金山城跡

城/城址

金山の自然を利用した巨大な要塞

標高239mの金山を利用した城跡。城主は新田岩松氏、横瀬由良氏、小田原北条氏で文明元年(1469)築城、天正18年(1590)に廃城となった。自然地形を利用した山城の一つでありながら、石垣や石敷きが多用されているのが特徴だ。これにより関東の山城には本格的な石垣はないとされた城郭史の定説を覆したといわれている。山麓には史跡金山城跡ガイダンス施設および金山地域交流センターがある。

スポット詳細

住所
群馬県太田市金山町40-106ほか
エリア
東部エリア
電話番号
0276251067
時間
日中のみ
休業日
無休
料金
無料
駐車場
あり(36台)
※山上の金山城の西城にある市営無料駐車場
クレジットカード
不可
備考
※電話番号は[太田市立史跡金山城跡ガイダンス施設]に繋がります。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          東部エリアのおすすめスポット

          群馬のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました