飛鳥

ASUKA

田園風景のなかに古代遺跡が多く残るかつての歴史の中心地

奈良盆地の南に位置し、古代の日本の中心地だった飛鳥エリア。聖徳太子や豪族の蘇我氏、中大兄皇子(のちの天智天皇)が活躍した時代、この地に宮殿が置かれ、日本の礎が築かれた。山に囲まれ、のどかな田園地帯が広がるなか、古代・考古学ファンをひきつけてやまない重要な遺跡が点在する。石室内の壁画が話題となった高松塚古墳やキトラ古墳、巨石が露出する石舞台古墳、飛鳥宮跡のほか、いまだ謎が残るユニークな石造物も人気。聖徳太子の生誕地と伝わる橘寺や、日本で最初の仏教寺院として知られる飛鳥寺など、飛鳥時代創建の古社寺もあり、かつてのこの地の隆盛がしのばれる。春は桜、秋はあぜ道に咲くヒガンバナなど、四季折々の里山の風景と古代遺跡が見事に調和している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    高松塚古墳
    飛鳥時代の服装はこの壁画からよみがえった
    1972年(昭和47)、調査中の古墳の中から極彩色の壁画が発見された。全国的に考古学・史跡巡りが大流行するきっかけとなった古墳・壁画は、どのようなものだったのか。体感してみよう。
    整備された高松塚古墳の墳丘
  • spot 02
    キトラ古墳
    四神に守られた高貴な被葬者に思いを馳せて
    1983年(昭和58)、高松塚古墳に続く2例目として発見された、彩色壁画で飾られたキトラ古墳。古墳は特別史跡に指定されているほか、飛鳥時代の四神が描かれた壁画は国宝、副葬品は重要文化財に指定されている。
    四神の館の星宿図
  • spot 03
    石舞台古墳
    飛鳥時代の権力者の古墳!?
    6世紀末-7世紀前期に築造された古墳で、飛鳥時代、聖徳太子(厩戸皇子)とともに推古天皇を支えた大臣・蘇我馬子の墓とも推定されている。いつしか盛土が失われ「石舞台」と呼ばれるようになった。
    巨石が積み重なる石舞台古墳
  • spot 04
    飛鳥宮跡
    飛鳥時代、複数の天皇たちの宮殿が置かれた場所
    飛鳥岡本宮(あすかおかもとのみや/舒明天皇)、飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや/皇極天皇)、後飛鳥岡本宮(のちのあすかおかもとのみや/斉明天皇)、飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや/天武・持統両天皇)と、飛鳥時代の天皇の宮が継続的に置かれた場所。飛鳥時代の政治の中心地で、重要な事件はこの場所で起きた。
    大井戸と石敷きが復元されている
  • spot 05
    奈良県立万葉文化館
    『万葉集』の「うた」を通して、古代の人々と思いを共有しよう
    季節の訪れに触れた感動を、愛する人への思いを、別れの寂しさを。詠み人の心を言葉で残す「うた」。現存する日本最古の歌集『万葉集』の歌を通して、古代の日本の文化を紹介する施設。
    古代の歌のある風景が再現されている
  • spot 06
    飛鳥寺
    日本最古の仏像・飛鳥大仏が残る、日本最初の本格寺院
    596年(推古4)、蘇我馬子の発願によって建立された日本最古の本格的伽藍をもつ寺院。何度も火災を乗り越えた、日本最古の仏像といわれる本尊・飛鳥大仏は、創建時から同じ場所に安置されている。
    境内西側からの風景
  • spot 07
    石造物
    飾り用?祭祀用?飛鳥に残る謎の石造物たち
    明日香村には多くの石造物が残る。亀石や猿石など、形はおもしろいが目的がわからないもの、酒船石のようにそもそも使い方がわからないもの。ユーモラスでミステリアスなさまざまな石造物を訪れよう。
    巨石を加工した亀石
  • spot 08
    亀石
    どこの方角を向いているか要チェック!
