鳴門海峡周辺

AROUND NARUTO STRAIT

美しい眺望に恵まれた陸路における四国の玄関口

播磨灘と紀伊水道の間にある鳴門海峡は、国の名勝のほか「日本百景」に選定されている。約1.3kmという狭い幅と複雑な形の海底が生み出す潮流の速度は日本一。その激しい潮流と両岸近くの穏やかな流れとの境界で発生するのが、最大で約20mにも及ぶことがある「鳴門の渦潮」だ。上部には本州と四国を結ぶ大鳴戸橋が架けられており、陸路における四国の玄関口として機能している。橋げたの下部には観潮施設として渦の道が設けられており、約45mの高さから鳴門の渦潮を見下ろすことができる点も見逃せない。鳴門海峡を中心とするこの一帯は瀬戸内海国立公園の一部。大鳴門橋架橋記念館エディや大塚国際美術館など、美しい自然のなかに多くの観光スポットが点在している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    大鳴門橋遊歩道 渦の道
    「鳴門の渦潮」を45mの高さから楽しむ海上散歩に出発!
    海面から約45mの高さにある大鳴門橋の下部に設けられた海上遊歩道。その名のとおり、展望室のガラス床からは、真下で轟く自然のスペクタクル「鳴門の渦潮」を眺めることができる。
    「鳴門の渦潮」へ接近する観潮船の様子も見える
  • spot 02
    うずしお観潮船
    クルージングで最接近! 「鳴門の渦潮」を体感する
    潮風と波音を感じながら、大迫力の「鳴門の渦潮」のすぐそばまで接近。うずしお観潮船は、デッキの上からゆったりと渦潮を見る大型観潮船「わんだーなると」、水中1m地点とデッキの上から渦潮を見られる小型水中観潮船「アクアエディ」の2種類から選ぶことができる。
    観潮船からは大鳴門橋を真下から見上げることもできる
  • spot 03
    鳴門公園
    徳島県有数の景観を誇る広大な自然を生かした公園
    日本初の国立公園として指定された瀬戸内海国立公園の一部でもある鳴門公園。「鳴門の渦潮」で有名な鳴門海峡に面しており、国内外から多くの観光客が訪れる。その景観は徳島県でも指折りの美しさだ。
    フォトジェニックな風景が広がる鳴門公園
  • spot 04
    エスカヒル・鳴門
    シースルーエスカレーターで鳴門公園一の絶景を
    エスカヒル・鳴門は全長68m、高低差34mのシースルーエスカレーターを中心とした観光施設。鳴門公園で最も高い場所にある「屋上360度パノラマ展望台」からは、園内全域はもちろん、香川県や和歌山県まで見渡すことができる。
    鳴門山の山頂と直結したシースルーエスカレーター
  • spot 05
    徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ
    遊びながら学ぶ。「鳴門の渦潮」と大鳴門橋の体験型ミュージアム
    最新の映像や疑似体験装置などを用いて、わかりやすく「鳴門の渦潮」と鳴門大橋に関する情報を紹介している大鳴門橋架橋記念館エディ。「大鳴門橋遊歩道 渦の道」や観潮船とセットで訪れたい。
    入り口には「鳴門の渦潮」の見頃時間なども掲示されている
  • spot 06
    大塚国際美術館
    世界26か国の西洋名画を陶板で原寸大に再現した美術館
    大塚国際美術館は、日本にいながらにして世界のすばらしいアートを体感できる陶板名画美術館。古代から現代にいたる西洋美術史を代表する1000余点の作品を原寸大で展示している。
    圧倒的なスケールで再現された『スクロヴェーニ礼拝堂』の内部(写真は大塚国際美術館の展示作品を撮影したものです)
  • spot 07
    大谷焼窯元 陶業会館 梅里窯
    土と炎と熟練の技が生み出す「大谷焼」の魅力
    徳島県を代表する伝統工芸品「大谷焼」。発祥の地である鳴門市大麻町の一帯では、大谷焼窯元 陶業会館 梅里窯をはじめとする6軒の窯元が腕を競っており、全国各地の観光客から「大谷焼の里」として人気を集めている。
    県道12号沿いにある大谷焼窯元 陶業会館 梅里窯
  • spot 08
    霊山寺
    「一番さん」の名で親しまれる四国巡礼出発の寺院
    四国八十八ヶ所霊場の第一番札所として、古来より多くの人々から信仰を集めてきた霊山寺。本堂や大師堂、多宝塔や縁結び観音、十三仏などがある境内は、地元で暮らす人々の憩いの場としても愛されている。
    大きな提灯が下げられている本堂の入り口
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    JR四国を利用して鳴門線で向かう場合は、終着駅である鳴門駅が最寄り駅となる。そこからは路線バスやタクシーなどで移動。平日・休日にかかわらず、上下線ともに1時間に1本しかないため、あらかじめ時間には注意しておきたい。

  2. その2

    路線バスはJR徳島駅前や鳴門駅前、徳島阿波おどり空港などから発着。「大塚国際美術館前」や「鳴門観光港」「鳴門公園」など、行き先や目的に合わせて停留所を選ぶと良い。「野(の)」停留所からは海沿いの道となるため、景色も楽しめる。

  3. その3

    京阪神からは高速バスが便利。徳島バスとJR四国バスの2社が運行しており、どちらも「鳴門公園口」で下車。観光シーズンには混み合い、座席の確保が難しい場合がある。早めに予約しておくと良い。

  4. その4

    自家用車やレンタカーでない場合、鳴門公園から霊山寺や大谷焼窯元 陶業会館 梅里窯方面へ向かうには、基本的にタクシーによる移動となる。片道約20分ほどかかるため、時間の配分を考えておこう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

徳島のその他のエリア

+ -
back
open

鳴門海峡周辺エリア