飛騨

HIDA

伝統と新風が融和する日本有数の観光都市

岐阜県の北部に位置する高山市、飛騨市、下呂市、白川村の3市1村で構成される地域。土地の約9割が森林に囲まれながら、日本の古く懐かしい雰囲気と現代の新しい文化が織り交ざり、多くの人で賑わう観光の盛んなエリアだ。シラサギがもたらしたと伝えられる「下呂温泉」では昔懐かしい温泉街とフォトジェニックなスイーツに癒やされ、国指定重要有形民俗文化財である「旧大戸家住宅」を中心とした合掌家屋が集まる「下呂温泉合掌村」では、合掌集落を体験してタイムスリップ。世界各地から注目を集めているスポット「白川郷」ではユネスコ世界文化遺産に登録される日本の原風景を堪能しよう。そのほかにも、飛騨古川ではかつて城下町として栄えた「瀬戸川と白壁土蔵街」の古い町並みや、飛騨の伝統的な祭をいつでも体感できる「飛騨古川まつり会館」、世界最先端の宇宙物理学を楽しく学ぶことができる「ひだ宇宙科学館カミオカラボ」など魅力あふれるスポットが集結している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    白川郷
    村民の「結」の心がつなぐ日本の美しい原風景
    100棟余りの合掌造りを守り続け、美しい日本の原風景を残す「白川郷」。重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、1995年(平成7)にはユネスコ世界文化遺産に登録された集落である。
    かつては秘境と呼ばれた豪雪地帯に、茅葺き屋根の合掌造り家屋が現存する
  • spot 02
    天守閣展望台
    世界遺産の合掌造り集落を見晴らせる、白川郷で唯一のお食事処
    100棟余りの合掌造りが残り、重要伝統的建造物群保存地区や世界遺産に登録されている飛騨白川郷の荻町集落。その美しい絶景を一望したいなら、お食事処「天守閣」にある「天守閣展望台」へと足を運ぼう。展望台からは、荻町集落の合掌造りのなかで最大規模を誇る「和田家」はもちろん、白山連峰の高い山々に囲まれた四季折々の日本の原風景を眺望可能だ。また、お食事処「天守閣」では飛騨名物の朴葉味噌や自家製の石割豆腐、素朴な味わいの山菜料理などを楽しむこともできる。食事をする予定の方は、予約をしないと注文のできないメニューもあるので、ウェブサイトなどで事前にチェックしておくといいだろう。
    季節によってさまざまな顔を見せる美しい白川郷
  • spot 03
    和田家
    江戸時代から保存され300年の月日を刻む白川郷のシンボル
    江戸時代に建造された白川郷を代表する合掌造り家屋。現在も住居として使用される「和田家」は、白川村の荻町合掌集落の住宅のなかでも最大規模を誇り、国指定重要文化財にも登録されている。
    白川村の合掌造り集落で最大規模の民家「和田家」
  • spot 04
    下呂温泉
    シラサギがもたらしたと伝わる、偉人も慕う日本古来の霊湯
    岐阜県下呂市に位置し、1000年の歴史をもつ温泉街。兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉に並ぶ日本三名泉のひとつであり、傷を負ったシラサギが温泉のありかを知らせたという伝説をもつ。
    自然に囲まれ、飛騨川を中心に広がるどこか懐かしい町並み
  • spot 05
    下呂温泉合掌村
    懐かしい時代に時間を巻き戻す合掌集落を体感できる村
    合掌集落の生活や文化を体験できる博物館「下呂温泉合掌村」。国指定重要文化財である「旧大戸家住宅」を中心とした10棟の合掌家屋が白川郷や五箇山から移築され、日本の原風景を再現している。
    再現された合掌造りの集落からは、昔懐かしい雰囲気が漂う
  • spot 06
    下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋
    スイーツを頬張りながら足湯が楽しめる下呂の名物ギフトショップ
    下呂の温泉街の一角にある足湯に浸かれる土産屋。下呂の民芸品や名物を使った商品をはじめ、美人の湯として知られる下呂温泉の温泉水を使用したオリジナルコスメやオリジナルの雑貨など、ご当地ならではのグッズがめじろ押しだ。半円形の湯船が特徴的な足湯は無料で利用でき、12名ほどがゆったりと座れる広さ。またカフェも併設しており、温泉玉子の載った人気スイーツ「温玉ソフト」や、適度に温められた「ほんわかプリン」といったスイーツも充実。「下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋」ならではの名物だ。カフェで購入したものは、足湯に浸かりながら味わうことも可能なので、立ち寄った際には体をゆっくり休めながらぜいたくな時間を過ごそう。
    店舗前の半円形の足湯は店のシンボルになっている
  • spot 07
    温泉寺
    伝説の薬師如来を祀り、古くから下呂の温泉街を見守ってきた禅寺
    173段の石段を上がった高台に位置し、1671年(寛文11)に臨済宗妙心寺派の禅寺として建立された、歴史ある「温泉寺」。下呂温泉のありかを知らせた伝説のシラサギは、薬師如来の化身とされており、本堂にはその薬師如来が祀られている。また、温泉の歴史が記された「湯文」や江戸時代の遊行僧・円空の残した「円空仏」などの貴重な文化財も所蔵。境内から眺められる下呂の町並みからは、自然の長閑さと温泉街の賑わいの両方を感じられるだろう。静かで風情のある本堂の前には、下呂の町を見守る湯薬師如来尊像が。そしてその足元からは下呂温泉の霊湯が湧き出ており、尊像の体に霊湯をかけることで、体の悪い部分を治してくれるといわれている。
    古くから大勢の湯治客が訪れた寺。治癒した人の絵馬が数多く残されている
  • spot 08
    ひだ宇宙科学館カミオカラボ
    宇宙の仕組みを楽しく学べる体験型ミュージアム
    岐阜県飛騨市に位置し、宇宙物理学を学べる「ひだ宇宙科学館カミオカラボ」。素粒子ニュートリノに関する研究でノーベル賞をもたらした、地下ニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」を体感できる貴重な施設だ。
    スーパーカミオカンデの一部を正確に再現した光電子増倍管の展示
  • spot 09
    瀬戸川と白壁土蔵街
    城下町として栄えた飛騨古川のメインストリート
    金森可重(かなもりありしげ)が築いた増島城(ますしまじょう)を中心に城下町として栄え、高山の奥座敷と称される飛騨古川の「瀬戸川と白壁土蔵街」。白壁沿いにゆったりと流れる瀬戸川は「岐阜の名水50選」にも選出。今もなお古い町家が立ち並び、風情ある日本の古い景観を今に伝えている。
    約500m続く白壁土蔵街。城下町飛騨古川の情緒ある景観が続く
  • spot 10
    飛騨古川まつり会館
    300余年の伝統を味わえる飛騨古川随一の文化博物館
    「山・鉾・屋台行事」のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録され、全国に名を馳せる「古川祭」。300余年の伝統を持ち、年に一度しか開かれない古川祭を、いつでも体験できるのが「飛騨古川まつり会館」だ。館内では、この祭の醍醐味である絢爛豪華な「屋台曳行」の「静」と、裸祭りで行われる「起し太鼓」の「動」の2つの特徴が、臨場感とともに体感できる4K映像の投影。また、祭で実際に使われる本物の古川祭屋台3台を展示する。そのほかにも、街を練り歩く「御神輿行列」を再現したミニチュアや、からくり人形の操作体験、起し太鼓の試し打ち体験などのアクティビティもそろっており、飛騨古川という地域のリアルな魅力を知ることができる。また、展示されている実物の屋台は、春と秋に入れ替えが行われるため、シーズンごとに訪れるのも楽しい。
    飛騨古川の原点ともいえる「古川祭」を体験できる博物館
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    「下呂温泉」には無料で利用できる足湯が点在。また「湯めぐり手形」を利用すれば、加盟旅館の中から3軒、自由に入浴することもできる。温泉街を気ままに散策しながら、夜は旅館などで宿泊し、一日かけてゆったりと過ごすのがおすすめだ。

  2. その2

    白川郷は町並み全体が歴史を感じられるスポットなので、白川郷に残る文化や伝統を学んだり、フォトジェニックなスポットで撮影をしたりと楽しみ方はさまざま。季節によって見られる景色も変わるのがおもしろい。

  3. その3

    「瀬戸川と白壁土蔵街」では浴衣や着物をレンタルすることも可能なので、お好みの柄を身にまとって風情ある町並みを体験するのも楽しい。

  4. その4

    「ひだ宇宙科学館カミオカラボ」は、道の駅「宙(スカイ)ドーム・神岡」に併設している。立ち寄ってグルメを楽しんだり、土産を購入するのに最適だ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

岐阜のその他のエリア

+ -
back
open

飛騨エリア