岐阜

GIFU

岐阜城下に見どころが点在、日本の歴史や伝統文化を今に伝える街

木曽三川(きそさんせん:木曽川、長良川、揖斐川)により形成された濃尾平野に位置する岐阜エリア。岐阜県の県庁所在地として発展する一方で、難攻不落といわれた岐阜城、長良川の鵜飼、古い日本家屋が軒を連ねる川原町など、歴史や伝統文化が色濃く残る地域でもある。「岐阜」という地名を名づけたといわれている織田信長公や蝮(まむし)の異名で恐れられた斎藤道三公など、そうそうたる顔ぶれの戦国武将ゆかりの地としても有名だ。空港こそないものの東海道新幹線が「岐阜羽島駅」に停車するため、名古屋鉄道を使えば30分ほどで岐阜市内へと行くことができる。また、東日本と西日本の交通の要所でもある名古屋市からJR東海道線で20分程度の距離にあり、日本各地からのアクセスも良好といえるだろう。JR東海道本線・高山本線岐阜駅周辺には、2020年(令和2)、岐阜の魅力を取り入れた複合商業施設も完成し、ますます賑わいを見せている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    金華山
    岐阜市の中心地にそびえ立つ緑のランドマーク
    すぐ隣を流れる長良川とともに、岐阜市のシンボルとして知られる金華山。歴史的名所でありながら、多くの登山客で賑わうスポットだ。ひとたび入山してみると、その親しみやすさの理由が見えてくる。
    長良川から望む金華山。山頂には岐阜城の姿も
  • spot 02
    岐阜城
    天下統一を夢見た戦国武将ゆかりの城で歴史に浸る岐阜の旅
    岐阜市内の中心にそびえる金華山の山頂に位置する岐阜城。ここは誰もが知る不世出の英雄・織田信長公が拠点とした城のひとつだ。かつて信長公が見た景色と同じ景色を眺め、天下人の気分を味わってみよう。
    織田信長公の使用した家紋「木瓜紋」や「銭紋」の旗がお出迎え
  • spot 03
    金華山リス村
    金華山の自然のなかでリスと触れ合う癒やしのひととき
    市内の中心地にありながら、今も自然が多く残る金華山。そんな金華山を棲み家にしている動物として有名なのがタイワンリスだ。タイワンリスが金華山に住みついたのは、1936年(昭和11)に岐阜公園で開催された「躍進日本大博覧会」が始まり。展示動物として持ち込まれたリスが数匹逃げ出し、野生化したといわれている。そんな野生のリスと子どもたちとの触れ合いの場を設けようと発案されたのが「金華山リス村」だ。長い年月をかけてリスを調教し、1965年(昭和40)、日本初となる「リス村」をオープン。現在約80頭のリスがのびのびと暮らす村内では、エサやり体験が可能。手の上に乗せたエサを食べにやってくるリスたちのかわいらしい姿を目当てに、地元の子どもたちや観光客で賑わいを見せている。
    人懐っこいタイワンリスが寄ってくる「エサやり体験」が人気
  • spot 04
    岐阜金華山ロープウェー
    眼下に広がる眺望を堪能。金華山と人々をつなぐロープウェー
    金華山のふもとにある岐阜公園と、金華山の山頂駅を結ぶロープウェー。金華山の自然林や市内を悠然と流れる長良川、岐阜市の街並みを眺めながら、約4分の空中散歩を体験できる。山頂駅付近には1956年(昭和31)に復興された岐阜城のほか、タイワンリスと触れ合える「金華山リス村」や岐阜の名物がそろう売店、絶景のなかで食事を堪能できる展望レストランも併設。小さい子ども連れの家族など、登山に自信がない場合でも山頂の爽快感を味わいつつ、色々な過ごし方を楽しめるのが魅力だ。また、夏季にはパノラマの夜景を見られる夜間運行を実施。金華山からの夜景は岐阜市街はもちろん、天候次第では名古屋市街のきらめきまで見えることも。さらに元旦の早朝運行時には、金華山からの初日の出を拝むために毎年多くの利用客が訪れている。
    金華山の山頂まで約4分。ファミリー層も気軽に訪れることのできる山
  • spot 05
    川原町界隈
    日本家屋が立ち並ぶ、長良川のほとりの「古いまちなみ」
    金華山と長良川に挟まれた一角に位置する、川原町(かわらまち)界隈。かつての日本の景色を今に伝えるエリアには、趣はそのままに新しい風が感じられるスポットも。長良川のせせらぎを聞きながら、ふらりと散策してみよう。
    電線が地中化された、趣ある景観の川原町の「古いまちなみ」
  • spot 06
    長良川温泉
    雄大な長良川と金華山の眺望とともに楽しむ、にごり湯の名湯
    「にっぽんの温泉100選」のひとつとして数えられる、岐阜市の長良川温泉。情緒あふれる町並みや雄大な金華山、そして水面がきらめく長良川に囲まれた温泉地には、穏やかな時間が流れている。
    目の前には長良川が広がる、「十八楼」の開放的な内風呂
  • spot 07
    ぎふ長良川の鵜飼
    国内外の偉人から愛された、1300年の歴史をもつ岐阜の伝統文化
    岐阜市で開催されている「ぎふ長良川の鵜飼」は、国内だけでなく海外からの観光客も訪れる名物観光のひとつだ。鵜飼を間近で見学できる観覧船に乗船してみると、そこには篝火(かがりび)が揺らめく幻想的な光景が広がっている。
    提灯に明かりが灯ると、いよいよ鵜飼の始まり
  • spot 08
    川原町泉屋
    鮎を知り尽くした、川原町の老舗料理店
    岐阜市の長良川のほとりに位置し、江戸時代に問屋町として発展した川原町。現在も格子戸のある日本家屋が軒を連ね、風情ある町並みが人気のエリアだ。そんな川原町に並ぶ老舗料理店「川原町泉屋」は、長良川の名物である鮎料理を提供している。定番の「鮎の塩焼き」はもちろん、「鮎らーめん」や「鮎ぞうすい」など、鮎のうまみをふんだんに生かした料理を味わえる。また、塩漬けした鮎の腹に炊きたてのご飯を詰めて発酵させた「鮎の熟れ寿し」は、お酒との相性も抜群の逸品だ。鵜飼観覧船の乗船場に近いため、ぜひ絶品鮎料理で腹ごしらえをしてから乗船しよう。また、観覧船への持ち込み用としてテイクアウトのできる「鮎塩焼き」や「笹巻き寿し」などを購入し、船の上で食べるのもおすすめだ。
    1887年(明治20)創業の歴史を感じさせる店構え
  • spot 09
    御菓子司 玉井屋本舗本店
    100余年の歴史を誇る、長良川のほとりの老舗和菓子店
    風情ある建物が軒を連ねる岐阜市の川原町。なかでもひと際歴史を感じさせるのが、1908年(明治41)創業の「御菓子司 玉井屋本舗本店」だ。初代店主が長良川の鮎に模して作り上げた玉井屋の代表菓「登り鮎」は、岐阜の銘菓「鮎菓子」の元祖として知られる。上質なカステラ生地でお餅(求肥)を包んだ登り鮎は、その上品でかわいらしい姿から土産や贈答用としても好評。そのほかにも、鮎をかたどった一口サイズの「やき鮎」や、鮎が鵜に食いつく姿を表現したユーモアあふれる「下剋上鮎」など、岐阜の魅力を伝える銘菓がそろう。岐阜駅や岐阜高島屋などに市内6店舗を構える玉井屋だが、季節限定の生和菓子や、「能」にまつわる随筆を題材とした上生菓子の販売は川原町の本店のみ。伝統に裏打ちされたていねいな手仕事で作り上げる、美しい和菓子を堪能したい。
    玉井屋の「登り鮎」(1本144円)は、岐阜銘菓「鮎菓子」のルーツとなった
  • spot 10
    長良川うかいミュージアム
    一年を通して鵜飼を楽しく学べる博物館
    1300年以上の長い歴史をもち、岐阜の誇る文化資産として知られる「ぎふ長良川の鵜飼」。毎年5月11日から10月15日までの期間中開催されるが、オフシーズンでも鵜飼の魅力を発信しようと2012年(平成24)にオープンしたのが「長良川うかいミュージアム」だ。館内ではさまざまな展示やイベントを通し、ぎふ長良川の鵜飼の歴史や価値について詳しく紹介されている。展示スペースのほかに、鵜飼にちなんだ土産やグッズを販売する「ミュージアムショップ」や、キッズスペースを完備した「クローバーコーヒー長良店」を併設。鵜飼の知識を深めて買い物を楽しんだあとは、無料で利用できる2階の景観ラウンジで、金華山と長良川の美しい景観を眺めてくつろいでみてはいかがだろう。
    長良川の鵜飼を再現し、長良川鵜飼の魅力を発信
  • spot 11
    世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ
    世界の淡水魚と長良川の自然環境を楽しく学べる淡水魚博物館
    木曽川沿いの河川環境楽園の中にある「世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ」。地元長良川を再現した展示と世界の珍しい淡水魚を集めた、大人から子どもまで楽しみながら自然環境を学べるスポットだ。
    2004年(平成16)に開園した、世界最大級の淡水魚専門の水族館
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    岐阜エリアへの最寄り駅はJR東海道本線・高山本線岐阜駅。岐阜城のある金華山へのアクセスは、岐阜駅から出ている路線バスの利用が便利。「岐阜公園歴史博物館前」で降車しよう。

  2. その2

    「岐阜公園歴史博物館前」のバス停を使う際は、降りたバス停と岐阜駅方面へ戻るバス停が離れているので注意が必要だ。

  3. その3

    金華山から川原町界隈へは徒歩約6分。「ぎふ長良川の鵜飼」の観覧船チケットを販売している「鵜飼観覧船事務所」や「長良川温泉」へも徒歩約5分の距離にあり、このエリアでは徒歩での移動が可能。

  4. その4

    岐阜エリアの観光では車を使う人も多いため、ほとんどの施設に近隣駐車場を完備。東海北陸自動車道を利用するなら、「世界淡水魚水族館アクア・トト ぎふ」などが隣接する「川島PA(ハイウェイオアシス)」に立ち寄るのもおすすめ。岐阜駅から公共機関を使って「世界淡水魚水族館アクア・トト ぎふ」へ行く場合は、タクシーを利用するとレシート提示で入館割引も。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

岐阜のその他のエリア

+ -
back
open

岐阜エリア