成田・北総

NARITA / HOKUSO

古い寺社、小江戸の街並み、充実した展示の博物館のある歴史を訪ねる旅が楽しいエリア

千葉県北部、利根川に沿ってのどかな田園風景が広がるエリア。川の向こう側は茨城県だ。その昔、現在の千葉は「総の国(ふさのくに)」と呼ばれており、現在も「総」の字がつく地名は多く、「北総」もそのひとつ。成田は日本の玄関のひとつ成田国際空港があることで知られているが、空港と同じぐらい有名なのが、近くにある成田山新勝寺。年間参拝者数1000万人以上を数え、全国に数多ある寺のトップといわれている。かつて利根川の水運業で栄え、今も江戸時代の風情を残す街並みがある佐原もこのエリアの人気の観光スポット。全国に400以上あるといわれる香取神社の総本社である香取神宮も佐原にある。このエリアでもうひとつ重要な町が佐倉だ。江戸時代、殿様が代々幕府の要職に就いている佐倉藩は、江戸の東の要衝だった。城址には、現在国立歴史民俗博物館が建っている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    成田山新勝寺
    千葉はもとより、関東屈指の参拝者数を誇る寺院
    「川崎大師 平間寺」「高尾山 薬王院」と並ぶ、関東三大本山のひとつ。荘厳な空気に満ちた本堂をはじめ、重要文化財に登録されているいくつもの伽藍が境内に並び、隣接する公園では四季折々の美しい風景を眺められる。
    巨大な総門が参拝者を迎えてくれる
  • spot 02
    成田山公園
    お不動様の庭は広大な自然公園
    新勝寺大本堂に向かって右奥の階段を上ると成田山公園の入り口がある。広さ16.5万平方メートルという広大なエリアは「お不動様の庭」と呼ばれているが、一部は庭と呼ぶにはかなりワイルドな場所もあり、ありのままの自然をいたるところで感じられる。対照的にしっかり整備されたところは、美しい庭園の風景を眺められるので、変化にとんだ散歩が楽しめるスポットだ。のんびりと散策をするだけでなく、江戸時代から現在までの書を中心に、古い時代の古書や中国の拓本類など約6000点のコレクションを所蔵する書道美術館、山水画の風景をイメージさせる池の上のあずまや「浮御堂」、お不動様の庭に突然現れる西洋庭園など、見どころも点在している。錦鯉の泳ぐ池、岩に囲まれた小さな滝など、水の風景に心が癒やされる。
    3つある池のひとつ、「竜智の池」にある浮御堂
  • spot 03
    成田山表参道
    門前町の参道は千葉の隠れたグルメスポット
    日本の表玄関である国際空港を擁する成田は、もともと新勝寺の門前に広がった寺町が始まり。その寺町の雰囲気がいちばん感じられる場所が、江戸時代から庶民の行楽地として栄え、今は国内外から多くの観光客が訪れる表参道だ。
    総門に近づくほど古い建物が多くなる
  • spot 04
    川豊本店
    成田を代表する味を老舗で楽しむ
    成田は江戸時代の庶民にとって代表的な行楽地。旅先でその地の名物料理を食べるのは大きな楽しみのひとつだった。利根川や印旛沼に近い成田は昔から川魚、特にうなぎが名物で、いつからか成田詣ででうなぎを食べるのが定番の旅となっていった。その伝統は続いていて、天然のうなぎが手に入りにくくなった今日でも成田の名物はうなぎ。毎年夏の土用の丑の日に合わせて、約1か月間「成田うなぎ祭り」が行われ、成田市の観光キャラクター「うなりくん」は、うなぎと飛行機の合体キャラだ。表参道周辺にはうなぎ料理を出す店が約60軒あるといわれており、1910年(明治10)創業の川豊は、そのなかの店のひとつ。国の登録有形文化財の本店建物の店先でうなぎをさばく様子は、表参道の代表的な風景として知られている。注文を受けてから焼くので、いつでも焼きたてほくほくのうなぎを食べられる。週末などには行列ができる人気店だが、十分に並ぶ価値のある店だ。
    さばきたて焼きたてのうな重2700円
  • spot 05
    藤倉商店
    懐かしいだけでなく、実用的な道具もいっぱい
    江戸情緒を感じさせる参道沿いには、日本の職人文化を今に伝える店も並んでいる。竹細工、木工品、籐製品を幅広く扱っている藤倉商店もそのひとつ。昔なら普通に使っていた竹や木で作られた道具が、今ではプラスチック製に置き換わっていることは多い。ただ最近は天然素材の質の良い製品を長くていねいに使う人が増えており、そんな人たちが昔から使われてきた竹や木で作られた道具を積極的に使うようになっている。藤倉商店では、伝統の技を受け継いできた職人の作るたくさんの道具が販売されており、その数は3000点以上。直接全国の職人さんと取り引きしているので、ここでしか扱っていない商品も多く、長く使ってきた道具の修理依頼も頻繁にあるという。実用品がメインだが、お土産にもなりそうな雑貨も多数そろえているので、参道の散歩の際に立ち寄ってみたい。
    所狭しとさまざまな商品が並ぶ賑やかな店内
  • spot 06
    なごみの米屋總本店
    表参道のお土産には伝統の和菓子や千葉名物スイーツを
    表参道をゆっくり歩いて楽しむのにぴったりなのが甘いもの。甘味処でひと休みするも良し、お土産に買い求めるのも良し。なかでも土産ものとして沿道で目につくのが「羊羹(ようかん)」と書かれた看板の文字だ。時は明治時代、新勝寺の精進料理の甘味であった栗を使った料理にヒントを得て、米屋の創業者である諸岡長蔵が栗羊羹を日本で最初に作り売り出した。そのおいしさは評判となり、今でも成田のみやげの定番となっている。米屋はそれから参道を代表する和菓子店として、さまざまな和菓子を作ってきた。千葉県を代表するお菓子である「ぴーなっつ最中」もそのひとつ。ピーナッツの甘煮が煉り込まれた餡の入った、かわいいピーナッツ形の最中。全国のピーナッツの約8割を生産する圧倒的なピーナッツ王国千葉のおみやげにぴったりのお菓子だ。
    人気のピーナッツのお菓子を詰め合わせた「千葉めぐり」は箱もかわいい
  • spot 07
    小江戸佐原の町並み
    往時の賑やかな風景を想像しながら歩きたい
    「小江戸」とは江戸情緒が残る古い町並みが保存されたところの呼び名。利根川の水運の要衝として栄えた佐原もそのひとつ。「重要伝統的建造物群保存地区」に登録された町並みを眺めながら散歩してみたい。
    映画のセットのような古い建物が小野川に沿って立ち並ぶ
  • spot 08
    小野川舟めぐり
    江戸の雰囲気を船から味わう30分の船旅
    佐原に行ったらぜひ体験したいのが、町の中心を流れる小野川の船旅だ。30分ほどの短いツアーだが、船頭さんのガイドを聞きながら、歩くのとは異なる目線で建物を眺めると、町の印象がまた違ってくる。目線だけでなく、道路より一段低いところにいることで、車が走る音や町の雑踏が小さくなり、江戸往時の雰囲気をイメージしやすくなるのがいい。スタート地点は伊能忠敬旧宅の前。ここから川を下って、成田線の線路を超えた先の川幅が広くなったところでUターン。利根川の河口までは行かない。川を下るにつれ江戸の建物がだんだんと現代の家屋に変わっていく様はもちろん、川沿いの花壇の手入れをしたり、おしゃべりをしたりする人々の様子が眺められ、住む人の生活が感じられるのがおもしろい。
    川沿いを走る車がよく見えないので古い時代にさかのぼった気分になる
  • spot 09
    伊能忠敬記念館
    佐原の名主から日本の測量の父へ、郷土の英雄を称える記念館
    佐原で手広く行っていた商売を息子に譲って隠居したのが伊能忠敬50歳のとき。それから本格的に測量を勉強し、70歳を超えてからも地図作りに励んだ。忠敬は「人間、やればできる」という好例を示してくれた偉人である。
    記念館横に立つ伊能忠敬の石像と測量の道具「象限儀(しょうげんぎ)」のモニュメント
  • spot 10
    香取神宮
    全国に約400社を数える香取神社の総本社
    その歴史も格式も関東有数の神社であり、千葉県を代表するパワースポット。単に参拝するだけでなく、壮麗な楼門、国の重要文化財になっている本殿など、見事な建築もじっくり眺めてみたい。
    重厚感のある美しい拝殿は国の登録文化財に指定されている
  • spot 11
    房総のむら
    江戸時代の町を歩ける体験型博物館
    見学するだけでなく、全身を使って日本の伝統的な文化や技が体験できる屋外型博物館。体験のラインナップは年間約400種類もあり、通年行われているもの、季節により行われるものまでいろいろ。いつ行っても楽しめるほかにはないユニークな施設だ。
    映画やドラマでも使われるのも納得の本物感がある商家の町並み
  • spot 12
    成田ゆめ牧場
    たくさんの動物との触れ合える歴史ある牧場
    成田空港の北約11kmのところにある、創業が明治時代という歴史ある牧場。近年は動物との触れ合いやさまざまなアミューズメント施設をファミリーで楽しめる観光牧場としてよく知られている。
    高いところに上がりたがるヤギの習性を生かした展示が評判
  • spot 13
    航空科学博物館
    本物のジェット機のエンジン音が響く、誰もが楽しめる展示の数々
    成田空港南側に位置する博物館。飛行機や乗り物に興味がある人はもちろん、古い機体にノスタルジーを感じる旅好きの人まで誰でも楽しめる。
    ボーイング747-400の大型模型が中央に展示されている西棟1階の展示スペース
  • spot 14
    国立歴史民俗博物館
    太古の昔から現代まで日本人の暮らしをたどる博物館
    江戸時代に東の要の藩として徳川譜代の大名が配された佐倉藩。印旛沼の南東の小高い丘の上にあったかつての佐倉藩の城があった場所には、現在日本人の暮らしの歴史をたどる国立博物館が建っている。
    展示室への入り口。日本人の暮らしをたどる歴史の旅が始まる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    佐倉、成田、佐原は千葉発のJR線で結ばれている。成田までの運行本数は多いが、佐原まで行く電車は少ないので、事前に時刻を確認しておきたい。それぞれ離れているので、1日で複数の町を巡るのは難しい。

  2. その2

    成田、佐原は駅から徒歩で見どころに行けるが、JRの佐倉駅から見どころはやや遠い。国立歴史民俗博物館が目的地なら、京成線佐倉駅のほうが便利だ。

  3. その3

    東京都心から車で行く場合、東関東自動車道を利用する。成田へは空港の出口ではなく、ひとつ手前の富里で下りたほうがスムーズ。

  4. その4

    正月の成田の新勝寺と佐原の香取神宮、7月と10月の佐原の大祭(ユネスコ無形文化遺産)の期間中は特に混雑するので、注意が必要。

recommend spot

関連記事

記事一覧

千葉のその他のエリア

+ -
back
open

成田・北総エリア