全国の観光鉄道(トロッコ等)スポット一覧

  • 嵯峨野トロッコ列車
    旅行/観光
    京都府京都市右京区・京都府亀岡市
    JR山陰線の複線化によって使われなくなった線路の観光利用を目的として作られた鉄道。平均速度は時速約25キロ。すばらしい景観を擁する保津川渓谷沿いを片道約7.3キロ、およそ25分間で走行する。特に景色がきれいな地点では速度を落としてくれるのでゆっくりと楽しむことができる。クラシカルなカラーリングのアールデコ調の車内は、木製椅子と裸電球のレトロな内装。窓ガラスのないオープン車両「ザ・リッチ号」に乗れば、風と光と音を肌で感じられるひとときを過ごせる。寒い季節には石炭ストーブも設置されるので、快適に楽しめるのも魅力。
  • いすみ鉄道
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    旅行/観光
    千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264
    明治32年(1899)に開通し、昭和63年(1988)にJR木原線から「いすみ鉄道」と生まれ変わったローカル線は、千葉県房総半島のいすみ市・大多喜町を走る路線。上総中野から大原までの約27kmを運行している。土・日・祝日用の弁当の販売は2日前の13時迄予約を受け付けており、旅のお供として人気である。グルメ列車・レストラン キハも好評。

    すごい観光客がたくさん乗っていてびっくり!!少し時期がずれてしまい、残念でしたがいつもなら菜の花の景色がすごいのでしょうねー!

  • 大井川鐵道株式会社
    旅行/観光
    静岡県島田市金谷東2-1112-2
    島田市の「金谷駅」から、榛原郡川根本町の「千頭駅」を結ぶ大井川本線、また「千頭駅」から静岡市葵区の「井川駅」までを結ぶ鉄道。大井川本線ではSLを営業運転しており、走行日数や走行キロは日本一を誇る。また井川線では、アプト式列車というトロッコ列車が運行している。
  • 箱根登山ケーブルカー
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町
    神奈川県足柄下郡箱根町にある関東圏で最も古いケーブルカーで、強羅駅と早雲山駅の間を運行している。高低差214m・6駅の山道を約10分で走り、発車は約15分おき。沿線には「箱根強羅公園」などの名所や温泉宿などが多く集まっている。車内には観光アナウンスもあり。窓が大きくとられており、標高が上がると強羅の街並みが良く見え、箱根の四季の風景が楽しめる。終点の早雲山駅は、箱根ロープウェイへの乗換え駅。
  • SL人吉
    rating-image
    5.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    熊本県熊本市 JR熊本駅-佐賀県鳥栖市 JR鳥栖駅
    週末や長期休暇シーズン中に熊本駅-人吉駅間で運行している臨時列車で、蒸気機関車が客車を牽引する懐かしのSL。噴煙をあげて走るその姿は、全国の鉄道ファンを虜にしている。車内は木材が多く使われたクラシカルな内装で、サロン展望室やラウンジ、ライブラリー、軽食や飲み物を提供するビュッフェなどが揃う。記念乗車証の配布やフォトサービスもあり。SLの力強い鼓動を感じながら、車窓の風景をのんびりと楽しめる。

    JR肥薩線の秘境駅「瀬戸石駅」を通過するSL人吉の写真を撮ろうと思い、球磨川沿いの国道219号線を車で走りました。 ナビによると「瀬戸石駅」は川向こうの真横にあるのですが、川を渡る道が見当たらない。 やっと1kmほど先に瀬戸石ダムの水門があり、その水門を渡る道を見つけました。 水門も駅に向かう道も車1台分ほどの狭さ。スピードも全く出せません。 そうこうしているうちに、SL人吉は駅を通過し真っ黒い煙...

  • 津軽鉄道
    rating-image
    4.5
    116件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市大町39
    ストーブ列車として有名な奥津軽の風物列車。昭和5年(1930)に五所川原から金木間開業し、同年11月に全線開業(20.7km)、そしてその冬12月よりストーブ列車の運転をはじめ今に至る。ストーブ列車の運行は12/1から翌年3/31まで。その他時期により風鈴列車・鈴虫列車も走っている。

    弘前駅から五所川原駅を経由し、芦野公園駅まで津軽鉄道に乗って行きました。 車内では始終岩木山が見えます。 芦野公園は桜が満開で、桜の中を津軽鉄道を通る写真が撮れました。 車内販売で手拭いを購入しました。 経営が厳しいようですが、素晴らしい列車なので頑張って欲しいと思います。

  • 一畑電車株式会社
    rating-image
    4.0
    129件の口コミ
    旅行/観光
    島根県出雲市平田町2226
    宍道湖を望みながら松江-平田-出雲・出雲大社を結び、地元の人たちの生活路線として重要な役割を担っている鉄道。また、出雲大社や一畑薬師への参詣鉄道としての役割も果たしている。ご当地キャラクターがラッピングされた車両はご縁電車として観光客に人気となっている。

    ICカードが使えない、有人改札のみ、とノスタルジックを感じる路線。途中の川跡駅で駅員さんが踏切の電車通過を確認するアクションは昔を思い出す。バスの方が楽だがこの電車に乗って出雲大社前駅経由で出雲大社に参拝してほしい。

  • 黒部峡谷 トロッコ電車
    旅行/観光
    富山県黒部市黒部峡谷口11
    日本三大渓谷・日本の秘境百選に選ばれている黒部ダムを走るトロッコ電車。日程、目的に合わせて黒部峡谷を存分に楽しめる。客車は気分や人数に合わせて3種類から選べ、沿線の見所を車内放送で案内してくれる。運行は4月中旬-11/30迄となっている。
  • 十国峠ケーブルカー
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県田方郡函南町桑原1400-20
    静岡県田方郡函南町を走るケーブルカー路線。伊豆箱根鉄道が運行しており、十国登り口駅から十国峠駅までを結ぶ。概ね15分ごとに運行しており、移動にかかる所用時間は3分。山頂にフリードッグランがあることから、愛犬と共に乗車することも可能。

    十国峠のレストハウスに車を駐車でき、約3分ほどで頂上までいけます。ペットと一緒に乗ることができ、頂上にはドックランがあります。

  • SLやまぐち号
    rating-image
    4.5
    33件の口コミ
    旅行/観光
    山口県山口市小郡
    新山口駅から津和野駅までの62.9kmを約2時間かけて走るSL「やまぐち」号。力強い警鐘を鳴らしながら蒸気を上げて走る様は迫力満点。「貴婦人」という愛称を持つ優雅な作りで、各車両も西洋風、大正風などコンセプトに基づき趣向が凝らされている。全席指定。

    新山口駅から津和野駅間を運行する臨時快速列車。 3月中旬から11月下旬までの週末や夏休み・ゴールデンウイークに1日1往復だけ運転されるそうで、今回、どこかで見れないかチャンスを伺っていました。 はじめ新山口付近で見学しようと考えていたのですが、少し観光に夢中になってしまい、気付いた時にはすでに出発してしまったので、自動車を飛ばし、なんとか篠目と言う駅で列車をつかまえることができました。 SLが...

  • 小湊鐵道株式会社
    旅行/観光
    千葉県市原市五井中央東1-1-2
    市原市の五井駅から大多喜町堀切の上総中野駅までを結ぶ鉄道路線。上総牛久駅から養老渓谷駅の間で運行されるトロッコ列車で知られる。また、駅舎や橋梁など、路線内の22の施設が国の登録有形文化財に指定されている。
  • 八栗ケーブル
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    香川県高松市牟礼町牟礼3378-3
    八栗登山口駅から、五剣山の中腹にある八栗山上駅を結ぶ、傾斜長684m・高低差167mのケーブルカーで、かつて山岳修験の場として栄えた四国八十八箇所第八十五番札所・八栗寺への参拝客を中心に、多くの人々に利用されている。八栗山上駅からは徒歩数分で八栗寺まで歩くことができる。五剣山一帯は景観の名所としても知られ、春には桜が、秋には紅葉が美しい。

    八栗寺の参拝をしました。 660メートルを4分かけて上り下りします。青色と赤色の車体で、車内ではご年配の方向けの音楽が流れます。

  • 真岡鐵道
    rating-image
    4.0
    57件の口コミ
    旅行/観光
    栃木県真岡市台町2474-1
    栃木県真岡市を走る観光鉄道。土日祝日を中心に、2台のSL列車が通年で運行している。沿線が木綿の生産地であることから「コットンウェイ」の愛称でも親しまれている。SLは、栃木県の最東端である芳賀郡茂木町の「茂木駅」から、茨城県筑西市にある「下館駅」までの一部駅に停車しながら走行している。

    真岡鐡道は、なつかしさあふれるSLのある会社。触るな・乗るなじゃなくって、どうぞ触って、乗ってみてくださいと、その精神が素晴らしい。加えて少しだけ動かしてくれるのもいいね。

  • 東部丘陵線(リニモ)
    rating-image
    3.5
    60件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県長久手市茨ケ廻間1533-736
    名古屋市名東区の「藤が丘駅」から豊田市の「八草駅」までの8.9kmの区間を約17分で結ぶ、愛知高速交通の磁気浮上式鉄道路線。日本で初めての実用化となる常電導磁気浮上式システム(リニアモーター)が採用されている。沿線には平成17年(2005)に開催された「日本国際博覧会(愛・地球博)」の跡地を活用した「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」や、大学、図書館、美術館、ショッピングモールなど様々な施設がある。

    愛・地球博記念公園へ行くのに藤が丘駅から利用しました。リニアモーターを搭載し、若干ではありますが磁気の力で浮上して走行するため、非常に静かで揺れがなく、乗り心地が良かったです。

  • わたらせ渓谷鐵道
    旅行/観光
    群馬県みどり市大間々町大間々1375 大間々駅構内
    平成元年(1989)にJR東日本・足尾線を転換し「わたらせ渓谷線」として開業した鉄道。「わてつ」や「わた渓」の略称で親しまれている。トロッコ列車は「トロッコわたらせ渓谷号」と「トロッコわっしー号」の2種類。普通車両と窓ガラスのないオープンタイプがあり、どちらも四季折々に移り変わる渓谷の景色と爽やかな風が楽しめる。トロッコ列車は定員制で運転日が限られているため、事前に確認しておくと良い。
  • 明知鉄道
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県恵那市明智町469-4
    中央本線・恵那駅を起点に終点・明智駅までの25.1kmを結ぶローカル列車。東美濃地方の高原地帯を縫って南下し、車窓からの長閑な田園風景が楽しめる路線だ。沿線には800年余の歴史を持つ岩村城の城下町や、寒天懐石が楽しめる花白温泉、大正ロマンを今に伝える大正村など見どころが満載。食堂車を連結した急行列車「大正ロマン号」では、山岡名物の寒天を使った寒天料理や季節に応じたきのこ料理など、地元食材を活かした季節の恵那グルメを満喫することができる。

    恵那駅から明智駅まで約50分なので、ちょうど手ごろな鉄道旅。 特に何かある様な路線ではありませんが、田舎の中を行く風景は雑念を忘れさせてくれます。 行きはほとんど登りで、ディーゼルカーが可哀そうなくらい必死で登っていく様子がよくわかります。一方帰りはその反対なので、ほとんど惰力で走っています。 途中の飯沼駅にはまだ『勾配日本一』の看板がありますが、かなり前に京阪京津線の大谷駅に抜かされている筈なの...

  • くしろ湿原ノロッコ号
    旅行/観光
    北海道釧路市北大通14-5
    釧路駅から塘路駅を約1時間をかけてのんびり走る、くしろ湿原ノロッコ号。展望車両もあり、日本最大の湿原と壮大な蛇行河川を眺望できる。見所では速度を落として走行してくれるのも嬉しい。毎年4月下旬から10月に運行している。指定席は1カ月前から発売。
  • 観光列車 おれんじ食堂
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    熊本県八代市新八代・八代駅-川内駅 ※新八代ー八代間はJR九州区間
    「肥薩おれんじ鉄道」が運営する食堂車で、列車内で食事をとりながら旅を楽しむことができる。パンやコーヒーが楽しめるモーニングコースや、本格的なフランス料理が楽しめるランチメニュー、夕日を楽しみながらお酒とお食事が楽しめるコースなど、便によってさまざまなメニューが用意されている。

    2年半ぶりの乗車。前回はブレックファスト(当時は9,500円)だったが、今回は最も人気のある2便(スペシャルランチ)。新八代駅の改札前で受付を行い、乗車証明書、食事のメニュー、駅マルシェでのお土産引換券を受け取る。 車両は2年半前と同じ内装であるが古さは感じない。水戸岡鋭治はワンパターンと揶揄されることがあるが、心にやすらぎを与えるデザインは先駆者であり他の模倣者とは明らかに質が違う。時期がらさ...

  • トロッコ列車「ゆうすげ号」
    旅行/観光
    熊本県阿蘇郡高森町高森 南阿蘇鉄道高森駅
    熊本県の南阿蘇鉄道の中松駅-高森駅間を3月から11月限定で運行している観光トロッコ列車。運行は土日および祝日、長期休暇のシーズン中のみ。運行区間の多くは阿蘇のカルデラの中にあり、窓のない車両から美しい山並や田園風景などが楽しめる。乗車中は、乗務員による沿線地域のガイドもあり。中松駅-立野駅間では高さ60m以上の渓谷にかかる橋を通り、絶景とスリルが楽しめると評判。
  • 小田急ロマンスカー はこね号
    旅行/観光
    東京都新宿区(新宿駅) - 神奈川県足柄上郡箱根町(箱根湯本駅)
    新宿⇔小田原・箱根湯本間を運行する小田急電鉄の特急列車。また北千住⇔小田原、箱根湯本間の路線が運行されている。ロマンスカーはその他、新宿⇔御殿場、片瀬江ノ島間も運行されている。昭和10年(1935)に新宿から小田原間で運行開始した「週末温泉特急」に端を発し、昭和20年代に特急専用車の導入などによって「ロマンスカー」の名が広まり、現在に至るまで小田急電鉄の代名詞となっている。

写真から観光情報を探す

目的から探す