銚子・九十九里

CHOSHI / KUJUKURI

日本有数の漁港がある港町とその南に延びる長い海岸線

利根川の河口に位置し、日本トップクラスの水揚げを誇る漁港を擁する銚子。首都圏で最も東に位置する犬吠埼は初日の出を見るスポットとして人気だ。漁業だけでなく、江戸時代から醤油の醸造でも知られており、内陸部では野菜や果物の生産も盛んな豊かな土地。古い漁師町の雰囲気を残したレトロな町並みや屛風ヶ浦のような自然スポットも見どころだ。銚子市の南、旭市の刑部岬から60km以上続く九十九里浜は、日本有数の長い砂浜。海水浴場やサーフスポットがいたるところにあり、千葉のマリンレジャーの中心といっていいだろう。海の楽しみは遊ぶだけでなく、食べることも。漁港ならではの旬の魚を使った料理や千葉の浜ではおなじみの「焼きハマグリ」をぜひ試してみたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    犬吠埼灯台
    1世紀以上海の安全を守り続けてきた国の重要文化財
    太平洋に突き出した犬吠埼は日本の海上交通の最重要の海のみちしるべのひとつ。維新後近代化を進めた明治政府は、海外から技師を招きこの場所に洋式灯台を建設。1874年(明治7)から現在まで海の安全を守るために稼働中だ。
    真っ白な灯台が青空に映える
  • spot 02
    地球の丸く見える丘展望館
    絶景ではないけれど、穏やかな風景に癒される展望スポット
    全国トップクラスの水揚げを誇る銚子漁港があるため、港町のイメージがある銚子だが、内陸部には広大な畑が広がっていて、実は農産物でも全国有数の土地。そんな場所の真ん中にあるのがこの展望台だ。
    高いところが苦手な人も大丈夫。のんびり景色が眺められる展望台
  • spot 03
    海ぼうず
    千葉ブランド「銚子つりきんめ」と、脂のコクを味わう「あぶらぼうず」
    銚子漁港は日本の名だたる漁港のなかでも圧倒的な水揚げ量を誇る。周辺には鮮魚料理店が集まるが、千葉を代表する優良水産物「千葉ブランド水産物」の第1号に認定された「銚子つりきんめ」を味わいたい。「つりきんめ」とは網を使わず手で1尾ずつ釣り上げられた金目鯛のことで、大きくて脂のりも抜群。漁港近くの店「海ぼうず」では、表面を炙ったつり金目鯛がたっぷりと載った丼が人気だ。炙った香ばしさが金目鯛の甘みを引き出し、煮つけともまた違うおいしさを楽しめる。ほかにも、銚子で獲れる「あぶらぼうず」もぜひ食べてみよう。「あぶらぼうず」は深海800メートル付近にいる大型の深海魚。白身のトロともいわれ、脂肪分は全体の40%もある。独特の歯ごたえや、脂のコク、甘みを堪能できる。照焼のほか、水揚げがある日には刺身でも食べられる。
    「きんめ鯛のあぶり丼(味噌汁、小鉢、香の物付)」3080円
  • spot 04
    銚子電鉄
    関東でいちばん東を走るローカル列車の旅
    いくつものローカル鉄道が走る千葉で、いちばんニュースになっているのがこの鉄道ではないだろうか。自虐的PR、斬新な企画、鉄道会社なのにいちばんの売り上げがせんべいの販売。なんとも愛すべき鉄道だ。
    終点の外川駅に到着した銚子電鉄の列車
  • spot 05
    銚子電鉄ぬれ煎餅駅
    「奇跡のぬれ煎餅」の工場直売所
    銚子市と旭市をつなぐ県道126号沿いにある「銚子電鉄ぬれ煎餅駅」は、実際の駅ではない。銚子電鉄の廃線危機を救った「奇跡のぬれ煎餅」として全国的にも有名になった「ぬれ煎餅」を作る工場の直売所だ。「ぬれ煎餅」や「まずい棒(うまい棒のパロディ)」などのヒット商品のほかに、銚子電鉄の写真パネルが飾られた店内には、銚子電鉄のオリジナルグッズが多数販売されており、そのほか銚子の土産になりそうな水産加工品なども販売。店の奥には「ぬれ煎餅手焼き体験コーナー」があり、せんべいの生地を購入し(2枚300円)、自分で好みの焼き具合に焼いて、タレやパウダーをかけて、オリジナルのせんべいを作ることができる(2021年11月現在コロナ禍につき休止中)。鉄道事業がもちろん本業の銚子電鉄だが、今や売り上げの多くは、実はこの「ぬれ煎餅」の販売だ。
    銚子電鉄沿線からは離れているのでバスか車で行く必要がある
  • spot 06
    九十九里浜
    マリンスポーツが盛んなどこまでも砂浜が続く海岸線
    利根川河口の銚子から東京湾の奥まで、さまざまな風景が見られる千葉県の海岸線。ゆるやかにカーブした長い長い海岸線が続く九十九里浜は、千葉の海の代表的なイメージだ。
    九十九里町上空からみた長い海岸線
  • spot 07
    九十九里ビーチタワー
    長い長い砂浜を見渡す巻貝のようなタワー
    不動堂海水浴場に建つ高さ22mの展望台。階段を20段登れば上まで行けるほどの高さだが、すぐ隣にあるライフセーバー(海水浴場監視員)の監視塔を除き、周りをさえぎるものがないのでとにかく見晴らしがいい。九十九里浜はゆるやかに湾曲していて、この辺りはそのいちばん奥に位置しているので、北は屛風ヶ浦から、南は太東岬まで海岸線の端から端まで見渡せる。解放感いっぱいの日中の眺めもいいが、太平洋から日が昇る明け方もすばらしく、「ちば眺望100景」にも選ばれている。初日の出を眺めるポイントとしても人気だ。日没から21時までライトアップされていて、白い展望塔が夜空に浮かび上がる。周辺には名物の焼きはまぐりをはじめ、海産物をメインにした食事処がいくつもあるので、ぜひ寄ってみたい。
    展望台というよりモニュメントといったほうがいいかも
  • spot 08
    海食堂九十九里倉庫
    海のうまみたっぷりのふっくら焼きはまぐりを堪能
    九十九里浜の名物は、はまぐりや赤貝、ながらみなどの貝。はまぐりの旬は5月中旬から8月だが、九十九里浜では通年獲ることができるのでいつでも新鮮なものを味わえる。海岸に並行する県道30号沿いには「焼きはまぐり」を提供する店が並んでおり、そのうちの1件「海食堂九十九里倉庫」は、地元の漁港などから仕入れるさまざまな海の幸を楽しめる人気店だ。メニューは豊富だが目の前の網で焼く「焼きはまぐり」ははずせない。はまぐりを焼き網に置いて3-4分もすると勢いよく貝が開く。うまみたっぷりの貝の汁はこぼさないように皿に移しておこう。特製のたれをかけて、ふたたびグツグツとしてきたら食べ頃。ふっくらとした身をほおばると、口いっぱいに貝のうまみが広がる。ほかには房総の郷土料理「さんが焼き」もおすすめ。これは、アジやイワシを味噌などの調味料と一緒にたたいた「なめろう」を焼いたもの。海食堂九十九里倉庫では、ほたての貝殻になめろうを載せて、自分で網で焼くスタイルなので好みの焼き具合で食べられる。
    「地蛤 中玉(5-9個)」2640円。天然ものなので個数は季節や入荷状況により変わる
  • spot 09
    笠森観音
    日本で唯一の建築を見られる貴重な古刹
    約4万平方メートルの広さを誇る県立笠森鶴舞自然公園のなかにある寺。樹齢千年を超す大木があちこちに見られる自然林のなか、ひときわ存在感を放っているのが、高さ34m、61本の柱に支えられた観音堂だ。
    坂東三十三観音のひとつにもなっている寺
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    鉄道でアクセスする場合、千葉からJR総武本線で銚子まで約1時間45分。千葉発銚子行きは成田線経由の場合もあり、そちらだと所要時間が20分ほど長くかかる。

  2. その2

    九十九里浜に鉄道でアクセスする際もJR総武本線を利用する。線路は海岸と並行して走っているが、各駅は海岸線からかなり離れている。いくつかの駅には路線バスがあるが本数は少なく、公共交通機関での海岸へのアクセスは難しい。

  3. その3

    銚子電鉄も犬吠埼方面へ行くときのアクセスに利用できるが本数が少ないので、同エリアを走る千葉交通のバスも合わせて利用することを考えるといい。

  4. その4

    東京都心から銚子まで車で行く場合、東関東自動車道路の終点である茨城の潮来まで行き、利根川に沿って銚子に入る。京葉道路から千葉東金道路、圏央道を経由で国道126号を使って銚子に向かうルートもあるが、所要時間は大きく違わない。

  5. その5

    海岸沿いには駐車場は多い。公営の駐車場は、夏季、週末以外は無料で開放しているところもある。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

千葉のその他のエリア

+ -
back
open

銚子・九十九里エリア