倉敷

KURASHIKI

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    大原美術館
    印象派から国内外の近現代美術、民芸運動を主導した作家の作品、東洋美術まで名品をそろえる
    地方都市倉敷に1930年(昭和5)、日本最初の西洋美術中心の私立美術館として誕生した大原美術館。戦後も日本の近代洋画を展示する分館や民藝運動を主導した作家の作品を紹介する工芸館などが加わり日本を代表する総合美術館として成長している。
    大原美術館本館の外観は古代ギリシャ・ローマ神殿風
  • spot 02
    本館
    児島虎次郎が欧州で収集した珠玉の作品を核にした西洋美術
    入り口でロダンのブロンズ像『カレーの市民-ジャン・デール』と『洗礼者ヨハネ』が出迎えてくれるのが日本初の近代西洋美術館らしい。大原美術館の「本館」は、まず児島虎次郎が欧州で収集した作品と、虎次郎自身の作品の展示のために開館した。建物の設計は薬師寺主計(やくしじかずえ)。モネ、マティス、ルノワール、ピサロ、ボナールらそうそうたる巨匠たちの作品が有名だが、虎次郎は印象派の画家たちが反発した官展の作品も収集した。そのバランス感覚にも注目したい。エル・グレコの『受胎告知』は印象派よりかなり以前の作品だが、虎次郎の強い願いで購入した重要な作品。この作品のみ展示したコーナーを設けている。戦後収集した印象派以降から現代の作品は、増設された展示室に並ぶ。どの作品も、国内外の美術展への出品要請が相次ぐ傑作ぞろいだ。大原美術館は、原田マハの小説『楽園のカンヴァス』に重要な舞台として登場しているのも興味深い。
    本館前に立つのはロダンのブロンズ像『カレーの市民-ジャン・デール』(右)
  • spot 03
    工芸・東洋館
    民芸運動を主導した作家の作品と中国・エジプトの美術品を紹介
    工芸館は、大原孫三郎(おおはらまごさぶろう)、總一郎(そういちろう)父子と交流が深かった民芸運動を主導した作家6人の作品を常設展示する。工芸館はまず1961年(昭和36)、濱田庄司(はまだしょうじ)、バーナード・リーチ、富本憲吉(とみもとけんきち)、河井寛次郎(かわいかんじろう)の4人の作品を並べる陶器館として誕生。美術館の隣にある米蔵を利用し、内装デザインは染色家の芹沢けい介(けりざわけいすけ)が担当した。1963年(昭和38)には、現在の芹沢けい介室と板画家の棟方志功(むなかたしこう)室が加わった。濱田庄司室は豪快な作風に合わせて粗壁を残し、バーナード・リーチ室、富本憲吉室は逆に柱を隠して明るく優美な壁面に、棟方志功室は米俵が壁に当たるのを防ぐための当て丸太を残してその上に展示するなど、芹沢のアイデアがいっそう作品を引き立てる。児島虎次郎(こじまとらじろう)は、中国やエジプトを訪ね、古美術品も収集した。これらは工芸館の隣に残る蔵を改装して1970年(昭和45)に開館した東洋館で展示している。工芸館と東洋館を結ぶ廊下にある黄色いガラスの窓は小谷真三の倉敷ガラスを使っている。
    富本憲吉室は柱を隠した壁面にしてある
  • spot 04
    倉敷アイビースクエア
    紡績工場をリノベーションした観光・文化施設は赤レンガとツタがシンボル
    代官所跡地にできた倉敷紡績の工場跡を生かして、全国でも珍しい観光・宿泊・文化施設に再生したのが倉敷アイビースクエア。ツタのからまる赤レンガ造りの建物や広場は、倉敷を代表する景観のひとつだ。
    1400平方メートルと広大な中庭広場はシンボル的存在
  • spot 05
    語らい座 大原本邸
    倉敷の礎を築いた大原家の社会貢献や経営哲学が学べる場
    倉敷川を挟んで大原美術館の向かいに建つ「語らい座 大原本邸」は大原孫三郎、總一郎たちが暮らした旧大原家住宅の一部を公開したもの。倉敷の発展に寄与してきた大原家の歴史を紹介するとともに、訪れた人が何かに気づき、考え、語り合える場となるように活用されている。
