東部エリア

EASTERN AREA

小麦の産地で麺類の食べ歩きを楽しもう

栃木県、茨城県と接する東部エリアは独特の文化圏となっている。特筆すべきは麺類のおいしさ。良質な小麦の産地であり、水にも恵まれ、うどんをはじめ麺類が特産になっている。桐生市は「ひもかわ」という幅広のうどんを提供する店が多く、幅が10cmを超える一反木綿のような麺もある。太田市は焼きそばの街。「十店十麺」と称され、決まりがないのが特徴。真っ黒な極太麺があったり、極細麺で勝負する店もある。館林市はうどん。手打ちや乾麺、さまざまな麺がそろう。加えて、この3市は近くの栃木県佐野市の影響で手打ちラーメンの名店も多い。桐生が丘公園(桐生)、金山城址(太田)、つつじが岡公園(館林)など観光スポットも多くあるが、麺類を食べ歩きしながら歴史ある街を散策したい。桐生から足尾町を結ぶ「わたらせ渓谷鉄道」はトロッコ列車を走らせる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    岩宿博物館
    旧石器時代にタイムスリップ! 太古のロマンが詰まった博物館
    日本に旧石器時代が存在した――その事実を初めて証明したのがみどり市笠懸町(かさかけまち)にある岩宿遺跡(いわじゅくいせき)だ。遺跡に隣接する岩宿博物館は、旧石器時代(岩宿時代)に特化した常設展示で、訪れた人を太古の世界へと誘ってくれる。
    展示室には迫力満点のマンモスゾウの全身骨格が鎮座する
  • spot 02
    わたらせ渓谷鐵道
    100年以上の歴史を誇るローカル線でレトロな鉄道旅を楽しむ
    「わ鐵(わてつ)」の愛称で知られる「わたらせ渓谷鐵道」は、群馬県の桐生(きりゅう)駅と栃木県の間藤(まとう)駅を結ぶ全長44.1㎞のローカル線。渡良瀬川の渓谷美を楽しめる観光路線として人気を集めている。
    あかがね色の普通列車「わ89形」。ツートンカラーの新型車両もある
  • spot 03
    富弘美術館
    やさしくも力強い詩画作家・星野富弘の世界を堪能
    わたらせ渓谷鐵道「神戸(ごうど)駅」から路線バスで約10分。草木湖に面したモダンなたたずまいが目をひく富弘美術館。24歳のときに不慮の事故で手足の自由を失いながらも、口に筆を加えて絵と詩を制作し続けている、みどり市出身の詩画作家・星野富弘さんの作品を展示している。シャボン玉をイメージしたという館内は、ロビーや展示室などすべて円形の部屋が連なる珍しい造り。やわらかな曲面の壁が、やさしく作品を包み込む。身近な植物や動物を繊細に描いた絵には、生きる喜びや幸せが言葉で添えられており、作品と向き合ううちにじんわりと心が温かくなってくる。ガラス張りの休憩室やカフェからは草木湖の豊かな自然を望むことができ、美術館の周辺には遊歩道も整備されている。詩画を鑑賞したあとは、のんびり散策を楽しみたい。
    美しい山並みをバックに建つ
  • spot 04
    小平の里
    洞窟探検に水遊び。家族で自然を満喫!
    みどり市の天然記念物に指定されている鍾乳洞(しょうにゅうどう)をはじめ、親水公園、キャンプ場、植物園とさまざまな顔を持つ「小平の里」。大人から子どもまで満足できる自然体験スポットだ。親水公園の西側には小平川(おだいらがわ)が流れ、夏場は水遊びを楽しむファミリーで大賑わい。園内には人工の小川も整備されているので、小さい子どもの水遊びデビューにぴったりだ。鍾乳洞エリアは親水公園から歩いて5分ほど。1874年(明治7)に発見されたのち10年ほどで入り口が埋まり幻の鍾乳洞といわれていたが、1984年(昭和59)に再発見された。洞窟内は1年を通して16-17℃に保たれ、夏は涼しく冬は暖かい。全長93mと短いものの学術的に貴重で、天井から格子状に垂れ下がる「ボックスワーク」は日本では非常に珍しい鍾乳石だそう。音声ガイドを聞きながら自然の神秘をじっくりと観察しよう。
    浅瀬が多いが少し深くなっている箇所もある。年齢に応じて遊ぶ場所を選ぼう
