斑鳩・大和郡山

IKARUGA / YAMATOKORIYAMA

お寺とお城と花の名所も。サイクリングもおすすめ

奈良県の北西部、矢田丘陵のふもとで隣り合う斑鳩町と大和郡山市。斑鳩町は丘陵の南側にあり、厩戸皇子(うまやどのおうじ/聖徳太子)ゆかりの法隆寺を中心とする地域だ。世界最古の木造建築群である法隆寺金堂、五重塔を中心とした西院伽藍に立つと、その歴史と存在感に圧倒される。ヤマブキの美しい中宮寺やコスモス越しの眺めを楽しめる法起寺なども、ぜひ拝観したい。一方の大和郡山市は丘陵の東側にあり、おもに戦国時代から江戸時代にかけ、郡山城のお膝元として産業や商業が盛んになった。その時代から始まって日本有数の生産地に育ったのが金魚。山手まで足を延ばすと、アジサイ寺として名高い矢田寺、バラのお花畑の有名な松尾寺が。斑鳩-大和郡山を、自転車で巡るのもいい。丘陵地を囲むような地形なので高低差はあるが、塔のある風景やのどかな田園風景のなかを走行できる。季節によってはイチジクやブドウ、柿などみずみずしい旬の味が並ぶ直販所に出合えることも!

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    法隆寺
    現存する世界最古の木造建築物を擁する聖徳太子ゆかりの大寺院
    聖徳太子と推古天皇が、父・用明天皇の遺願を継いで、斑鳩(いかるが)の地に造立した法隆寺。その西院伽藍(さいいんがらん)は現存する世界最古の木造建築物だ。法起寺の三重塔とともに「法隆寺地域の仏教建造物」として日本で最初の世界遺産登録となった。
     
  • spot 02
    中宮寺
    大和三門跡のひとつ、聖徳太子ゆかりの尼寺
    「聖徳太子が、母・穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)をしのび、その御所を寺とした」と伝えられる中宮寺。国宝に指定されるご本尊の菩薩半跏像(ぼさつはんかぞう/伝如意輪観音)は、飛鳥時代の仏像の最高傑作として、あまりにも有名だ。
    周囲をヤマブキに囲まれる中宮寺本堂
  • spot 03
    法隆寺iセンター
    斑鳩(いかるが)の里巡りの観光案内&情報収集スポット
    おもに法隆寺のある斑鳩町についての案内を行う法隆寺iセンター。授乳室や多目的トイレが設置され、観光ガイドやレンタサイクル、フリーWi-Fiを利用できるなど、周辺エリアを巡る際に覚えておきたいスポットだ。
    法隆寺参道の脇にある法隆寺iセンター
  • spot 04
    郡山城跡
    平城京や若草山、葛城山もぐるり見晴らす大城郭
    筒井順慶、豊臣秀吉の弟・秀長、柳澤家らが歴代城主を務めた郡山城。城郭中心部は奈良県指定文化財だ。やぐらや橋などの復元が進み見どころが増す城跡は、緑多い憩いの場としても親しまれている。
    郡山城天守台展望施設から。若草山が見える
  • spot 05
    金魚と暮らす大和郡山
    大和郡山はぶらぶら歩けば金魚に出くわす城下町
    江戸時代に柳澤吉里(やなぎさわよしさと)が郡山城にやってきた際に金魚を持ち込んだと伝わる、日本有数の金魚生産地である大和郡山。官民こぞって「推しは金魚」で、あちこちに金魚スポットが現れる不思議楽しい金魚づくしの町だ。
    マンホールにも「わが町+金魚」な大和郡山
  • spot 06
    おみやげ処こちくや
    金魚すくいのメッカ! 門下生が腕を競う道場
    「金魚」と聞いて多くの人が思い浮かべるだろう「金魚すくい」。ほぼ、お祭りなど非日常的空間でのアトラクションのそれを、一年を通して体験できるのがこちら。文具や器、お菓子など多様な金魚グッズがぎっしり並ぶ「こちくや」の一角にある「金魚すくい道場」には、日々さまざまな人が金魚をすくいにやってくる。みな黙々と金魚の泳ぐ水槽に向き合い、小さな子どもが周囲の大人たちよりたくさん金魚をすくい上げることも。老若男女を問わない「金魚すくい」のおもしろさを感じられる。ちなみに観光客が飛び入りで挑戦できるほかに門下生制度があり、金魚すくいの実力を上げるべく切磋琢磨している。ここは金魚すくいの楽しさをいつでも提供してくれることに加え、守るべきルールをもつ道場であり、それに則って「金魚すくい」に取り組む修練の空間なのだ。なお10人以上での金魚すくいを希望する場合は予約が必要。
    こちくやで金魚すくいに挑戦。金魚が元気だ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    大阪から斑鳩町へは、JR大阪駅から大和路線で約35分、JR法隆寺駅下車。法隆寺へは法隆寺駅から徒歩約20分。大和郡山へは、JR法隆寺駅までと同じルートでOK。JR法隆寺駅の次々駅がJR郡山駅だ。

  2. その2

    京都から斑鳩町へは、JR京都駅から奈良線に乗りJR奈良駅で大和路線に乗り換え、法隆寺駅下車で約60分。

  3. その3

    大和郡山へは、近鉄京都線・橿原線で近鉄郡山駅下車。特急利用で約40分。

  4. その4

    車の場合、斑鳩町は西名阪国道法隆寺IC利用、大和郡山市は大和まほろばスマートICまたは郡山下ツ道JCT利用。国道25号線は通勤時間帯を中心に混雑することも多い。

  5. その5

    斑鳩町観光協会、大和郡山市観光協会でレンタサイクルあり。両市町ともに古い町並みが残り、狭小な道幅や一方通行また駐車場が近隣に少ない施設等が少なくないため、自転車や徒歩で巡るのが便利な場合も。目的地とルートに合わせて検討したい。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

奈良のその他のエリア

+ -
back
open

斑鳩・大和郡山エリア