全国の梅の名所スポット一覧

  • 羽根木公園
    rating-image
    4.0
    97件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都世田谷区代田4-38-52
    梅ヶ丘駅から徒歩で約5分、東松原駅からは約7分。昭和42年(1967)に植えられたことが始まりの梅林が特徴的な公園。記念植樹が何度も行われていて、現在ではおよそ60品種650本もの梅がある。満開を迎える2月上旬から3月上旬にかけては梅まつりが開催され、全国から観光客が多く訪れて賑わう。売店、テニスコートや野球場に児童遊園等施設も充実している。

    小田急梅が丘が最寄りですが、井の頭線東松原からも歩けます。数々の種類の梅もよいですが、どうしても花より団子になってしまいます。プレーパークがあるので、チビが泥んこになってしまいました。。

  • 奈良県営 馬見丘陵公園
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県北葛城郡河合町佐味田2202
    北葛城郡広陵町と河合町にまたがる公園。園内には多くの古墳が点在しているほか、広場や大型遊具、植物園、カフェなどが整備されている。梅やバラ、ツツジなどをはじめ、季節ごとに様々な花が開花し、4月には「馬見チューリップフェア」も開催される。

    第8回馬見チューリップフェア(4月3日-11日)直前(3月29日)に訪問しましたが 《桜》と《チューリップ》を十分に楽しむこと出来ました。 こちらのチューリップは 関西最大級(60万株)で 単にチューリップ畑の規模だけを比較すると [砺波(富山)]に負けますが 園内のあちこちで《チューリップ》に加え《桜》を重ねた景観に会え 印象的です。 更に[中央口]に近い[睡蓮の池]周囲に《桜》の木が...

  • 駿府城公園
    遊ぶ/趣味
    静岡県静岡市葵区駿府城公園1-1
    静岡市葵区にある公園。駿府城跡に位置し、現在は花の名所として知られている。園内には秋には木々が色づく紅葉山庭園や茶室、芝生広場がある。また、中央に位置する「沈床園」には、晩年の徳川家康像や、家康が手植したというミカンが植えられている。春には桜、秋にはヒガンバナ、冬にはロウバイや梅などを楽しめる。
  • 哲学堂公園
    rating-image
    4.0
    73件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都中野区松が丘1-34-28
    明治37年(1904)に中野区の北部、松が丘地区に開園した区立公園。「哲学のテーマパーク」と呼ばれ、17000坪もの広大な敷地の園内に哲学に由来するユニークな建物や石造物、通路が設置されている。現東洋大学の創立者で妖怪学博士としても知られる創設者・井上円了の世界観を垣間見ながらのんびり散策を楽しむことができる。敷地内には100本もの桜や梅林などがあり、区内有数の花の名所としても有名だ。

    子供を連れて行ったが、あまり興味は無かったようだ。 池の鯉を追いかけている時は楽しそうだった。 一人でゆっくり見て回りたい。

  • 久能山東照宮・久能梅園
    旅行/観光
    静岡県静岡市駿河区根古屋390
    静岡市駿河区にある花の名所。徳川家康のお手植えと伝わる「実割梅」をはじめ、数多くの梅や桜を楽しめる場所となっている。早咲きの品種は12月下旬から咲きはじめ、遅咲きの品種が咲く4月中旬まで、境内が桃色に染まる様子を楽しむことができる。駿河湾を背景にした風景は、絶景スポットとなっている。
  • 梅林公園
    rating-image
    4.0
    42件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県岐阜市梅林南町1-1
    岐阜市内の都市公園。梅の名所として知られており、白梅700本、紅梅600本、50種類もの梅が植えられている。2月から3月にかけてが見ごろ。子どもが遊びやすい芝生公園や、大型公園がある。昭和49年(1974)に子どもの教材、観賞用としてD51型機関車が寄贈された。毎年、3月の第一土曜と日曜の二日間にぎふ梅まつりが開催され、梅にまつわる様々なイベントが行われる。

