坂出・丸亀

SAKAIDE / MARUGAME

昔ながらの産業と近代化の両面を感じられるエリア

香川県の中西部に位置し、県庁所在地である高松市に次ぐ第二の都市である丸亀市と、瀬戸内海に接し本州と四国を結ぶ瀬戸大橋の四国側の玄関口である坂出市。両市とも高知県や愛媛県との県境に近く、四国内のハブ的な街でもある。丸亀城を中心に配された丸亀市は、金比羅山への参拝口で、そのお参りの土産ものの一環として始まったのが、丸亀うちわ。竹から手作業でうちわを生み出していく伝統工芸士が多数存在するなど、一大産業として定着し、現在でも生産量は全国の約9割と日本一を誇る。ほかにも農業が盛んで、おもな生産物は米や野菜、菊など。一方の坂出市は、北部が埋立地・干拓地になっており造船や科学工業などの製造業や、運輸業など四国の玄関口ならではの産業が多い。瀬戸大橋の架かっている与島や櫃石島、岩黒島、小与島、鍋島、小瀬居島、羽佐島、歩渡島、三つ子島、室木島、小裸島など塩飽諸島も坂出市に属する。両市ともに香川県を語るうえでかかせないさぬきうどんの製麺所が市内各所に点在し、看板を出さないで営業する地元民だけに知られているような隠れ家的老舗も多いので、掘り当てる楽しみのあるエリアだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    瀬戸大橋記念公園
    本州と四国を結ぶ瀬戸大橋のたもとで、その歴史を知る
    世界に誇る長大橋群の完成を記念して、架橋の意義や歴史を後世に伝えるために整備された公園。巨大な造形美瀬戸大橋を背景に、さまざまな広場や展示場が配されており、憩いの場として地元の人たちに親しまれている。
    正面入り口から入園すると、瀬戸大橋を模した噴水と水の回廊がお出迎え
  • spot 02
    瀬戸大橋タワー
    瀬戸内海をぐるりと一望できる、約10分間の空中散歩
    瀬戸大橋記念公園内、そして瀬戸大橋のたもとにある「瀬戸大橋タワー」は高さ昇降108m、地上からは最大132mの高さまで到達する回転式展望タワー。1988年(昭和63)に完成してから一度はその座を譲ったこともあるが、現存し運行しているものとしては世界一の高さを誇る。ドーナツ型で外側を向くように配置された展望席は100席。瀬戸大橋についての説明アナウンスを聴きながら上昇し、最も高い地点に到達したところでゆっくりと3回転するので、瀬戸内の島々や、坂出市の街並みまで360度どの方向からも周辺の景色を堪能できる。
    世界一の高さを誇る回転式展望台がゆっくりと上空へ
  • spot 03
    五色台
    瀬戸内の島々が織りなす絶景ドライブ
    眼下に広がる瀬戸内海の小さな島々や瀬戸大橋の全貌を眺望することができる五色台スカイライン。坂出市と高松市の市境を走る香川県道281号に沿って、道中にはいくつかの展望台が設置されており、四季折々の景色を楽しむことができる。
    天気の良い日は岡山まで一望できる五色台からの瀬戸大橋
  • spot 04
    四国水族館
    身近な水景をリアルに再現した、新しいスタイルの水族館
    2020年(令和2)にオープンした、四国の次世代型水族館。四国の水景に特化した展示は、その海や川に生息する生き物だけではなく、時間や四季折々の景色まで再現されており、この地にあるからこその地域文化が感じられる展示になっている。
    海辺に立つ白い建物が青空に映える
  • spot 05
    香川県立東山魁夷せとうち美術館
    四季折々の自然を愛した瀬戸内ゆかりの日本画家の美術館
    坂出市とゆかりの深い日本画家・東山魁夷の版画作品寄贈を受け、瀬戸大橋を望む海辺に設立された美術館。所蔵作品の展示のほか、画伯や画伯ゆかりの日本画家の作品展示を通じて積極的なアート交流を行う。
    香川県の県木でもあるオリーブと直線的な外観のコントラストが美しい
  • spot 06
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
    猪熊弦一郎のこだわりが細部まで散りばめられた美術館
    丸亀市ゆかりの画家・猪熊弦一郎の全面的な協力のもと、市制施行90周年記念事業として1991年(平成3)に開館。自身の作品はもちろん、現代美術に市民が気軽に触れ、感性や想像力をはぐくむことを目指した施設になっている。
    壁画、オブジェ、ファサードまで計算し尽されている
  • spot 07
    丸亀城
    天守から瀬戸内海を望む、石垣の名城
    累計で日本一の高さを誇る石垣は圧巻! 江戸時代初期の最高水準の技術をもって、独特の反りをもたせ緻密に積み上げられた石垣の上に建てられ、小さくとも存在感を放つ天守からは丸亀の街を一望できる。攻め入ることが困難だった「日本100名城」のひとつ。
    美しく積み上げられた石垣の上に鎮座する天守
  • spot 08
    がもううどん
    讃岐うどん文化を支えてきた、四国の玄関口坂出の名店
    温暖な気候で晴天が多く、農作物の栽培がさかんな香川県。稲作の合間に小麦の栽培を行ってきたが、水不足と付き合っていくなかで小麦の栽培が盛んになったことから、うどん文化が発達したといわれる。本州との玄関口となる坂出市は1988年(昭和63年)に瀬戸大橋が開通したことから、讃岐うどんを目指して香川県を訪れる来客の目的地となり、代表的な地域としても知られるようになった。なかでも人気の「がもううどん」は坂出ICから車でおよそ10分ほどの田んぼと住宅街のなかに、ポツリとたたずむ店。1959年(昭和34年)の創業以来、変わらない味で早朝から地元民のお腹を満たしてきた。店に入ったら入り口で麺を注文しお金を払ってから、自分で出汁をかけるセルフスタイル。つるりとした食感の細めの麺と、あっさりながらもコク深いカツオベースの上品な出汁が良く合う。毎日食べても飽きないようにと、計算しつくされた一杯を求めて足を運ぶ人が多い。天気の良い日は野外席で豪快にすするのも気持ちが良い。
    毎日食べても飽きないやさしい出汁で味わうかけうどん
  • spot 09
    うちわの港ミュージアム
    日本一のうちわの魅力と歴史を学ぶ
    日本一のうちわの生産を誇る丸亀市。国の伝統的工芸品でもあるその「丸亀うちわ」の歴史を伝え、貴重な文献や道具などを展示する総合博物館。館内では伝統工芸士などによるうちわ作りの実演を間近で見ることができる。
    うちわを模した看板と円形の建物が目印
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    このエリアを探索するなら車がオススメ。海に面した絶景や瀬戸内海全域を展望できるドライブスポットがたくさん存在する。

  2. その2

    高松市から坂出市までは国道11号経由で約30分程度、坂出市から丸亀は15分程度と近距離なので同時に周遊することも可能だ。

  3. その3

    美術館や水族館などアート関連の施設も充実。ゴールドタワーや瀬戸大橋記念公園など家族で過ごすのにぴったりのスポットも多数ある。

  4. その4

    瀬戸大橋の架かっている与島にはSAがあり、坂出側に向かっての瀬戸大橋を見ることができるビュースポットもある。それ以外の塩飽諸島群は定期航路がなくチャーター便が必要な場所もあるので、渡るなら予約が必要。

recommend spot

関連記事

記事一覧

香川のその他のエリア

+ -
back
open

坂出・丸亀エリア