の恵那グルメを満喫することができる。
  • 富士登山電車
    旅行/観光
    山梨県大月市
    富士急行が運行する登山電車。大月市大月にある大月駅から南都留郡富士河口湖町船津にある河口湖駅の間を運行している。工業デザイナー・水戸岡鋭治氏によりデザインされた「赤富士」と「青富士」の2両で編成され、展望席やカウンターを備えたレトロモダン調の車両で旅を楽しめる。
  • 由利高原鉄道
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県由利本荘市矢島町七日町字羽坂21-2
    秋田県由利本荘市の羽後本荘駅から矢島駅までの全長23.0kmで、昭和60年(1985)に国鉄矢島線を引き継ぐ第三セクターとして誕生した観光鉄道。サイクルトレインや貸切列車の利用もできる。(サイクルトレインは区間や時期が決まっているので要確認のこと)。豊富な列車が揃っており、「鳥海おもちゃ列車なかよしこよし」はキッズスペースもあり評判だ。

    おすすめは1日午前1往復おはこの格好をしたアテンダントさん乗車の電車です。平日午前中にもかかわらず、団体客も含めかなり混雑していました。

  • 津軽鉄道
    旅行/観光
    青森県五所川原市大町39
    ストーブ列車として有名な、奥津軽の風物列車。昭和5年(1930)に五所川原から金木間開業し、同年11月に全線開業(20.7km)、そしてその冬12月よりストーブ列車の運転をはじめ今に至る。ストーブ列車の運行は12/1から翌年3/31まで。その他時期により風鈴列車・鈴虫列車も走っている。
  • くしろ湿原ノロッコ号
    旅行/観光
    北海道釧路市北大通14-5
    釧路駅から塘路駅を約1時間をかけてのんびり走る、くしろ湿原ノロッコ号。展望車両もあり、日本最大の湿原と壮大な蛇行河川を眺望できる。見所では速度を落として走行してくれるのも嬉しい。毎年4月下旬から10月に運行している。指定席は1カ月前から発売。
  • 富良野・美瑛ノロッコ号
    旅行/観光
    北海道富良野市
    6月中旬から9月末頃まで期間限定で、富良野から旭川を走る、富良野・美瑛ノロッコ号。のんびりと走る列車の大きな窓から雄大な自然を満喫出来る。ラベンダー観光にも便利な「ラベンダー畑」駅にも停車する。確実に座席を確保したい場合はJR北海道での予約がお勧め。
  • SL人吉
    旅行/観光
    熊本県熊本市 JR熊本駅-熊本県人吉市 JR人吉駅
    週末や長期休暇シーズン中に熊本駅-人吉駅間で運行している臨時列車で、蒸気機関車が客車を牽引する懐かしのSL。噴煙をあげて走るその姿は、全国の鉄道ファンを虜にしている。車内は木材が多く使われたクラシカルな内装で、サロン展望室やラウンジ、ライブラリー、軽食や飲み物を提供するビュッフェなどが揃う。記念乗車証の配布やフォトサービスもあり。SLの力強い鼓動を感じながら、車窓の風景をのんびりと楽しめる。
  • トロッコ列車「ゆうすげ号」
    旅行/観光
    熊本県阿蘇郡高森町高森 南阿蘇鉄道高森駅
    熊本県の南阿蘇鉄道の中松駅-高森駅間を3月から11月限定で運行している観光トロッコ列車。運行は土日および祝日、長期休暇のシーズン中のみ。運行区間の多くは阿蘇のカルデラの中にあり、窓のない車両から美しい山並や田園風景などが楽しめる。乗車中は、乗務員による沿線地域のガイドもあり。中松駅-立野駅間では高さ60m以上の渓谷にかかる橋を通り、絶景とスリルが楽しめると評判。
  • 北九州銀行レトロライン「潮風号」
    旅行/観光
    福岡県北九州市門司区西海岸1-7-1
    九州鉄道記念館から関門海峡めかり迄、4駅を片道10分で走る北九州銀行レトロライン「潮風号」。機関車2両、トロッコ客車2両の青いレトロな車両に乗って門司港レトロ地区と和布刈地区を快適に行き来出来る。JR門司港駅から九州鉄道記念館駅までは徒歩約2分。
  • 箱根登山ケーブルカー
    rating-image
    3.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町
    神奈川県足柄下郡箱根町にある関東圏で最も古いケーブルカーで、強羅駅と早雲山駅の間を運行している。高低差214m・6駅の山道を約10分で走り、発車は約15分おき。沿線には「箱根強羅公園」などの名所や温泉宿などが多く集まっている。車内には観光アナウンスもあり。窓が大きくとられており、標高が上がると強羅の街並みが良く見え、箱根の四季の風景が楽しめる。終点の早雲山駅は、箱根ロープウェイへの乗換え駅。

    強羅の駅で箱根登山鉄道から乗り換え。早速ケーブルカーへ。乗車時間が短いのであっという間でした。+混んでいたのでゆっくり景色を眺める余裕も無く。気が付いたら早雲山へ着いてました。

写真から観光情報を探す

目的から探す