    旅行でふらっと立ち寄ったこちらの公園は、来た王当時は人も少なく豊かな自然をゆっくりと楽しむことができました。

  • 月ヶ瀬梅渓(月ヶ瀬梅林)
    旅行/観光
    奈良県奈良市月ヶ瀬尾山
    五月川(名張川)の渓谷沿いに広がる広大な梅林で、奈良県三大梅林の一つとして知られる花の名所。約1万本もの梅が植えられており、開花時期になると、紅白の花が辺り一面に咲き乱れる。毎年梅が見頃となる時期に合わせて『月ヶ瀬梅渓梅まつり』が開催されており、多くの観光客が訪れる。
  • 綾部山梅林
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県たつの市御津町黒崎1492
    龍野西インターチェンジから車で約30分。西播磨の最南端にある梅林で、敷地内には古墳などの史跡を見ることもできる。梅の花が見頃を迎えるのは毎年2月下旬から3月上旬頃で、その時期には俳句大会や風景写真コンテストが常時開催される。また、土日祝には猿回しや琴の演奏会、梅種飛ばしなどのイベントが行われることもある。綾部山の梅林を見て詠んだ句の石碑が残されている他、期間限定でとれたての青梅を販売する直売所もオープンする。

    2月下旬に訪問。 登り口には五分咲きの案内。 登り口側の駐車場だと無料。 頂上近くにの駐車場までいくと1日500円。 体力のある人は登り口で駐車した方が少しお得です。 観梅料は一人400円。 五分咲きといえども価値はありました。 播磨灘をバックに綺麗な梅の写真がたくさん撮れました。 しかし、せっかくの中国風の建物のメンテナンスがされておらず、廃れてる感が残念。

  • 箕郷梅林
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県高崎市箕郷町富岡・善地
    梅の産地として有名な群馬県高崎市にある梅林で、約10万本もの梅が植えられている。関東平野を望む眺望と一面の白梅が織りなす景色はまさに壮観。その広さと本数は関東でも屈指の規模を誇り「群馬三大梅林」の一つに数えられている。例年3月上旬から下旬にかけて見頃を迎え、シーズンに合わせて「梅まつり」を開催。

    二つ会場がありますが、河津桜とのコラボが楽しめる善地会場に行ったら、散策路は奥(北西の方)まで足を伸ばすのがオススメ。白梅だけですが、榛名山とのセットが絶景です。急な坂もなく年配の方でも大丈夫でしょう。 あと、蟹沢会場方面に車で向かう途中にも絶景ポイントがあります。数台は駐車できる場所があるので、そこに駐めて歩道を少し戻ります。

  • 湯河原梅林(幕山公園)
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋951-1
    足柄下郡・湯河原町にある公園。花の名所として知られ、毎年梅が咲く2月上旬から3月中旬に開催される「梅の宴」が有名。期間中は、能楽や梅のライトアップなど多彩なイベントが行われ、カップルや花見客で多くの人が賑わう。また、湯河原梅林限定で「梅ソフトクリーム」も販売される。
  • 蓮華寺池公園
    遊ぶ/趣味
    静岡県藤枝市若王子474-1
    藤枝市にある公園。園内には約260本の藤の花をはじめ、1300本のさくら、梅園、シャクナゲや花菖蒲など、四季を通じてさまざまな花を楽しむことができる。心に癒しを与えてくれる日本庭園や野外音楽堂があるほか、ジャンボすべり台は子どもたちから人気を集めている。
  • 秋間梅林
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県安中市西上秋間
    群馬県安中市にある梅林で、秋間川上流の山あいに広がる50haの丘陵に約35000本もの梅が植えられている。「ぐんま三大梅林」のひとつに数えられ、関東でも有数の梅の名所。見ごろにあわせて「秋間梅林祭り」が開催され、もちつき大会や物産販売など各種イベントを実施。

    土日は有料のお店の駐車場と市営の無料駐車場があります。広場には土産物屋やベンチもあり、写真を撮る人やお弁当を広げる人がいて賑わっていました。満開はこれからのようです。

  • 岩本山公園
    遊ぶ/趣味
    静岡県富士市岩本1605
    富士市岩本花木立にある公園。標高193mの岩本山の山頂を公園として整備し、芝生広場や樹木園、展望施設などを備える。梅や桜の名所としても知られ、富士山を背景とした景観が楽しめる。また、市街を見渡す夜景も人気のスポットだ。
  • 池上梅園
    旅行/観光
    東京都大田区池上2-2-13
    東京都大田区にある梅園。大田区の花であるウメが約370本植えられており、初春には紅白の花が咲き乱れる。ツツジ約800株をはじめとした樹木も植えられており、他にも茶室や和室と言ったスペースが設けられている。元は日本画家の伊東深水氏の自宅兼アトリエ(月山山荘)だったものを庭園を残すことを条件に東京都へ譲渡されたものである。
  • 平岡公園梅林
    旅行/観光
    北海道札幌市清田区平岡公園2
    北海道札幌市にある公園。約6.5ヘクタールの梅林は札幌市内最大である。毎年4月下旬から5月中旬頃に開催される「ひらおか梅まつり」が有名で、多くの観光客が訪れる。また期間限定の売店「ひらおか梅ほんぽ」には「梅ソフト」や「梅林そば」など、梅にまつわる商品が並ぶ。
  • 曽我梅林
    旅行/観光
    神奈川県小田原市曽我別所
    別所・原・中河原の3つの梅林をまとめた総称で、約3万5千本の様々な種類の梅の花を楽しむことができる。また、2月から3月上旬に行われる「小田原梅まつり」には、毎年観光客で賑わいを見せている。開催期間中は、流鏑馬や郷土芸能である小田原ちょうちん踊りなどのイベントも行われている。
  • 賀名生梅林
    旅行/観光
    奈良県五條市西吉野町北曽木
    2月下旬から3月下旬に丘陵を麓から中腹までおおいつくすように咲き誇る、2万本の梅が有名な「賀名生梅林」は、約700年前の南北朝時代の歌にも詠まれている歴史ある梅林だ。明治10年(1877)頃からは果実の収穫を目的として栽培もされはじめ、大正12年(1923)の東宮殿下 ご成婚を記念して植えられた5千本の苗がその後増殖し現在に至る。
  • 三笠あすか梅の杜
    旅行/観光
    北海道三笠市幾春別山手町63
    およそ10ヘクタールの炭鉱住宅跡地に約1万本の梅が植林された梅園。北海道内でも最大級規模の梅園で、毎月5月上旬-中旬頃には「みかさ梅まつり」を開催。梅干種飛ばし大会などが行われている。
  • 高尾梅郷
    旅行/観光
    東京都八王子市裏高尾町・西浅川町
    旧甲州街道と小仏川に沿って点在する梅林と梅の木の総称。該当するのは遊歩道梅林、関所梅林、天神梅林、荒井梅林、湯の花梅林、するさし梅林、木下沢梅林、小仏梅林など。例年見頃を迎える3月には約4.5kmに渡っておよそ10000本もの紅白の梅が咲き誇る都内屈指の観梅スポットだ。毎年3月に開催される「高尾梅郷梅まつり」では、各梅林で露店や野点、琴の演奏などのイベントが行われる。中でも、高尾梅郷発祥の地とも言われる「小仏梅林」は必見だ。
  • 榛名梅林
    旅行/観光
    群馬県高崎市上里見町
    関越自動車道「高崎IC」より車で約40分、東日本一の梅の産地である榛名町にある梅林。高崎市の「箕郷梅林」、安中市の「秋間梅林」とあわせて「群馬三大梅林」と呼ばれ、広大な土地に約12万本の白梅を中心とした梅の木が植えられている。開花時期には丘陵一帯が白一色の花に埋め尽くされ、梅の香りに包まれる。梅林に囲まれた「総合文化会館エコール」では梅づくしのイベント「榛名の梅祭り」が開催される。例年の見頃は3月上旬から下旬。

写真から観光情報を探す

目的から探す