小豆島

SHODO ISLAND

豊かな自然と文化が息づく、国内オリーブ栽培発祥の島

瀬戸内海国立公園の中心に位置する小豆島。人口3万人弱が暮らす、瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きな島だ。国内のオリーブ栽培発祥の地としても知られ、島内のいたるところで目にするのがオリーブ畑。島内産のオリーブは、オリーブオイルのほか化粧品などにも加工され、醤油や佃煮、素麺とともに島の代表的な特産品になっている。約1300万年前の火山活動によってできた小豆島は、周囲を囲む海だけでなく急峻な斜面や豊かな森、瀬戸内海で最も高い山「星ヶ城(ほしがじょう)」などがあるほか、良質な石の産地ともなっていて、離島ながらさまざまな地形や景観が楽しめるのも魅力。また、瀬戸内国際芸術祭の舞台としても知られ、近くの直島や豊島(てしま)と合わせてアート巡りを楽しむ観光客も多い。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    道の駅 小豆島オリーブ公園
    約2000本のオリーブ畑に囲まれたフォトジェニックな公園
    温泉やレストラン、雑貨店などさまざまな施設を有する道の駅。海を見下ろす丘陵地にあり、南向きの斜面にはオリーブの畑、その向こうには青い海と空が開ける、まさに小豆島らしい景観を楽しめる。
    オリーブ畑を抜けた先に見えてくるギリシャ風車
  • spot 02
    小豆島オリーブ園
    国内オリーブ栽培発祥の地で、自分だけのオリーブオイル作り
    1917年(大正6)から100年以上にわたりオリーブを育て、良質なオリーブオイルを作り続けているオリーブ園。ミモザやジャスミンなど季節ごとに咲く花も見どころで、敷地内のあらゆる場所で絶景を写真に収めることができる。
    1917年(大正6)に植樹された苗木は、樹齢およそ100年。今でもたわわに実をつける
  • spot 03
    寒霞渓
    1300万年前の大地のエネルギーを感じる壮大な渓谷美
    小豆島随一の紅葉の名所として知られる寒霞渓。約1300万年前の火山活動と長年の風雨の浸食によってできた複雑な地形が、四季それぞれに織りなす豊かな景観を楽しませてくれる。
    鷹取展望台からの景色
  • spot 04
    エンジェルロード
    潮の満ち引きがつくり出す、不思議で神秘的な砂の道
    美しい景色はもちろんのこと、潮が引いたときだけ砂浜が現れる、その神秘性から恋人の聖地にも認定されている場所。満潮時は砂の道が完全に消えてしまうので、道が現れる時間を事前に調べてから訪れよう。
    展望台から眺めるエンジェルロード。写真は砂浜がかなり広い時間帯のもの
  • spot 05
    中山千枚田
    小豆島のほぼ中央部に広がる、懐かしい里山の風景
    小豆島町中山地区に広がる約800枚の棚田。湯船山(ゆふねさん)の湧き水に支えられて続いてきた米作りと棚田の風景は、後継者不足に悩まされながらも、棚田オーナー制などにより地域全体で守られ続けている。
    「日本の棚田百選」に、香川県で唯一選ばれている
  • spot 06
    こまめ食堂
    棚田の景色を眺めながら、棚田で育った米を味わう
    2010年(平成22)夏、瀬戸内国際芸術祭のオフィシャルショップとしてオープンした食堂。目の前の棚田で育った米を湯船山(ゆぶねさん)の湧水で炊いて作ったおにぎりをメインに、地元の食材を使った定食を味わうことができる。棚田の風景にしっくり溶け込む建物は、かつて地域の精米所だったもの。店内にはその頃の様子を伝える道具が残されており、まるで昭和の時代に戻ったかのような非日常の空間になっている。おにぎり定食のほかにも、小豆島オリーブ牛ハンバーガーやそうめん定食など、島の特産品を味わえるメニューがそろっているので、複数人で訪れた際はシェアして楽しみたい。島で採れたフルーツの自家製ジャムを使ったマフィンやドリンクは、テイクアウトしてドライブのお供にするのもおすすめだ。
    棚田のおにぎり定食1380円
  • spot 07
    二十四の瞳映画村
    昭和の時代に迷い込んだようなレトロ体験を
    映画『二十四の瞳』のロケセットを利用した観光施設。映画のシーンを思い出す数々のセットや小道具が見られるほか、映画を知らない世代の人も、レトロな空間で古き良き昭和の文化を感じることができる。
    映画村のシンボルである木造校舎には、1987年(昭和62)の映画撮影当時をしのばせる小道具も展示されている
  • spot 08
    岬の分教場
    子どもたちが実際に使っていた教室が今も残る
    小説『二十四の瞳』の舞台になった、苗羽(のうま)小学校田浦(たのうら)分校の校舎。1902年(明治35)に建てられた瓦葺平屋建ての校舎で、教室のほかに教員住宅がある。1971年(昭和46)に廃校になるまで実際に学校として使われており、1954年(昭和29)公開の高峰秀子主演映画『二十四の瞳』はここで撮影された。それをきっかけに「教育の聖地」と呼ばれるようになり、教員をはじめ全国から多くの人が訪れるようになったほか、教育や学校に関する展示なども定期的に行われている。教室内には当時の掲示物やオルガンなどもそのまま残されており、子どもたちが生きいきと学んでいたその様子が思い起こされるようだ。若い世代の人たちには、今とはまったく違う昭和初期の校舎がとても新鮮に感じられるだろう。
    二十四の瞳映画村から約700m離れた場所にある
  • spot 09
    マルキン醤油記念館
    100年以上前の歴史ある蔵で、かつての醤油造りを学ぶ
    小豆島の醤油造りの歴史や醤油の製造方法について、詳しく学べる記念館。内部には実際に使われていたさまざまな道具や設備が展示されている。見学のあとは隣接する売店で名物「しょうゆソフトクリーム」を。
    昔の道具やパネルを使ってわかりやすく展示している
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    小豆島にあるフェリーの港は土庄、大部、福田、坂手、池田の5つ。高松や岡山、姫路などからアクセス可能だ。詳しいダイヤや料金などは、各フェリー会社のウェブサイトをチェックして。

  2. その2

    レンタサイクルを扱う港や宿泊所もある。しかし小豆島は海岸線の国道でもアップダウンがあるので、借りるなら電動自転車がおすすめだ。また、道が細いところもあるので、レンタカーを借りる場合、運転に自信のない人は小回りのきく小型車が扱いやすいだろう。

  3. その3

    シーカヤックやSUPといった海のアクティビティができる施設も多数。そのほか、ハイカーやサイクリストにも人気の島で、自転車で小豆島を一周することを「マメイチ」と呼ぶ。

  4. その4

    エンジェルロードに行くならまず潮見表をチェック。その時間を決めてから、前後の旅程を組むとムダなく動けるだろう。バスやレンタサイクルでも移動は可能だが、多くのスポットをまわりたいならやはり車があったほうが動きやすい。

  5. その5

    豊島へは直通のフェリーがあるので車で渡ることも可能。直島へは直通便がないので、岡山県の宇野港もしくは香川県の高松港を経由して渡ろう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

香川のその他のエリア

+ -
back
open

小豆島エリア