中州・天神

NAKASU / TENJIN

ショッピング、グルメ、ナイトスポットが集中する福岡の中心地

福岡県西部に位置する福岡市。市内を流れる那珂川(なかがわ)と博多川に挟まれた「中洲」、対岸の「天神」は、飲食店やファッションビル、老舗デパートがひしめきあう賑やかなエリアだ。南北に約1km、東西に約200mに広がる細長い地形が特徴の中州。その歴史は古く、江戸時代に初代福岡藩主・黒田長政が福岡と博多をつなぐため那珂川に土砂を積み、中嶌橋(なかじまばし)を架けたのが起源とされている。5月の博多どんたくや770年以上の伝統を誇る7月の博多祇園山笠など、祭りの時期は街の活気が最高潮に達する。一方の天神は、天神様こと学問の神様・菅原道真を祀った神社に由来する。太宰府に左遷された菅原道真が、憔悴した自分の姿を川面に映したことから名がついた水鏡天満宮。当初は今泉にあった神社を、藩主の黒田長政が福岡城の鬼門にあたる現在地に東の鎮守として移した。オフィスビルの谷間にたたずむ天満宮を訪れるのも一興だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    田中勇気 博多人形工房
    平成生まれの新進作家が醸し出す独創的な作風に触れる
    日本のみならず海外でも高い評価を受ける「博多人形」は、1600年(慶長5)に初代福岡藩主・黒田長政の筑前入国にともない多くの職人が集められたなかで生まれた素焼き人形が起源。現在、注目を集める博多人形師の田中勇気氏は、幼い頃からの物作り好きが高じて伝統工芸士の梶原正二氏に10年間師事したのち、2016年(平成28)に独立を果たした。博多区の文化発信地「リノベーションミュージアム冷泉荘」に開いた工房では、「見て、触れて、学べる」をテーマに作品展示や絵付け体験を提供している。「博多人形の工房って、なんだか堅苦しくて、入るのにとてもハードルが高いと感じていませんか? そんなことは決してありません。皆さんがまるで町の雑貨店にふらっと入るような感覚で、気軽に立ち寄ることのできる、そんな工房を目指しています」(田中氏)。好きな人形を選んで自由に色付けする絵付け体験(体験料1000円+人形代・小500円/大1000円)は親子連れにも好評で、博多観光の土産に最適。
    田中勇気氏が教えてくれる体験教室では、かわいい土鈴に絵付けをできる
  • spot 02
    博多人形会館 松月堂
    400種類の博多人形を展示する日本最大級の店舗
    博多川沿いに店を構える1947年(昭和22)創業の老舗。博多人形・博多織の専門店として、名匠から若手作家の手によるものまで常時800点以上の作品が並ぶ。「博多人形の絵付け体験」を最初に始めた施設でもある。
    今にも動き出しそうな相撲取りの博多人形
  • spot 03
    櫛田神社
    創建は757年(天平宝字元)。博多の総鎮守として知られる神社
    博多の夏の風物詩「博多祇園山笠」が奉納される神社。近隣には、古くから博多っ子に親しまれる「中洲川端商店街」、劇場や映画館も備えた大型商業施設「キャナルシティ博多」もあり、ショッピングの途中で参拝する人も多い。
    1200年超の歴史がある櫛田神社正面
  • spot 04
    博多リバレイン
    福岡の人・モノ・情報・文化・伝統を集約した文化複合施設
    「博多リバレイン」は、下川端地区と下川端東地区の市街地再開発事業が合体し1999年(平成11)に誕生。「ゆとり」の創造をコンセプトに文化施設と商業施設を融合させ、快適な都市空間として博多のランドマーク的存在になっている。
    演劇・アート・グルメ・ショッピング・宿泊施設のすべてを兼ね備えたエンターテインメントスポット
  • spot 05
    博多座
    非日常の世界へ誘う九州でも有数の演劇専用劇場
    全国で話題の歌舞伎、ミュージカル、宝塚歌劇、歌手による座長公演などが上演される福岡を代表する大劇場。文化複合施設「博多リバレイン」の東棟に位置し、豪華な客席、花道やオーケストラピットを備えた舞台周り、行き届いたサービスで快適に観劇できる。
    天神と博多を結ぶ福岡の中心にある博多座
  • spot 06
    福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール
    九州で唯一! アンパンマンの世界を体験
    文化施設と商業施設を融合させたエンターテインメントスポット「博多リバレインモール」の5階、6階に、2014年(平成26)4月オープン。地下鉄中洲川端駅から直結する屋内型の施設なので、天候に関係なく遊ぶことができる。
    九州でアンパンマンのテーマパークはここだけ
  • spot 07
    福岡アジア美術館
    アジア文化の窓口・福岡ならではのアート空間
    古代からアジア諸国との交流拠点として、歴史的な役割を果たしてきた福岡市。1999年(平成11)に誕生した「福岡アジア美術館」は、アジア23か国の近現代の美術作品を系統的に収集し展示する世界唯一の美術館。約4000点の作品を収蔵している。
    アジアを中心とした近現代の美術作品を展示
  • spot 08
    那珂川
    九州一の大都市「福岡」を貫く代表的河川
    商人の暮らす東側の「博多」と52万石の城下町である西側の「福岡」。かつて2つの町を二分していたのが、間を流れる那珂川だった。博多湾へと流れ込む那珂川の流域には「中洲、天神、博多」といった福岡を代表する繁華街がある。
    福岡を代表する河川・那珂川と「福博であい橋」
  • spot 09
    リバークルーズ
    町歩きでは味わえない! 船上からの眺めで優雅なひととき
    活気あふれる福岡市内の街並みや、博多湾の広大な景色をゆったり観賞できる観光遊覧船。出航は、市の中心部にある天神中央公園敷地内の「福博であい橋」から。11時から21時まで運航している「中洲クルーズ」は、約30分間でキャナルシティ博多、博多ポートタワー、福岡市赤煉瓦文化館を巡り、乗船する時間帯によって市内の昼の顔と夜の顔を楽しめる。夜景にこだわるなら「博多湾クルーズ」が見逃せない。19時に出発して、キャナルシティ博多、博多ベイサイド、福岡PayPayドーム、福岡タワーなどを約45分間で周遊する。移動のストレスがないので、子どもや高齢の家族との観光にもおすすめだ。
    那珂川を走る船上から、博多の中心地をゆったりと眺められる
  • spot 10
    那珂川船上バーベキュー
    心地良い潮風を浴びながら堪能する博多の景色と国産牛BBQ
    博多の中心を流れる那珂川から博多湾へ。クルージングでの眺望を楽しみながら、焼きたてA5ランクの国産牛でお腹も満たされる船上BBQ。天神中央公園乗り場の「福博であい橋」を起点に、九州一の繁華街・中洲、キャナルシティ博多、博多湾を巡る約90分間のコースは開放感たっぷり。サンセットタイムを狙った夕日鑑賞や、水面に映るネオンサインが幻想的な雰囲気を醸し出すナイトクルーズなど時間帯ごとにさまざまな景色を望める。10名以上の完全予約制貸し切りで、気の合う仲間や家族と一緒に心置きなく賑やかな時間を過ごすのにうってつけだ。料金は、乗船料と料理が込みで大人1人(13歳以上)6000円、子ども1人(12歳以下)3000円。
    那珂川から博多湾の海のほうまで、BBQをしながらクルージング
  • spot 11
    西鉄福岡(天神)駅
    九州最大の繁華街の玄関口
    西日本鉄道(西鉄)最大の駅。九州を代表する繁華街「天神」の中心地にあり、周辺には商店街、百貨店、複合商業施設、オフィスなどが集まっている。また、西鉄の主要路線「西鉄天神大牟田線」の起点駅でもある。西鉄天神大牟田線の沿線にはベッドタウンも多く、通勤手段として利用されている。太宰府、柳川といった観光地への行き来にも便利。
    西鉄福岡(天神)駅北口改札。西鉄の全駅で最多の乗降客数を誇る
  • spot 12
    天神地下街
    愛称は「てんちか」。19世紀のヨーロッパの街並みを歩いているような地下街
    福岡市の繁華街「天神」の中心にある地下街。この地下街から福岡市地下鉄七隈線の天神南駅や空港線の天神駅、西鉄天神大牟田線の福岡(天神)駅に直結しているため、朝夕のラッシュ時は行き交う人が非常に多いのも特徴。
    天神地下街。左右に多様な店舗が並ぶ
  • spot 13
    警固神社
    繁華街の真ん中にある神社。アクセス抜群のパワースポット
    福岡市の繁華街「天神」にある神社。祭られているのは八十禍津日神(やそまがつひのかみ)、神直日神(かんなおびのかみ)、大直日神(おおなおびのかみ)の三神。罪や穢れ、病や災いから守ってくれる神々である。
    警固神社参道から本殿を望む
  • spot 14
    長浜鮮魚市場
    おいしい魚を求めて! 新鮮な魚介類を食べに行こう
    1955年(昭和30)に開場され、60年以上もの長い歴史をもつ長浜鮮魚市場。朝早くから行われる競りの様子を見ることができ、併設の市場会館ではおいしい海鮮丼を食べられる。また、館内には見晴らしの良い展望室があり、博多湾を一望できる。
    月に一度開催の市民感謝デー(開催日未定)で行われるマグロ解体ショー
  • spot 15
    おきよ食堂
    新鮮な魚を食べられる鮮魚市場のなかにある食堂
    福岡市中央区長浜地区の福岡鮮魚市場市場会館1階にある1947年(昭和22)創業の老舗食堂。市場関係者の利用も多い。もちろん、一般の人の利用も可。鮮魚市場内の食堂ということもあり、人気は獲れたての魚介を使った料理。ブリなどの刺身類はもちろんのこと、フライやあら炊き、たたきなどのメニューもそろっている。定食や丼物があるが、定食の場合、ご飯は何度もおかわりができるのも特徴だ。魚介メニューのおすすめは福岡名物の「ごまさば」。新鮮なさばをゴマだれで和えていただくという料理だ。使われているゴマだれは販売もされている。メニューにはから揚げなどの肉類や総菜もあるので何度行っても飽きることはないだろう。なお営業は朝8時からだが、日曜、祝日、休業日は11時からとなっているため、気をつけておきたい。
    ゴマだれをかけて食べる特上海鮮丼(1800円)
  • spot 16
    元祖ラーメン 長浜家
    「元祖」の味を継いだ博多ラーメンの名店
    福岡市中央区の長浜地区にある「元祖系」ラーメン店。時間によっては行列ができていることも多いが、回転が非常に早いので、待ち時間はそれほど長くならない。急いでいるときでもすぐに食べられるため、近隣の会社員やタクシードライバーの利用も多い。料理のメニューは「ラーメン」のみ。麺は博多のラーメンらしく細麺でスルスルと喉を通っていくのが特徴だ。席に着くと麺の硬さと油の量を聞かれるので「カタ」「ベタ(油の量多め)」などと指定しよう。もちろん指定なしでもかまわない。麺とスープ、肉とネギのみのシンプルなラーメンなので、卓上にあるすりごまや紅ショウガで自分流に味付けするのもおすすめ。ラーメン一玉で足りない場合は「替え玉」の注文もできる。替え玉を入れたスープに卓上のヤカンに入った「たれ」をかけると、味が薄くなることなく1杯目と同じように味わうことができる。店舗には駐車場がないため、車で向かう場合は近隣のコインパーキングを利用しよう。
    麺、スープ、肉、ネギのシンプルなラーメン
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    福岡空港国内線から中州天神エリアへのおもな交通手段は、バス、地下鉄、タクシー。天神駅までの所要時間は、バス約30分、地下鉄約11分、タクシー約30分。中州へは、空港から地下鉄で約9分の中洲川端(なかすかわばた)駅が便利。

  2. その2

    中洲川端エリアには、博多の伝統文化を紹介する施設やエンターテインメントスポットが近距離に点在。キャナルシティ博多、櫛田神社、はかた伝統工芸館、福岡アジア美術館など徒歩で巡ることができる。

  3. その3

    西鉄バスの「キャナルシティラインバス」は、博多駅・蔵本、天神・薬院駅前を結び、指定エリア内はどこで乗り降りしても運賃100円(大人)。荷物が多いときなど活用を。

  4. その4

    主要観光スポットを効率的にまわるなら「福岡オープントップバス」(1570円)が便利。屋根のない2階建てバスで、天神地区、博多地区など福岡市内を周遊できる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

福岡のその他のエリア

+ -
back
open

中州・天神エリア