三田・丹波・篠山

SANDA / TAMBA / SASAYAMA

世界を魅了するショコラに出合える三田、日本の原風景を存分に満喫できる丹波・篠山。

神戸市から北へ、六甲山系の山々を抜けると三田市、その先に丹波篠山市がある。古くから農産物の一大生産地として知られてきたこのエリアは今、場所ごとに異なる個性があり、兵庫県の深みを感じさせる地域となっている。三田市では世界的に有名なパティシエのショコラが味わえ、また、三田市からほど近い神戸市北区には大型アウトレット施設がある。丹波篠山市では、のどかな郷の風景のなかに、民藝や古き良き日本に触れられる施設が点在している。特に丹波篠山では歴史や自然、文化などをしっかりと感じるため、時間を割いてぜひ街の散策も楽しんでみたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    神戸三田プレミアム・アウトレット
    西日本最大級規模を誇るアウトレットセンター
    「開放感のあるプレミアムな大人の街」をコンセプトにした大型アウトレット。ショッピングやグルメを楽しんだら、近隣の立ち寄りスポットにも足を延ばして三田周辺を遊び尽くそう。
    アメリカの高級住宅地をイメージした大人の街並み
  • spot 02
    道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢
    北区の農産物や神戸名物が勢ぞろいする道の駅
    ホテル、遊園地、温泉などを併設する、西日本最大級の道の駅。なかでも注目は、地産地消&農業促進をテーマした「FARM CIRCUS(ふぁーむ さーかす)」。地元食材を使ったメニューが自慢のフードコートやマーケットを併設し、春はイチゴ、夏はスイートコーン、秋は北神栗カボチャ、冬はちぢみホウレンソウなど、北区の季節の農産物を味わい尽くせる。訪れたなら、六甲山ミルクのソフトクリームに自家製ジャムを練り込んだ「神戸いちごのソフトクリーム」をぜひ。濃厚なミルクソフトとイチゴの甘酸っぱさが絶妙で、イチゴジャムのつぶつぶ感もいいアクセントとなっている。人気のある「いちごソーダ」と一緒に。イベントも充実していて、苺やトマト、お米などの地元特産物品をテーマにしたイベントなど、季節の農産物を主役にしたイベントを3、6、10月に開催予定。そのほか、旬の野菜を使った調理体験の食育イベントにも注目を。
    「いちごソーダ」510円、「神戸いちごのソフトクリーム」459円
  • spot 03
    ROZILLA
    大人の秘密基地がコンセプトのショコラトリー
    大人の秘密基地をイメージしたチョコレート専門店。小山シェフの幼少期の思い出が詰まった路地裏と、夢中になった映画『ゴジラ』が店名の由来となっている。「想像力を働かせれば、何にでもなれる」というシェフの思いが込められた空間は、好奇心がそそられる、魅惑のチョコレートの世界。多彩な商品のなかでも人気が高いのは、シェフのスペシャリテであるチョコレートサブレ「円(まどか)」(320円-)。ホロホロ食感のサブレとミルクチョコレートでシンプルに仕上げた。そのほか、厳正な温度管理がなされるボンボンショコラの専用の販売ブース「1000‰(パーミル)」には、世界のカカオと相性のいい素材を組み合わせた約30種のショコラが並ぶ。いずれもこだわりの逸品ばかりだ。店内には、胎内をイメージしたというセミナースペース「a.ZITTO(あじと)」も併設。地上とつながる天窓にも注目を。
    高級感あふれる店内には自然・人・時を象徴するモチーフが随所に
  • spot 04
    夢先案内会社 FANTASY DIRECTOR
    ゲストの自由な発想をカタチにするデコレーションケーキ専門店
    誰もが子どもの頃に憧れた「お菓子の家」。そのお菓子の家の夢を叶えるべく、2017年(平成29)にデコレーションケーキの専門店としてオープン。重厚な扉を開けて入ると、シンプルな外観からは想像できないファンタジーな世界が広がる。ショーケースには、ショートケーキをはじめ、動物をモチーフにしたキュートなケーキやフルーツタルトなど色鮮やかなケーキが並び、心が弾む。店を代表する「Fantasy Dream-2段生クリームデコレーション-」は、ケーキが2段に重なった、夢のようなイチゴのデコレーションケーキ。弾力がありながらシュワッと溶けるようなジェノワーズ生地と、軽い口溶けの生クリームのバランスが絶妙だ。宝石のようにあしらったマカロンのデコレーションもポイントで、特別な日に楽しむのにぴったりなデザイン。オーダーメイドで注文もできるが、ショーケースのケーキの購入もできる。
    扉を開けるとデコレーションケーキの別世界が!
