徳島市周辺

AROUND TOKUSHIMA CITY

四国三郎・吉野川をはじめとする豊かな川の風景に出会える水都エリア

徳島県の東部に位置し、約26万人の人口を抱える徳島市。紀伊水道に面し、四国三郎・吉野川をはじめとする大小さまざまな川が流れる「水都」として発展している。特に徳島市中心部を上空から眺めると、街を囲むように流れる川の形が瓢箪(ひょうたん)のような形をしていることから「ひょうたん島」の愛称で呼ばれる。今や全国的に有名になった阿波おどりの本場であり、毎年お盆には街中が踊り一色に染まる。また、市内の真ん中にそびえる眉山(びざん)は街のシンボルとなっており、小説や映画のタイトルにもなっている。眉山の麓に建てられた「阿波おどり会館」では、一年中にわたって有名連や専属連の阿波おどりを観覧することが可能。ロープウェイで頂上まで登れば、水都の豊かな街並みを一望することもできる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    徳島中央公園
    徳島城の歴史を散りばめた近代公園
    徳島市の中心部にある徳島中央公園は、徳島城跡に開設された公園。1910年(明治43)の開設以来、市民の憩いの場として親しまれてきた。徳島城博物館や庭園などの施設は、観光地としても人気が高い。
    徳島城の城門を復元した「鷲の門」
  • spot 02
    旧徳島城表御殿庭園
    徳島城の表御殿に設けられた庭園
    阿波と淡路の両国を合わせ25万7千石の大名として君臨した蜂須賀家。その居城だった徳島城の表御殿に設けられた庭園が、旧徳島城表御殿庭園だ。隣接する徳島城博物館と合わせて楽しもう。
    庭園を北側から見た風景
  • spot 03
    徳島城博物館
    徳島藩と蜂須賀公の歴史が集結
    徳島藩と藩主蜂須賀の歴史や美術工芸品を専門的に扱う博物館として、徳島城博物館は1992年(平成4)に開館。常設展示や企画・特別展示を織り交ぜながら、阿波国の歴史を今に伝えている。
    徳島中央公園内に建てられた徳島城博物館
  • spot 04
    岡田製糖所
    日本古来の製法で作られる阿波の和三盆糖
    四国東部のごく限られた地域で生産される国産高級砂糖のひとつ「和三盆糖」。徳島県における草分けであり、昔ながらの職人による手作りを続けているのが、徳島県板野郡上板町にある岡田製糖所だ。
    阿波和三盆糖のみで作られた型物(干菓子)が美しい
  • spot 05
    阿波おどり会館
    本場の阿波踊りを一年中楽しめる
    徳島の夏の風物詩となっている阿波踊り。本場の踊りをいつでも楽しめる施設が、眉山のふもとにある「阿波おどり会館」だ。夏にしか味わえない興奮と感動を、旅のお土産に持ち帰ろう。
    JR徳島駅から「阿波おどり会館」まで徒歩約10分
  • spot 06
    眉山
    水都の暮らしを見守る徳島のシンボル
    映画や小説のタイトルにもなった「眉山」。その名のとおり、眉毛のように細長い山が徳島市の中心部に横たわり、吉野川をはじめとする水都の表情と合わせて、街のシンボル的存在となっている。
    市街地から見た眉山の風景
  • spot 07
    徳島県立阿波十郎兵衛屋敷
    徳島の風土が育んできた阿波人形浄瑠璃の魅力
    阿波人形浄瑠璃の代表的な演目『傾城阿波の鳴門』ゆかりの場所に建つ徳島県立阿波十郎兵衛屋敷。毎日、阿波人形浄瑠璃が上演されるほか、阿波木偶や太夫の道具などを常設展示。さまざまな角度からそのすばらしさを体感できる。
    定期公演『傾城阿波の鳴門 順礼歌の段』の様子
  • spot 08
    ひょうたん島クルーズ
    水都の街並みを水上から見渡そう
    徳島市街地は、上空から見た中洲の形から「ひょうたん島」と呼ばれている。市街地を囲むように流れる川を遊覧船で1周する「ひょうたん島クルーズ」に乗り、川の真ん中から徳島の風景を眺めよう。
    新町川を走る遊覧船
  • spot 09
    中華そばいのたに本店
    茶系スープを代表する徳島ラーメンの老舗
    徳島でぜひ味わいたい地元グルメのひとつが「徳島ラーメン」だ。もともとは「中華そば」や「支那そば」と呼ばれ、地域住民のソウルフードとして親しまれてきた。スープの色の傾向は大きく分けて「白系」「黄系」「茶系」の3つに分かれ、地域や店によって味も大きく異なる。全国に広く知れわたる徳島ラーメンは茶系を指すことが多いが、その牽引役となっているのが、徳島市に店を構える「中華そば いのたに」の存在だ。煮干しなどでダシをとったコクのあるスープをベースとし、甘辛く煮付けられた豚バラ肉と、絶妙に味付けされたメンマが食欲を高めてくれる。好みによって生卵を加えるのも、徳島ラーメンの特徴。卵を崩して麺や甘みの強いダシと絡めることで、また違ったうまさが口の中に広がっていく。ラーメンと一緒に白飯を注文するのも、徳島ラーメンファンの流儀といえるだろう。
    中華そば肉入中盛(750円)・生玉子(50円)
  • spot 10
    あすたむらんど徳島
    子どもたちの感性を磨くテーマパーク
    活動的な休日スポットとして、親子連れに高い人気がある「あすたむらんど徳島」。遊びや体験を通して科学する心を育てる「子ども科学館」を中核施設とした大型公園には、発見と感動が詰まっている。
    入場ゲートのウェルカムガーデン
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    JR四国を利用する場合は、徳島駅が各方面に移動する際の中心駅となる。高徳線、牟岐線、徳島線、鳴門線が利用可能。県内各地へと向かうバスターミナルも備えている。

  2. その2

    京阪神から高速バスを使用する場合は、徳島バス、海部観光、阪急バス、JR四国バスなどが候補に挙げられる。徳島駅で下車後、徒歩やバスで目的地へ向かおう。

  3. その3

    自家用車やレンタカーで訪れる場合は、市内に点在するコインパーキングが便利。徳島駅前周辺であれば県営の地下駐車場も活用できる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

徳島のその他のエリア

+ -
back
open

徳島市周辺エリア