蒜山高原・津山・美作三湯

HIRUZEN HIGHLAND / TSUYAMA / MIMASAKA THREE HOT SPRINGS

牧歌的な光景の広がる高原、城下町の町歩きと名湯を満喫

岡山県の北部、なだらかな蒜山三座のふもとに緑の草原が広がる「蒜山高原」。ジャージー牛が草をはむのどかな光景と、おいしい乳製品が高原の大きな魅力。蒜山高原のはずれの谷あいには、神秘的な雰囲気の漂う「塩釜の冷泉」が湧く。津山は古くから美作(みまさか)国の国府が置かれ、江戸時代には城下町として栄えた美作地方の中心都市。「日本100名城」「日本さくら名所100選」に選定され、見事な石垣の残る「津山城(鶴山公園)」が、津山のシンボルだ。古い町並みが残る「城東町並保存地区」には、なまこ壁や虫籠窓など風情がある建物が連なり、町歩きを楽しめる。また美作地方といえば名湯として知られる。湯原、湯郷、奥津温泉の「美作三湯」は、温泉ファンなら見逃せない。三湯はそれぞれに違った特色をもち、個性豊かな温泉地となっている。三湯とも日帰り入浴ができるので、「ドライブがてらひと風呂」浴びるのもおすすめだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    蒜山高原
    豊かな自然を生かした観光スポットがある高原のリゾート地
    岡山県と鳥取県の県境に連なる上蒜山、中蒜山、下蒜山のいわゆる蒜山三座と中国山地の間にある蒜山盆地。ここを中心に広がる蒜山高原は、広大な自然と多彩な観光スポットが集まる西日本有数の高原リゾート地だ。
    蒜山三座を背に広がる蒜山高原
  • spot 02
    蒜山大山スカイライン
    雄大な景色、四季折々に新緑や紅葉を楽しみながらドライブ
    蒜山高原と鳥取県の大山を結ぶ有料観光道路として1970年(昭和45)に開通した「蒜山大山スカイライン」は、全長9.3km。中国山地の尾根や谷間を縫うように走り、広々とした高原、ブナの原生林、雄大な山々など変化に富んだ景色が楽しめるのが魅力。1993年(平成5)から無料化され、現在は県道・岡山県道114号大山上福田線となっているが、現在も「蒜山大山スカイライン」は通称として使われている。西日本屈指のリゾート地・蒜山高原は新緑や紅葉が見事で木々に包まれて快適なドライブが楽しめる。鳥取県との県境に接する「鬼女台(きめんだい)展望休憩所」からは、北に大山の雄大な山並み、南は蒜山高原が一望でき、秋のススキの群生や雲海なども見事。地元特産品なども販売している。
    高原の緑に包まれた道路を走行する
  • spot 03
    塩釜の冷泉
    冷泉が湧く池は癒やしの人気観光スポット
    塩釜の冷泉は、蒜山三座のひとつ中蒜山山麓の標高約520mの谷間に湧く。その水は、ひょうたん形の池(東西12m、南北5m、最深部1.9m)を形成している。湧出量は毎秒300リットル。1985年(昭和60)年、当時の環境省認定の「全国名水百選」に選ばれ、2015年(平成27)には、名水百選30周年記念で実施された選抜総選挙の「観光地としてすばらしい名水」部門で2位に選ばれている。源泉の池は、美しく澄みとおり、珍しい巻き貝や藻類も生息する。水温は一年を通して11℃前後で、周辺は夏でも涼しい癒やしの観光スポットとなっている。湧き出る水は地元の生活用水にも利用される。この池は「ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ」の敷地内にあって、池から源泉を直接汲むことは禁止されているが、中蒜山の登山口に水汲み場があり、そこで取水することができる。
    澄みきった池の水が周辺の緑を映して美しい
  • spot 04
    いち福
    ご当地グルメで日本一に輝いた実績をもつ焼きそば
    2011年(平成23)のご当地グルメの祭典「第6回B-1グランプリ」で日本一に輝いたのが、岡山県真庭市蒜山地区の「ひるぜん焼そば」だ。昭和30年代から、蒜山エリアの家庭では自家製のタレで作る焼きそばが食べられていたが、「ひるぜん焼そば」のルーツは、旧真庭郡八束村(やつかそん)にあった「ますや食堂」が作った特製の味噌ダレに親鶏のかしわ肉とキャベツを入れた焼きそばだという。そして、2009年(平成21)に地元飲食店が「ひるぜん焼そば好いとん会」を立ち上げてブレイク。「B-1グランプリ」に参加し、日本一を獲得することになる。「ひるぜん焼そば」の特徴は、「歯ごたえのあるかしわ肉」「蒜山高原産のキャベツ」「特製タレ=濃厚な味噌ベースの甘辛ダレ」の3つ。味の決め手は、店ごとに独自に配合した味噌ダレだ。「いち福」は10店ある「ひるぜん焼そば好いとん会」公認のうちの1店。「ひるぜん焼そば」のほか、焼肉、ジンギスカンなどを楽しめる。
    具はかしわ肉とキャベツというシンプルな焼きそばだが、濃厚な味噌ダレが味の決め手(620円)
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    蒜山高原から大山へ、大自然に包まれた「蒜山大山スカイライン」で爽快なドライブを満喫できる。紅葉シーズンやゴールデンウィークには渋滞が発生するので注意。

  2. その2

    このエリアはB級グルメの宝庫。蒜山高原の「ひるぜん焼きそば」や津山の「ホルモンうどん」は必食だ。

  3. その3

    津山には「観光ボランティアガイド」があり、町並みやスポットを案内してくれる。予約制なので、案内してもらいたいスポットを予め決めて申し込もう。

  4. その4

    湯原、湯郷、奥津温泉の三湯は点在している。各々距離が離れているので、三湯巡りを楽しみたい場合は、事前にしっかりプランを立てて出かけよう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

岡山のその他のエリア

+ -
back
open

蒜山高原・津山・美作三湯エリア