    大原美術館から今橋を渡ってすぐの場所にある「語らい座 大原本邸」
  • spot 06
    有隣荘
    白壁の美観地区のなかで異彩を放つ「緑御殿」
    大原美術館の北側、今橋を渡った倉敷川河畔にある大原家旧別邸「有隣荘」。大阪・堺の瓦職人に特別注文して独特な釉薬が使われたひすい色の見事な屋根瓦から「緑御殿」とも呼ばれる。大原孫三郎(おおはらまごさぶろう)が1928年(昭和3)年に妻・寿恵子(すえこ)のため「家族のための落ち着いた住まいを」と建設した和洋折衷の豪邸だ。設計は大原美術館を手がけた薬師寺主計(やくしじかずえ)。隣接する大原本邸の別邸で「東邸」ともいう。庭は孫三郎が数cmの違いにまでこだわって造ったという。長く内部は非公開だったが、現在は年に2度のみ、特別公開を兼ねて有隣荘を会場にした大原美術館の特別展を開催している。特別公開の時期以外は外観のみの見学となる。有隣荘についての詳細を文と写真で紹介する書籍『倉敷を見つめる、日本近代の遺産 有隣荘』を大原美術館のミュージアムショップで販売している。
    倉敷河畔に建つ有隣荘
  • spot 07
    倉敷民藝館
    古今東西の民芸品から世界の人々の暮らしがわかる
    柳宗悦(やなぎむねよし)らが進めた民芸運動は暮らしのなかで使われる手仕事品の飾らない美を重んじた。倉敷民藝館は日本で2番目の民芸館として誕生。国内はもちろん、世界各地の民芸品を紹介する。
    米倉を改装した外観は美観地区に溶け込む
  • spot 08
    倉敷考古館
    わかりやすく展示した考古学の貴重な資料で吉備地方の奥深さを知る
    倉敷考古館は倉敷川河畔の江戸時代の蔵を改装して1950年(昭和25)に開館した民間の考古館だ。豊かな歴史を誇る吉備地方の遺跡調査や、研究を独自に実施してきた評価は高い。その成果に触れて吉備の歴史を学びたい。
    なまこ壁の外観は絶好の撮影スポット
  • spot 09
    日本郷土玩具館
    倉敷の伝統的な蔵に日本全国の郷土玩具をぎっしり展示する博物館
    白壁の蔵と町家建築の日本郷土玩具館は、玩具の博物館、企画展を行うギャラリーのほか、ショップ、カフェも併設し美観地区のひとつの顔となっている。博物館では、日本中から集めた郷土玩具約1万点を展示している。
    天井にまで展示された玩具の数々
  • spot 10
    大橋家住宅
    江戸後期に多大な財をなした商人の暮らしがわかる
    水田・塩田開発や金融業を営み、江戸後期に台頭した商人「新禄(しんろく)」の代表格大橋家。観光客で賑わう美観地区から少し離れた場所に、多大な財をなした大橋家の繁栄を伝える住宅が公開されている。
    長屋門を抜ければ、前庭の先に母屋が見える。5本の格子を入れた2階の倉敷窓が特徴的
  • spot 11
    本町通り
    江戸時代の面影を残す通りに、古い町家を利用した店舗が並ぶ
    観光客で賑わう柳並木の倉敷川沿い。その1本裏の「本町通り」は古くは倉敷のメインストリートだった。昔ながらの風情を残した通りに、町家や蔵を再利用したおしゃれなショップやカフェが点在する魅力あるエリアになっている。
    倉敷川沿いの賑やかさとは対照的に落ち着いた雰囲気
  • spot 12
    くらしき川舟流し
    柳並木、白壁の町の水上散歩を楽しもう
    白壁の町並みと柳並木に囲まれてゆったりと流れる倉敷川。すげ笠、はっぴ姿の船頭さんが竹竿一本で繰る「くらしき川舟流し」は倉敷美観地区の名物のひとつ。歩いて巡るのとはひと味違う風景に出合えると人気だ。
    客を乗せて進む川舟が柳並木と町並みにマッチして絵のような風景に
  • spot 13
    橘香堂 美観地区店
    明治時代から受け継がれる倉敷銘菓を作ってみよう