    短い手を伸ばしペタンと伏せたようなかわいらしい亀石は、県道209号と155号が交差する明日香村の中心部から、遊歩道を少し入ったところにある。車では入っていけないのでご注意を。\飛鳥周遊歩道沿いの畑の一角が柵で囲われ、訪れた人を出迎えるかのように、遊歩道側に頭を向けている。長さ3.6m、幅2.1m、高さ1.8m。花崗岩の巨大な自然石に亀の加工が施されている。いつ、どのような目的で作られたものかはわかっておらず、塞(さい)の神として祀られたとも、海外の要人を歓待する石彫ともいわれている。\ある伝承では、かつて奈良盆地が湖だった頃、当麻(奈良県葛城市)の蛇と川原のナマズが喧嘩をし、池の水を蛇に取られ、多くの亀が干上がって死んでしまったため作られた亀の供養碑とされている。亀石が当麻の方角、西を向くと洪水が起きるという言い伝えもあり、向きが変わっていないかを行くたびに確認したい。
    巨大な石をよく見ると……亀!
  • spot 09
    鬼の俎・鬼の雪隠
    終末期古墳の石棺が、鬼の伝承と一体化したものか
    「この周辺は霧ヶ峰と呼ばれ、鬼が住み、通行人に霧を降らせ迷ったところをとらえて、爼の上で料理し、雪隠(トイレ)で用を足した」。そんな伝承がある「鬼の俎」「鬼の雪隠」は道を挟んで並んでいる。伝承を聞くと山奥のように感じるが、近鉄飛鳥駅からも1km程度。ただ「峰」と呼ばれるだけに、急な坂道がある農道を通るため、自転車で訪れるなら電動をおすすめする。\鬼の俎の正体は、終末期古墳(7世紀後半)の石室の石槨(せっかく)、鬼の雪隠の正体は石槨の蓋石だ。鬼の俎は、農道脇の階段を上がった竹藪に囲まれた場所にあり、鬼の雪隠はどうしたわけか、ひっくり返った状態で農道の下にある。\3m近い巨石をくりぬかせ、蓋にさせるほどの権力をもつ被葬者は、高貴な人物だったはずだ。それがトイレにされるとはと苦笑する一方で、これに見合うほどの大きな鬼を想像した、昔の人々の未知のものへの恐怖心も感じられる史跡となっている。
    花崗岩をくり抜いた形の「鬼の雪隠」
  • spot 10
    猿石
    猿か? 人か? 精霊か? 吉備姫王墓の石人像
    近鉄飛鳥駅からほど近い明日香村平田地区の坂を北に上ると、突き当たりの東に欽明天皇陵がある。西にあるのが欽明天皇の孫であり、猿石が置かれている吉備姫王墓だ。\墓を囲う石の柵越しに中をのぞき込むと、4体の石人像が見える。作られたのは7世紀頃と推定される。「猿石」とひと言でまとめられているが、いずれも手を前に組んで座っているように見える点で共通しているものの、頭が大きかったり、髪が逆立っていたり、どれも個性的で、個別にはそれぞれ僧、男性、女性、山王権現などの愛称で呼ばれている。\これらは欽明天皇陵の南の田んぼにあったものを掘り出し、今の場所に移された。高取町の近くにも、石垣に転用するために運ばれたらしい、同系統のものが1体ある。もしかすると見つかっていないほかのものもあるのかもしれない。
    造形も不思議な石造物
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    大阪方面、京都方面ともに近鉄橿原神宮前駅で乗り換え、吉野線で近鉄飛鳥駅へ。各見どころは離れているので、駅前でレンタサイクルや小型の電気自動車のレンタルサービスを利用すると便利。

  2. その2

    近鉄飛鳥駅から各見どころへは周遊バスが運行している。本数は少ないので、事前に時刻の確認をしておきたい。

  3. その3

    車の場合は、大阪方面からは西名阪道を、名古屋方面からは名阪国道を利用する。春と秋の観光シーズンは道路や駐車場が混み合うので、なるべく公共交通機関を利用するのがおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

奈良県のその他のエリア

+ -
back
open

飛鳥エリア