大宰府周辺

AROUND DAZAIFU

政治の中心だった古都。歴史を感じさせる史跡が多く残るエリア

博多から電車で約35分。福岡県の中西部にある太宰府市は、飛鳥・奈良・平安時代にかけて、九州全域を統治する地方最大の役所である大宰府が設置され、外交や防衛の拠点であったため、独自の文化も花開いた土地。古都の情緒あふれる太宰府天満宮、元号「令和」ゆかりの坂本八幡宮、季節の変化を楽しむことのできる宝満山 竈門神社など、数多くの史跡や名所が存在している。九州国立博物館が2005年(平成17)にオープンしたことから、国内はもちろん、中国、韓国、台湾などアジアからの観光客からも注目を集める。年間約1000万人の観光客が訪れる多彩な顔を持つ福岡県の観光名所だ。散在する小さな遺跡を巡っていくと、万葉の時代を感じさせる四季折々の自然の美しさを楽しむことができる。ちなみに「だざいふ」の表記は、一般的に役所や遺跡は「大宰府」、地名や天満宮は「太宰府」と使い分けられている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    太宰府天満宮
    学問、文化、芸術の神様をお祀りする天神信仰の総本宮
    学者・政治家・文人として活躍するも、政略によって大宰府に左遷させられた菅原道真公。その御神霊をお祀りするために御墓所の上に御社殿を造営した太宰府天満宮は、かつて「遠の朝廷(とおのみかど)」と呼ばれ、栄華を極めた大宰府の姿を今も留めている。
    年間1000万人以上の参拝者が訪れる学問の神様
  • spot 02
    九州国立博物館
    アジア諸国との文化交流の歴史がわかる博物館
    「きゅーはく」の愛称で親しまれる博物館。2005年(平成17)に開館した国内4つめの国立博物館で、アジアに開かれた玄関口だった大宰府にちなむ展示をひと目見ようと、国内外から観光客が訪れる。
    建物は菊竹清訓(きくたけきよのり)氏が設計。周囲の山並みに溶け込むようなデザインが特徴
  • spot 03
    大宰府政庁跡
    奈良・平安時代の外交の玄関口だった役所・大宰府の史跡
    万葉集には「遠の朝廷(とおのみかど)」と詠まれ、国防や外交のために設けられた役所・大宰府の中枢が置かれた場所。立派な礎石などが残っており、その景観から古代に思いを馳せることができる。
    7世紀後半から12世紀後半にかけ、日本の外交や対外防備の拠点となった大宰府の中枢
  • spot 04
    坂本八幡宮
    応神天皇を御祭神とする、元号「令和」ゆかりの神社
    国内外から多くの観光客が訪れる坂本八幡宮。地元の氏神様を祀る小さな神社で、10分程度で散策することができるが、元号「令和」のゆかりの地として注目を集めた。
    大宰府政庁跡の西側の道を北に進むと現れる神社
  • spot 05
    宝満宮 竈門神社
    年間10万人以上! 九州一登山者が多い宝満山に鎮座する神社
    国史跡に指定された宝満山。その山麓にある下宮(げぐう)と、山頂にある上宮(じょうぐう)で形成される「宝満宮 竈門神社」。縁結び、方位除け、厄除けの神様として信仰されるほか、人気漫画『鬼滅の刃』の聖地といわれ注目を集めている。
    1927年(昭和2)に建てられ、2013年(平成25)に改修工事を経て立つ、下宮の御本殿・拝殿
  • spot 06
    かさの家
    道真公の伝説から生まれた太宰府名物・梅ヶ枝餅の名店
    太宰府天満宮の榎社(えのきしゃ)で不遇な生活を送っていた菅原道真公に同情した老女が、道真公の好物であった餅を梅の枝の先に刺して格子の隙き間からこっそりと差し入れた、という伝説から生まれた梅ヶ枝餅(うめがえもち)。食べると病魔を防ぐという言い伝えもある梅ヶ枝餅を、古民家造りの落ち着いた雰囲気のなかでお茶とともにいただけるのが、天満宮へ向かう参道の鳥居を2つくぐって右手3軒目にある茶房・ギャラリー「かさの家」だ。もち米とうるち米をブレンドした生地に、やさしい甘さのつぶ餡を包み込み、香ばしく焼き上げたもので、生地と餡のバランスが絶妙。毎月17日(きゅーはくの日)には古代米入り、毎月25日(天神さまの日)にはヨモギ入りの梅ヶ枝餅が数量限定販売される。5個入り650円、10個入り1300円のお土産も販売しているが、天満宮にお参りする際には、ぜひほんのり香ばしい焼きたてを味わいたい。
    茶房・ギャラリーで人気の抹茶セット
  • spot 07
    二日市温泉 御前湯
    地元民に大人気、1300年以上の歴史をもつ温泉
    奈良時代の開湯で、「博多の奥座敷」として知られる名湯・二日市温泉。公共浴場は2軒あるが、そのひとつ「御前湯」は筑紫野市が管理しており、手頃な価格とあって地元の人々から愛され続けている。
    白壁に瓦屋根のレトロな雰囲気
  • spot 08
    大賀酒造
    太宰府天満宮にゆかりのある福岡で最も古い酒造会社
    銘酒「玉手泉」「筑紫野」で名高い大賀酒造は、太宰府天満宮にも神酒を納めている酒造会社。福岡県で最も古い酒蔵で、蔵のひとつは140年以上前に建てられたものを現在も使用している。
    建物内には直営ショップがあり、日本酒などを購入できる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    太宰府天満宮へ車で行く場合は、太宰府IC、水城ICより、筑紫野ICのほうがやや近い。

  2. その2

    博多や福岡空港国際線ターミナルからは、予約不要の太宰府ライナーバス「旅人」を利用すると便利。博多バスターミナルから太宰府までは約40分、福岡空港国際線ターミナルからは約25分。1日20本前後運行。

  3. その3

    天神から太宰府までは、西鉄の太宰府観光列車「旅人」の利用がオススメ。観光名所が描かれたピンクの特別仕様の急行列車で、通常料金で利用可能。予約不要。

  4. その4

    西鉄太宰府駅構内では、レンタサイクルのサービスがあるので、自然を楽しみながら観光したい人は利用するのもあり。西鉄太宰府駅または西鉄都府楼前駅、西鉄二日市駅で返却可能(ただし、電動アシスト付自転車は西鉄西太宰府駅のみ)。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

福岡のその他のエリア

+ -
back
open

大宰府周辺エリア