鳴門市ドイツ館

資料/郷土/展示/文学館

交響曲第9番を日本で初めて演奏した地

板東俘虜収容所で過ごしたドイツ兵たちの活動の様子や、地域の人々との交流の様子を展示した史料館。板東俘虜収容所は特に音楽活動が盛んで、アジアで初めてベートーウェンの「交響曲第9番」をコンサートとして全楽章演奏した地でもある。展示コーナーやミュージアムショップのほか、大小貸し会議室もある。

スポット詳細

住所
徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
電話番号
0886890099
時間
9:30-17:00(最終受付16:30)
休業日
第4月(祝の場合は翌日)、12/28-12/31
料金
【入館料】
[一般]400円
[中学生]100円
[小学生]100円
駐車場
あり(100台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • やっと板東に
    4.0 投稿日:2019.12.28
    ベートーヴェンの第九のアジア初演の鳴門板東収容所の捕虜だったドイツ兵によるものですどうしてもここへ来たかったので良かった当時の生活のことがよくわかりました私が思っていた以上に多くの演奏会が開かれていたことに驚きです当時の資料も買いましたけど当時の印刷技術とかすごいなと思いました音楽好きとしては当時プログラムを印刷したクリアファイルのお土産も良かったです
  • 歴史
    5.0 投稿日:2019.11.11
    鳴門にドイツの捕虜の人がいたことは知っているけれど、詳しくしりませんでした。勉強になります。当時のことがよくわかります。
  • もっとメジャーになって欲しい
    5.0 投稿日:2019.10.23
    バルトの楽園(がくえん)という松平健主演の映画をビデオで観てから行ったので、バックグラウンドが良く分かりました。こんなに人道的な人がいたんだと感動!

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          鳴門海峡周辺エリアのおすすめスポット

          徳島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました