阪神間

BETWEEN OSAKA AND KOBE

多くの文豪や財閥が暮らし、独自の文化を築いた「阪神間モダニズム」の息づくエリア

尼崎市と神戸市に挟まれた、六甲山の南山麓に開けている通称・阪神間は、明治から大正、昭和初期にかけて在阪の財閥が移り住み、谷崎潤一郎や井上靖、山口誓子など多くの文豪も暮らしていた地域。日本で最初の河川公園に指定された夙川周辺には高級住宅地が誕生し、芸術性を感じさせる建物が点在、アートの風も吹いた。このような独自の文化的雰囲気は「阪神間モダニズム」とも呼ばれ、今も当時の香りを感じさせる町並みは、散策するだけでも楽しい。六甲山の伏流水に恵まれた南の海沿いには、江戸時代から酒造りで栄えた灘五郷がある。誰もが知る日本酒メーカーの蔵が並び、それらを見学して歩くのもおもしろい。北へひと足延ばせば、タカラジェンヌで知られる宝塚。どこを訪れてもオンリーワンの文化に出合える、それが阪神間の魅力だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    尼崎城
    約150年の時を経て再建された尼崎の新たなシンボル
    1617年 (元和3)、譜代大名・戸田氏鉄(うじかね)が築き、大坂の西の守りとして幕府から重要視されていた尼崎城。再建され、現在5階建ての城内には、楽しく歴史を学べるコンテンツが多数用意されている。
    尼崎を愛する市民の声から再建された尼崎城
  • spot 02
    西宮神社
    毎年約5000人が参加する福男選びで有名な、えびす神社の総本社
    商売繁盛の神・えびす大神を祀り、「えべっさん」として親しまれる西宮神社。毎年1月9日から11日に行われる「十日えびす」は100万人もの参拝者が訪れ、なかでも10日早朝に行われる「開門神事福男選び」が有名だ。
    全国に約3500あるえびす神社の総本社
  • spot 03
    西宮市大谷記念美術館
    水と緑の調和が美しい日本庭園を持つ美術館で非日常を楽しむ
    故・大谷竹次郎氏が愛蔵した数々の美術作品を公開するべく始まった美術館。年数回行われる展覧会はもちろん、青々とした緑と流れる滝を楽しめる優美な庭園を持つ美術館として親しまれている。
    この庭園を目当てに海外から訪れる人も
  • spot 04
    西宮能楽堂
    初心者にも親しみやすい能公演を目指して
    昔から結婚式などで謡われてきたおめでたい能の演目「高砂(たかさご)」の物語にも出てくる、「鳴尾」の地にある西宮能楽堂。初心者にもやさしい、観るだけでなく参加して楽しむ舞台となっているので、日本の伝統文化を気軽に体験できるはず。
    伝統的な様式で造られた立派な舞台
  • spot 05
    宝塚市立手塚治虫記念館
    日本を代表する漫画家・手塚治虫の世界を体験できる記念館
    物心のつく5歳から24歳までの多感な時期を宝塚で過ごした手塚治虫。彼が唱え続けてきた「自然への愛と生命の尊さ」をテーマに設立されたのが、この記念館だ。作品展示のほか、貴重なアニメ上映や作品制作も楽しめる。
    ヨーロッパの古城をイメージした外観
  • spot 06
    宝塚大劇場
    一度は観劇してみたい! 華やかな宝塚歌劇の舞台
    宝塚市といえばやはり有名なのは「宝塚歌劇」。その専用劇場となる宝塚大劇場には、豪華な衣裳で撮影できるスタジオなど観劇以外にも楽しめるスポットがたくさん。長年愛される宝塚歌劇の世界観を体験しよう。
    白壁にレンガ色の屋根が印象的な外観
  • spot 07
    灘五郷
    神戸市・西宮市の沿岸部に栄えた「日本一の酒どころ」
    灘五郷は、西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の5つの地域からなる日本でも有数の酒どころ。酒造りに適した風土に恵まれたことから、灘五郷を含む兵庫県は清酒生産量で全国1位を誇る。
    米や水はもちろん、気候や職人の技も重要(写真:酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館))
  • spot 08
    酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)
    日本にただひとつの「日本酒」と「さくら」の博物館
    「生活文化遺産である酒造りの歴史を後世に正しく伝えること」を目的に設立された酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)。旧辰馬本家酒造本蔵を利用した「酒蔵館」と、モダンなレンガ張りの「記念館」の2棟で構成されている。瓦屋根の門をくぐった先にある「酒蔵館」は、映像資料や昔ながらの酒造道具の展示を通して、伝統的な酒造りの手法を学べる施設。館内には、酒米を蒸していた釜場跡など貴重な遺構も残っており、映像と合わせて先人たちの酒造りの様子が想像できる。もうひとつの「記念館」には、企画展示室、酒資料室、笹部さくら資料室があり、季節ごとにさまざまな展示を開催しているので、再訪時も新鮮な気持ちで楽しめるのがうれしい。隣接して蔵元直営ショップ「白鹿クラシックス」もあるので、そこでしか手に入らない限定酒や原酒をお土産に買って帰るのも忘れずに。
    立派な酒蔵館の外観(長屋門)
  • spot 09
    神戸酒心館
    海外からの評価も高い「福寿」の歴史を見て触って食べて学ぶ
    1751年(宝暦元)に創業した神戸酒心館は、昔ながらの手造りにこだわる酒蔵。青いボトルでおなじみの「福寿 純米吟醸」は、フレッシュな果実となめらかな米のうまみを味わえ、ノーベル賞の公式行事で提供されるなど海外でも高く評価されている。その「福寿」を造る福寿蔵では、日本酒を仕込む大きなタンクの見学や原料となる米の展示など製造工程や酒造りのこだわりを学ぶことができるセルフ蔵見学を実施。次に東明蔵(とうみょうぐら)へ移動したら、入り口すぐの所にある酒造りビデオを鑑賞しよう。また、併設された蔵元ショップには、蔵出しの日本酒や女性人気の高いスパークリングの純米酒など日本酒好きからビギナー向けまで多彩な商品がそろい、なかでも日本酒を使ったお菓子はお土産にぴったり。施設内にはほかにも、日本酒とともに地元の旬の食材を味わえる「蔵の料亭 さかばやし」があり、ゆったりとお酒を楽しみたい人はぜひ利用してみては。
    軒先には新酒ができたことを知らせる酒林が
  • spot 10
    白鶴美術館
    白鶴酒造7代目当主・嘉納治兵衛が設立した私立美術館
    季節の移ろいを豊かに感じられる六甲山のふもと、住吉川のすぐそばに位置する白鶴美術館。世界的に価値のある中国と日本の古美術品を鑑賞できるほか、建物自体も神戸を代表する昭和の名建築だ。
    和風建築に見えるが内装には西洋風の要素が
  • spot 11
    六甲アイランド
    洗練された建物と豊かな自然が共存する近代的な人工島
    商業施設、美術館、ホテルなどがそろう近代的な人工島。神戸市の海上都市計画のもと造られた総面積5.8㎢という広大な敷地には、親水公園や島を囲む緑道、リゾート地のような海浜公園もあり、ゆったりと過ごせる。
    六甲ライナーの下を流れる人工河川
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    阪神間の南側は東西に阪急電鉄、JR、阪神電車が走っているので、アクセスが便利。車の場合は阪神高速3号神戸線を利用。

  2. その2

    宝塚へ向かう際は、電車の場合大阪からJR、阪急電鉄で、車の場合は中国自動車道宝塚ICが最寄り。

  3. その3

    六甲アイランドへは、JR住吉駅から神戸新交通六甲ライナーでアクセス。

  4. その4

    尼崎城は阪神尼崎駅より徒歩すぐ。西側の寺町と一緒に訪ねると、歴史に深く触れられる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

兵庫のその他のエリア

+ -
back
open

阪神間エリア