吉野

YOSHINO

美しい山々と川。吉野には万葉人も歌に詠んだ名所がいっぱい

奈良県南部の森林地帯。広義にはその一帯を吉野と呼ぶ。日本屈指の降水量で「近畿の屋根」と称される大台ヶ原(おおだいがはら)のふもとにある上北山村、吉野林業が盛んな川上村、柿の名産地の五條市西吉野町など、それぞれの町村が独自の歴史や風景、慣習、食文化など伝えてきた。これら各町村で守られてきた文化資産は、世界遺産や日本遺産に登録されるなどしており、このエリアの玄関口が吉野町となる。狭義の吉野は吉野町を指し、また多くの人が「吉野といえば桜の名所」として吉野町にある吉野山を思い浮かべるだろう。吉野町には吉野山以外にも、紙すきの里として知られる地区や、製材所の集まる地区などがあり、春の桜シーズン以外の魅力もさまざま。『万葉集』にある天武天皇が「よき人の よしとよく見てよしと言ひし 吉野よく見よよき人よく見つ」と「よき」「よし」を繰り返した歌をはじめ、古来より現在に至るまで数多の文人墨客が訪れ、吉野を讃える作品を残している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    吉野山
    山裾から奥へ咲き競う、約3万本の桜の山
    日本有数の桜の名所・吉野山。吉野山の桜の歴史は約1300年前にさかのぼることができる。山麓から山の上の奥深くに向けて、次から次へ咲き上っていく見渡す限りの桜は、その数約3万本という。花見を楽しめるのは例年4月上旬ー下旬で、そのほか新緑や紅葉の時期もそれぞれの美しさを見せる。
    春の吉野山。花矢倉展望台から桜と金峯山寺(きんぷせんじ)を望む
  • spot 02
    金峯神社
    吉野山の地主神を祀る奥千本に鎮座する社
    金峯神社はユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産のひとつで、御祭神は吉野山の地主神である金山毘古命(かなやまひこのみこと)。金峯神社境内は「大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)」の一部だ。周辺には、義経の隠れ塔、西行庵、吉野山の最深部となる青根ヶ峰。吉野山・奥千本エリアに鎮座する、山中の静かな社である。
    木立に囲まれた金峯神社拝殿
  • spot 03
    吉水神社
    一目千本の桜の名所に現存する南朝唯一の行宮
    世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつである吉水神社。源義経と静御前と弁慶、後醍醐天皇、豊臣秀吉など、折々の時代を代表する人物が登場する名場面の舞台となってきた。格式を感じる建築、庭、そして「一目千本」と讃えられる桜の絶景など見どころがギュッと詰まっている。伝来の宝物の展示も必見だ。
    初期書院造の貴重な建築である吉水神社書院
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    吉野町までは鉄道で訪れることができる。阿部野橋スタートの場合に特におすすめしたいのは近鉄の観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」に乗車しての吉野旅。車内では、吉野地域の特産品を生かしたメニューや奈良の歴史に関する書籍を閲覧できるライブラリーなどがあり、吉野への旅のテンションを高めてくれる。

  2. その2

    京都駅からは、近鉄京都線-近鉄橿原線-近鉄南大阪線・吉野線を利用して約1時間40分-約2時間10分程度。近鉄京都駅から近鉄橿原線特急の橿原神宮前行に乗車すると乗り換えは橿原神宮前駅での1回だけで吉野駅に到着できる。

  3. その3

    吉野町からさらに奥の吉野地域の各地へ足を延ばすには、車での移動が基本となるが、いくつかのバス路線も利用できる。主要道路は、吉野地域の西部を縦走する国道168号、東部を縦走する国道169号。

  4. その4

    吉野山は観光シーズンには通行止めや一方通行など規制が行われる。臨時のバス運行や山麓での臨時駐車場の開設などイレギュラーが多いので必ず事前確認を。

  5. その5

    冬季は国道168号、169号ともに、峠付近での積雪や凍結が起こりやすい。冬用タイヤやチェーンの準備が必要。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

奈良のその他のエリア

+ -
back
open

吉野エリア