宗像・福岡中部

MUNAKATA / CENTRAL FUKUOKA

ベッドタウンとして人気を博し、豊かな自然に囲まれた環境と由緒ある寺院や神社の点在する歴史深いエリア

福岡市と北九州市の中間に位置し、四塚連山や許斐山(このみやま)、新立山の山々に囲まれ、響難と玄界灘の海域に面している宗像市。「ぼかし肥料」で育てられたブランド農産物と、天然のとらふぐの水揚げが県内1位を誇っており、ほかにもブランド鯵や活きイカ、新鮮な海藻類を楽しむことができ山の幸海の幸の宝庫といわれている。また、沖合に浮かぶ大島は福岡県で一番大きな有人島。島の北側には沖津宮遙拝所があり、一般の人の立ち入り・渡島を禁じられている沖ノ島の沖津宮を拝むことができる。本土にある宗像大社の別宮 中津宮も鎮座していることから「神が宿る島」とも呼ばれている。沖津宮遙拝所と宗像大社(中津宮)は、2017年(平成29)に世界遺産に登録された。神社仏閣の多く点在するこのエリアには、ほかにも糟谷郡篠栗町(ささぐりまち)に、ブロンズ像として最大級とされる釈迦涅槃像をもつ南蔵院があり、年間130万人以上の参拝者を集めるとともに、宝くじにまつわるパワースポットとしても大変人気を博している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    大島
    世界遺産「宗像大社」がある福岡県でいちばん大きい島
    福岡県北部の沖合い約7kmにある島。自然が豊かでサイクリングや散策を楽しめ、釣りや海水浴目的で訪れる人も多い。また、世界遺産に登録された「宗像大社中津宮(むなかたたいしゃなかつぐう)」と「沖津宮遥拝所」がある「神守る島」としても有名だ。
    沖津宮遥拝所(おきつぐうようはいじょ)。天気のいい日には沖ノ島が見える
  • spot 02
    宗像大社(辺津宮)
    日本神話にも登場する由緒ある神社で、本殿・拝殿は重要文化財
    『古事記』『日本書紀』の日本神話に登場する日本最古の神社のひとつ。現在の辺津宮の本殿は1578年(天正6)、拝殿は1590年(天正18)に建立されており、国の重要文化財に指定されている。
    正面に見えるのが拝殿。建物の大きな梁(はり)の迫力に驚かされる
  • spot 03
    宗像大社(中津宮)
    神守る島・大島に鎮座する古い歴史をもつ神社
    宗像大社の3宮のひとつであり、玄界灘を隔てた大島にある中津宮。祀られているのは宗像三女神(さんじょしん)の次女・湍津姫神(たぎつひめのかみ)。境内には天の川が流れ、七夕伝説発祥の地として、縁結びのご利益でも有名だ。
    色とりどりの吹き流しが飾られた、七夕祭時の本殿
  • spot 04
    旧伊藤伝右衛門邸
    炭鉱王と呼ばれた実業家の邸宅で、国の重要文化財
    かつて石炭の産地として有名だった福岡県筑豊地区で「炭鉱王」と呼ばれた伊藤伝右衛門の邸宅。邸宅は一般開放されており、歌人でもある妻・柳原白蓮のために改築した豪華でありながら洗練された数々の部屋は一見の価値がある。
    邸宅の外観。立派な門構えに驚かされる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    「宗像大社(辺津宮)」の境内には沖ノ島で出土した8万点もの神宝を中心に収蔵する「神宝館」があり、収蔵品の一部を公開している。

  2. その2

    大島へは宗像市の神湊港から船が1日に7往復運航。予約はできず、先着順に乗船する。所要時間は旅客船「しおかぜ」が15分、フェリー「おおしま」は25分ほど。

  3. その3

    大島の船着場ではレンタサイクルや観光タクシーが利用できる。

recommend spot

関連記事

記事一覧

福岡のその他のエリア

+ -
back
open

宗像・福岡中部エリア