  • spot 05
    兵庫県立有馬富士公園
    有馬富士をシンボルとした兵庫県内最大級の都市公園
    標高約374mの有馬富士の雄大な自然を感じられる公園では、四季折々の花々で彩られるガーデンや福島大池を散策するのがおすすめ。棚田や茅葺き民家など昔ながらの日本の原風景を感じられるのも魅力だ。
    有馬富士を背景に広がる福島大池
  • spot 06
    兵庫県立 人と自然の博物館
    国内最大級規模の自然史系博物館
    広大な公園と一体となった、地元で親しまれ続けている博物館。兵庫県に生息する野生動物や水中の生き物、植物など兵庫県の自然を楽しく体験しながら学んだら、緑いっぱいの公園で思いきり遊ぼう。
    化石から推定された姿とともに展示される「丹波の恐竜化石産状レプリカ」
  • spot 07
    兵庫陶芸美術館
    美しい丹波焼の世界へ誘ってくれる美術館
    中世から続く「日本六古窯」のひとつである「丹波焼」。丹波篠山(ささやま)の立杭(たちくい)地区にある「丹波焼の里」には、陶磁器専門の美術館や陶芸体験を楽しめる施設などが点在。まず最初に丹波焼の歴史に触れられる美術館へと訪れよう。
    展示棟と管理棟をつなぐ道にはかわいい丹波焼の世界が広がる
  • spot 08
    篠山城大書院
    江戸時代の姿を完全再現し復元した大書院
    篠山城とほぼ同時に建てられた「篠山城大書院」。藩の公式行事などに使用された建物は、明治の廃城令後も城建物のなかで唯一残された貴重な建築物。城跡から読み取れる往時の歴史に思いを馳せよう。
    おもに藩主の生活場所だった二の丸御殿跡と大書院
  • spot 09
    篠山城下町ホテルNIPPONIA
    明治時代の趣が残る城下町の分散型ホテル
    城下町に広がる歴史的建造物などをリノベーションした、新しい分散型ホテル。明治時代に建てられた元銀行経営者の旧邸宅「ONAE(おなえ)」をはじめ、元お茶屋の「SAWASHIRO(さわしろ)」や、江戸末期の長屋「NOZI(のじ)」など、古民家などを改装した7つの宿泊棟を備える。なかでも「ONAE」には、邸宅の雰囲気が残るレトロモダンなレストランがあり、地産地消をテーマとした本格フレンチが味わえると人気を集めている。食の宝庫とされる丹波篠山の黒大豆や丹波栗、丹波松茸などをふんだんに使用し、地元の素材を五感で味わえる4品のコースに舌づつみを。京町家にも見られる虫籠窓や荒格子など、当時のたたずまいが残る空間で、シェフが腕をふるう豪華なコースを堪能しよう。
    外観は当時のままで趣たっぷり
  • spot 10
    丹波篠山市立歴史美術館
    日本最古級の裁判所跡が美術館に
    かつては裁判所として使用されていた美術館。その名残が感じられる館内に足を踏み入れば、まるで明治時代にタイムスリップしたかのような気分になれるはず。美術館と合わせて篠山城跡などが残る歴史深い城下町をまわろう。
    裁判所の頃の姿がそのまま残っている
  • spot 11
    丹波伝統工芸公園 立杭 陶の郷
    陶芸体験もできる「丹波焼の郷」の名スポット
    里山に囲まれた丹波焼の郷では、陶芸体験をぜひ。豊かな自然に恵まれ、静かな時間が流れる立杭だからこそ、自分の思うままに作品作りに没頭できるはず。窯元の職人になった気分で、自分好みの丹波焼を作ってみよう。
    多彩な丹波焼が販売される「窯元横丁」
  • spot 12
    ユニトピアささやま
    丹波篠山の森と湖に癒やされるリゾート地
    丹波篠山の大自然に囲まれたリゾートスポットで、人気のアスレチックやサイクリングで体を動かし、湖を眺めながら丹波篠山グルメを味わう特別な時間を過ごそう。1日の終わりには温泉を満喫してリフレッシュ。
    矢代湖の湖畔でゆったりとくつろごう
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    電車で三田市、丹波篠山市エリアへ向かう場合は、JR宝塚線(福知山線)を利用。

  2. その2

    三田市方面へ車で向かう場合は、中国自動車道神戸三田ICが最寄り。

  3. その3

    丹波篠山市方面へ車で向かう場合は、中国自動車道吉川JCTより舞鶴自動車道に入り、丹南篠山口IC下車。

  4. その4

    丹波篠山市へ電車で訪れ、散策するならレンタサイクルが便利。JR篠山口駅、丹波篠山観光協会内の篠山観光案内所でレンタルできる。

recommend spot

関連記事

記事一覧

兵庫のその他のエリア

+ -
back
open

三田・丹波・篠山エリア