    倉敷中央通りから美観地区に入ると香ばしく甘い香りが漂ってくる。橘香堂による倉敷銘菓「むらすゞめ」の手焼き体験だ。「むらすゞめ」は1877年(明治10)に橘香堂創業者が開発した菓子。北海道産のあずきで自社製造した餡を、卵と小麦粉を使った生地で包む。その製法は現在も変わらない。全体の形は豊年踊りのときにかぶるイグサの編み笠がモチーフ。生地の色や気泡の跡などを、稲もみの山に群がるスズメに見立てて「むらすゞめ」と名づけられた。甘さは時代に合わせて少しずつ控えめになったという。手焼き体験は、まず、生地のもとを熱した鉄板にお玉で落とし、薄く伸ばす。次に、生地に火が通って表面にプツプツと気泡ができてくるとひっくり返して中心に餡を置き、包んだら完成。販売されている商品と同様の「むらすゞめ」が作れて喜ぶ客が多いそう。作ったものは、その場で食べることもできるし、持ち帰ってもいい。普通サイズ3個600円、所要時間約5分。
    できたての「むらすゞめ」は特別な味わいだ
  • spot 14
    鷲羽山
    瀬戸内海と瀬戸大橋を望む絶好の展望スポット
    1934年(昭和9)、国立公園に指定された瀬戸内海。その主要景勝地のひとつが鷲羽山だ。児島半島の南端にあり、瀬戸内海と瀬戸大橋が見える絶好のビューポイントとして人気が高い。その名前は、遠くから見ると鷲が羽を広げているように見えることからつけられたそうだ。
    頂上から見渡せる瀬戸内海のパノラマ。頂上付近は岩肌がむき出しになっている
  • spot 15
    ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド
    瀬戸内海の景色を眺めながら趣向を凝らした遊具で遊べる山の上の遊園地
    鷲羽山の山上にある遊園地。立地を生かした数々の遊具では、乗りながら瀬戸内海の風景を楽しめる。ブラジルのサンバショーをはじめ、その名のとおりブラジル色を全面に打ち出しているのもユニークだ。
    瀬戸内海を望む高所にさまざまな大型遊具が集まる(写真は巨大観覧車「レインボーワープ」からの撮影)
  • spot 16
    瀬戸大橋
    本州と四国を結ぶ長大橋の美しい景色を楽しむ
    本州の岡山県倉敷市と四国の香川県坂出市を結ぶ全長9368mの瀬戸大橋。技術の粋を集めて建設され1988年(昭和63)に開通した。吊り橋、斜張橋、トラス橋の3種の橋が織りなす雄大な姿は、それ自体が一級の観光資源だ。
    島と島をつないで雄大な姿を見せる瀬戸大橋。手前が岡山県倉敷市下津井。鷲羽山からの景色
  • spot 17
    旧野﨑家住宅
    公共の利益も考えた経営感覚で成功した塩田王の豪華な邸宅
    国指定重要文化財の旧野崎家住宅は、児島など瀬戸内海の塩田開発を行った塩田王・野崎家の大邸宅。敷地内を公開するほか、蔵の一部を展示室にして塩業や野崎家の歴史を紹介している。
    すばらしい意匠の表書院と枯山水の庭。ひときわ大きな石は藩主の駕籠が置かれた「お駕籠石」だ
  • spot 18
    むかし下津井回船問屋
    北前船の寄港地として栄えた賑わいを伝える
    瀬戸大橋のたもとにある下津井は、油を搾ったあとのニシン粕を、綿花栽培の肥料として北前船が持ち込んで繁栄した瀬戸内屈指の商港。「むかし下津井回船問屋」は修理・復元した建物や、さまざまな資料で往時の様子を今に伝える。土産店と飲食店も併設。
    回船問屋跡を復元した「むかし下津井回船問屋」。施設への入り口には、路地側と海側とがある
  • spot 19
    児島ジーンズストリート
    国内外のファンが熱い視線を送る「ジーンズの聖地」
    ジーンズの縫製や洗いなどの関連業者が集積する倉敷市児島は「国産ジーンズ発祥の地」として知られる。販売店約40店が軒を連ねる味野商店街の「児島ジーンズストリート」には国内外からファンが訪れる。
    個性的な店が並ぶストリート
recommend spot

人気スポット

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

岡山のその他のエリア

+ -
back
open

倉敷エリア