  • spot 05
    アースケア桐生が岡遊園地
    入園無料! 遊園地と動物園を一度に楽しめる魅惑のスポット
    桐生市街地の自然豊かな丘陵地に建つ「アースケア桐生が岡遊園地」。「未来へはばたけ 山田製作所桐生が岡動物園」が隣接し、ともに入園料、駐車料金は無料。一日たっぷり遊べて財布にやさしい、ファミリーにはたまらないスポットだ。
    小さな子ども連れが多くほのぼのとした雰囲気が漂う
  • spot 06
    ふる川の「ひもかわうどん」
    これがうどん? インパクト抜群の幅広麺
    インパクト抜群の幅広麺がメディアで話題を呼び、桐生を代表するご当地グルメとなった「ひもかわうどん」。名前の由来は諸説あるが、きしめんのルーツである愛知県の「芋川(いもかわ)うどん」がなまったとする説が有力だ。「絹織物の産地として栄えた桐生において、機屋で忙しく働く女性に、時間がなくても食べられる幅広のうどんが重宝されたそうです」と話すのは、週末には行列ができる人気店「ふる川」の3代目店主・古川聡(さとし)さん。麺の幅はお店によってさまざまだが、「ふる川」のひもかわうどんは約12㎝と圧倒的な存在感を放つ。厚みは2〜3㎜。つるりとなめらかな舌触りと、もっちりと食べごたえのある食感が共存する。豚肉のうまみがつゆに溶け込んだ「肉なすつけ汁」などバラエティ豊かなつけ汁も同店の魅力。食べる際には汁がはねないように注意が必要。心配ならば紙エプロンが用意されているのでリクエストしよう。
    反物のようにていねいに折りたたんで供される
  • spot 07
    志多美屋本店の「ソースかつ丼」
    大正時代から受け継ぐ秘伝のタレ
    甘辛いタレをまとったヒレかつが、ホカホカのご飯の上に鎮座する。桐生で「かつ丼」といえば、「ソースかつ丼」のこと。2018年(平成30)にはソースかつ丼を提供する店が集まって「桐生ソースかつ丼会」が発足。名物グルメとして町の活性化にひと役買っている。定義は、豚ヒレ肉を使用することと、ご飯の上にキャベツを載せないこと。ソースは各店のオリジナルだ。\桐生ソースかつ丼の元祖といわれる「志多美屋本店」は、大正時代から伝統の味を守る。ルーツはウナギ屋で、ウナギのタレにウスターソースを合わせ、カツをくぐらせて丼として提供したのが始まりなんだそう。「飽きのこない味で手軽に食べられることから、昔は織物工場によく出前をしていたそうです」と3代目店主・針谷(はりがい)智之さん。かつはやわらかくジューシー。衣には乾燥度の高い特製パン粉を使っているため、タレにくぐらせてもカリカリ感が残る。ソースが染みたご飯も格別のおいしさだ。
    創業から変わらぬ味が愛されている「ソースかつ丼」
  • spot 08
    有鄰館
    町歩きの拠点に歴史と文化が香る11の蔵群
    江戸時代から大正時代に建築され、酒や味噌、醤油の醸造・保管に使われていた蔵が立ち並ぶ「有鄰館」。桐生の歴史と文化が紡ぎ出した魅力あふれるスポットだ。
    重伝建地区のシンボル的存在
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    都心からは東武伊勢崎線が通っている。特急の「りょうもう号」を使えば、館林市まで1時間強、太田市や桐生市まで1時間半前後で着く。

  2. その2

    桐生市は東武線のほか、JR両毛線、わたらせ渓谷鉄道の駅がある。栃木県からのアクセスもいい。

  3. その3

    高速道は東北道の館林IC、北関東道の太田藪塚、太田強戸、太田桐生の各ICを使う。

  4. その4

    館林市に近い千代田町と利根川を挟んだ対岸の埼玉県熊谷市を結ぶ「赤岩渡船」がある。主要地方道熊谷・館林線の一部で毎日運航している。料金は無料。時間に余裕があれば乗ってみては。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

群馬のその他のエリア

+ -
back
open

東部エリア