大鳴門橋遊歩道 渦の道

スカイライン等

「鳴門の渦潮」を45mの高さから楽しむ海上散歩に出発!

海面から約45mの高さにある大鳴門橋の下部に設けられた海上遊歩道。その名のとおり、展望室のガラス床からは、真下で轟く自然のスペクタクル「鳴門の渦潮」を眺めることができる。

「鳴門の渦潮」へ接近する観潮船の様子も見える} 「鳴門の渦潮」へ接近する観潮船の様子も見える

大鳴門橋の鉄道予定空間を活用した観潮施設

鳴門公園の第1駐車場から徒歩で約5分。陸橋を渡って大鳴門橋架橋記念館エディ前を通り過ぎ、左側横断歩道を渡って、坂道をしばらく下っていくと、目印となる木柱と大鳴門橋の下部へとつながる道が見えてくる。大谷焼の瓶(かめ)が飾られたエントランスから中に入ったところが入館チケット売り場だ。なお、公式サイトでは電子前売り入館チケットも販売しており、事前に購入しておくと並ばずに入ることができる。どうしても「鳴門の渦潮」が大きくなる時間帯の前後は混み合うため、スムーズに入館したい場合は、あらかじめ手配しておきたい。

車道の下に造られた「大鳴門橋遊歩道 渦の道」の入り口} 車道の下に造られた「大鳴門橋遊歩道 渦の道」の入り口

終点まで続く一本道の左右に広がる大海原の絶景} 終点まで続く一本道の左右に広がる大海原の絶景

自分のペースで歩くことのできる海上遊歩道

「大鳴門橋遊歩道 渦の道」は、大鳴門橋の鉄道予定空間を活用して、全長450mの海上遊歩道と展望室を設置した観潮施設だ。開業は2000年(平成12)で、年間の入場者数は約50万人。海上遊歩道は大半が金属製フェンスで覆われており、四季を通じて風が吹き抜ける構造。季節によっては冷え込むため、上着の用意をしておくと良い。所要時間は往復で30分ほどの道のりだが、約100mごとに休憩所が設けられており、自分のペースでゆっくり歩くことができる。各休憩所の壁には鳴門市の歴史や観光スポットなどのパネル展示もあり、意外な豆知識を得られるのもうれしい。

鉄道を通す予定だった大きな空間も金網越しに確認できる} 鉄道を通す予定だった大きな空間も金網越しに確認できる

太平洋側の窓に貼られたガイド。島の名前もすぐにわかる} 太平洋側の窓に貼られたガイド。島の名前もすぐにわかる

ガラス床からのぞき込む「鳴門の渦潮」は圧巻

進んでいくごとにさまざまな海の表情を見ることができる全長450mの海上遊歩道。特筆すべきは、休憩所ごとに設置された畳1帖分ほどの大きさのガラス床。海面までの高さは約45mあり、約1.2tまでの重さに耐えられる強化ガラスとはいえ、下をのぞき込むのはスリル満点。金属製フェンス越しに聞こえる潮騒を聞きながら進んでいった先が展望室。橋げた空間を利用した回遊式となっており、8か所あるガラス床から真下の「鳴門の渦潮」を眺めるという、ここでしかできない体験が待っている。また、天気が良ければ、展望室から瀬戸内海と太平洋を遠くまで見渡すことができる。

10階建てのビルに相当する高さから見下ろす「鳴門の渦潮」} 10階建てのビルに相当する高さから見下ろす「鳴門の渦潮」

よく晴れた日には瀬戸内海と太平洋を見比べるのもおもしろい} よく晴れた日には瀬戸内海と太平洋を見比べるのもおもしろい

スポット詳細

更新日:2024.06.24

住所
徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内) map map 地図
電話番号
0886836262
時間
[夏季(3-9月)]9:00-18:00(最終入場17:30)
[GW・夏休み期間]8:00-19:00(最終入場18:30)
[冬季(10-2月)]9:00-17:00(最終入場16:30)
休業日
3・6・9・12月の第2月
料金
【入場料】
[大人]510円
[中高生]410円
[小学生]260円
駐車場
あり(鳴門公園駐車場 200台)
※有料
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、楽天ペイ、メルPAY、d払い、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(Tokushima Wi-Fi)
コンセント口
あり(有料)
喫煙
不可
英語メニュー
あり
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(往復1kmの距離を抱っこやキャリーバックであれば可)
雨の日でも楽しめる
はい(台風により変動あり、閉館の可能性あり)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 大渦を見るのは難しいんだろうね
    3.0 投稿日 : 2023.11.30
    自分たちが行った時は中潮で丁度満潮時。ホームページでの期待度もいい感じでしたが見ることができませんでした。見ることができたのは微妙な渦・・・クルーズ船が止まるポイントでも・・・う-ん、微妙。自然が相手なのでなかなか難しい。
  • 海の上を散歩する
    4.0 投稿日 : 2023.11.05
    大鳴門橋の下にある海上の遊歩道です。全長450mで往復すると意外と長いです。ただ所々に休憩できるベンチや展望室があり、自分のペースで散歩を楽しめます。海上45mの高さから見る瀬戸内海の風景、ガラスの床から覗いてみる渦潮、無機質で整然とした鉄骨の橋桁。楽しみ方はたくさんあります。あまり期待していなかった分、想像以上に楽しくて充実した時間を過ごせました。潮見表を確認して渦潮を見に行くのが理想です...
  • 見るべきですね
    4.0 投稿日 : 2023.10.29
    エディとのセット券でお得に入れました。スケジュールを確認せず前日に訪れてしまい、翌日リベンジしました。逆に一日ずれ、干潮時に訪れることができ、また、天気も良く、渦もよく見えました。ボランティアガイドさんもいて、鳴門の渦のことを教えてもらいました。満潮より干潮時がよいですよ

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました