奈良県立万葉文化館

美術館

『万葉集』の「うた」を通して、古代の人々と思いを共有しよう

季節の訪れに触れた感動を、愛する人への思いを、別れの寂しさを。詠み人の心を言葉で残す「うた」。現存する日本最古の歌集『万葉集』の歌を通して、古代の日本の文化を紹介する施設。

古代の歌のある風景が再現されている 古代の歌のある風景が再現されている

『万葉集』を中心にした古代文化総合施設

奈良県立万葉文化館は、5世紀から8世紀にかけて詠まれた約4500首を収めた日本最古の歌集『万葉集』の歌を通し、当時の文化、暮らし、風土、古代の人々の思いに触れられる総合文化施設だ。
それだけではなく、実はこの館は国の史跡「飛鳥池工房遺跡」の上にある。この遺跡は飛鳥時代後期の大規模な工房跡で、学術的にも重要であることから、地下に遺跡を埋め戻して保全し、その上に同館の建物が建てられている。

敷地内には数か所、整備された遺跡がある 敷地内には数か所、整備された遺跡がある

楽しく学ぶ『万葉集』と古代の文化

地下1階では人形や映像で万葉歌人を紹介する「万葉劇場」をはじめ、タッチパネルのクイズに答えるなど、目で、耳で、楽しく学習できる。「歌の広場」では、表情もポーズも豊かな人形たちがたくさん。商売人形を相手に買い物してみたり、一緒になって踊ったり、古代の世界に混じってみて。1階では、万葉や古代日本をテーマにした展覧会が開催されるほか、『万葉集』や古代に関する書籍を集めた図書・情報室で専門的な学習もできる。
また、ミュージアムショップや、明日香の野菜を味わえるカフェレストランも併設されている。

躍動感あふれる古代人形に混ざり記念撮影も 躍動感あふれる古代人形に混ざり記念撮影も

『万葉集』や明日香村にちなむ土産を販売 『万葉集』や明日香村にちなむ土産を販売

万葉歌で歌われる植物を実際にこの目で

『万葉集』では、約4500首のうち、約2000首、約170種類の植物が歌われている。約2万平方メートル(6000坪)の万葉庭園にはおよそ40種類以上の植物が植栽され、植物の名前の看板がつけられている。歌に詠まれた植物をスケッチしたり、今の季節に咲く花はなんだろうと学習目的に使ったりするも良し。庭園越しに見える里山は、天智天皇(中大兄皇子)とともに蘇我入鹿を討った、藤原鎌足の生誕地といわれる小原の地。1年を通じて季節の花や実と自然が織りなす風景を楽しむ散歩道としても、気持ちの良い庭園だ。

四季の花をたっぷり楽しめる庭園 四季の花をたっぷり楽しめる庭園

飛鳥時代の職人たちが集結か? 飛鳥池工房遺跡

「飛鳥池工房遺跡」は、飛鳥時代の大規模な工房遺跡で、金属製品、ガラス製品、漆製品などを製造する工房があった。和同開珎よりも古い、最古の鋳造銭とされる富本銭も、型に流し込まれ、切り離されていない枝銭の状態で見つかっている。
奈良県立万葉文化館の建物の渡り廊下から見える場所に、炉跡群が実物大で復原展示がされているほか、地下1階の特別展示室には発掘成果や出土品の紹介コーナーがある。また、万葉庭園のなかにも、史跡を構成する建物跡・塀跡・井戸跡などの一部が復原展示されており、炉跡群の復原と合わせて遺跡の規模がわかるようになっている。

渡り廊下では窓の外にも注目を 渡り廊下では窓の外にも注目を

スポット詳細

住所
奈良県高市郡明日香村飛鳥10
エリア
飛鳥エリア
電話番号
0744541850
時間
10:00-17:30(入館は17:00まで)
休業日
月(祝日の場合は翌平日)、年末年始、展示替日
料金
[入館料]無料
※展覧会は別途有料(ホームページでご確認ください)
駐車場
あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、DC、ニコス)
※一部のみ利用可能(現在はshopのみ)
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(館内独自Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
ベジタリアンセレクション
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
備考: 展覧会観覧、ショップ、レストラン利用の場合
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
可(貸出可)
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          飛鳥エリアのおすすめスポット

          奈良のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました