やんばるエリア

YANBARU AREA

沖縄本島最北端に位置する、世界的に貴重な森の広がる自然豊かなエリア

「やんばる」とは沖縄本島北部を指す通称で、一般的には国頭村(くにがみそん)・大宜味村(おおぎみそん)・東村(ひがしそん)の三村があるエリアをいう。2021(令和3)年7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)によって、奄美大島、徳之島、西表島とともに世界自然遺産に登録された自然豊かなエリアで、2016年(平成28)には33番目の国立公園にも指定されている。このエリアの最大の特徴は亜熱帯の森。やんばるの森は日本最大級の亜熱帯照葉樹林であり、天然記念物の飛べない鳥「ヤンバルクイナ」をはじめとする、この地域にしか生息していない希少な動植物が多い。また、長寿の里として知られる大宜味村の食文化や祭りなど、独特の生活文化も見どころだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    東村ふれあいヒルギ公園
    マングローブが壮観のネイチャースポット
    沖縄本島北部の東村に位置する、国指定天然記念物のマングローブが広がる慶佐次川下流域に整備された公園。遊歩道散策で干潟の生き物を観察したり、ネイチャーツアーを体験したりすることができる。
    おもにオヒルギ、ヤエヤマヒルギ、メヒルギの3種でマングローブを形成
  • spot 02
    道の駅ぎのざ
    沖縄本島の東海岸に位置する道の駅
    宜野座村(ぎのざそん)の観光拠点として2018(平成30)年4月にリニューアルオープンした道の駅。子どもが遊べるスペースやグルメが充実しており地元でも人気のスポット。やんばるドライブに出かける前に寄ってみよう。
    村のゆるキャラ「ぎ-のくん」が目印
  • spot 03
    金武町新開地
    異国情緒あふれる雰囲気が魅力の散策スポット
    沖縄本島のほぼ中央に位置する金武町(きんちょう)。金武ICから車で約5分走ると、異国情緒の漂う街が見えてくる。米軍施設の目の前にある隠れたフォトスポット・新開地だ。
    米軍基地キャンプ・ハンセンがすぐ目の前に
  • spot 04
    キングタコス金武本店
    沖縄発のB級グルメ「タコライス」発祥のお店
    沖縄そばと並ぶ沖縄の定番料理といえばタコライスだろう。タコライスとは、メキシコ料理のタコスの具材をご飯に載せた料理。1984年(昭和59)、米軍兵士を相手に営業していたパーラーで、タコスのボリュームをより出すためにご飯と具材を組み合わせたのが始まり。それから沖縄を代表するB級グルメとして認知されるようになり、学校給食にも採用されるなど県民からも愛されている。そんなタコライス発祥のお店として県内外から絶大な支持を集めるのが「キングタコス金武本店」。総重量700gのライスにスパイスを利かせたミート、チーズ、レタス、トマトが載った「タコライスチーズ野菜」(700円)が看板メニューだ。ボリュームたっぷりで安価なことから、外国人にも人気とのこと。ミート、チーズ、レタスのトッピングを自由に選べるのもうれしい。2階にはゆったり食事ができるイートインスペースがあるほか、テイクアウトも可能だ。
    ちょい辛のタコソースをかけて食べるのが一般的
  • spot 05
    大石林山
    大自然がつくり出したダイナミックな造形美
    昔から琉球開闢(かいびゃく)の聖地として伝えられてきた、安須杜(あしむい)の山々が連なる自然豊かなスポット。約2億5000万年前の石灰岩層が隆起し、長い年月の間、雨風によって侵食されてできた世界最北端の熱帯カルスト地形でもあり、ダイナミックな景観を楽しめる。
    急速な溶食や侵食でできたタワーカルストの「悟空岩」
  • spot 06
    辺戸岬
    沖縄本島最北端の岬
    沖縄本島の最北端に位置する、2億年前の古い石灰岩が海食されて形成された断崖が特徴的な岬。「祖国復帰闘争」の記念碑が建てられた岬の先端付近まで遊歩道があり、天気が良いときには約22km離れた鹿児島県の与論島まで見渡すことができる。穏やかな青い海とは対照的な、切り立った岩礁に荒々しく波が打ち砕けるやんばるの自然美を間近に感じることのできる絶景スポットだ。
    晴れた日には水平線の向こうに鹿児島県の与論島が見えることも
  • spot 07
    ヤンバルクイナ生態展示学習施設「クイナの森」
    本物のヤンバルクイナに必ず会える
    国頭村安田にあり、国の天然記念物・ヤンバルクイナの生態展示を見られる施設。ヤンバルクイナの生態などがまとめられたパネル展示コーナーや、実際の生息環境を再現したガラス張りのゲージがあり、目の前でヤンバルクイナの様子を観察できることで人気を集めている。
    展示の人気は、毎正時(10-16時)のエサやりタイム。エサを食べにクー太が前に出てくる
  • spot 08
    道の駅おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター
    やんばるの大自然への玄関口に位置する道の駅
    長寿の里、シークワーサー収穫量日本一で知られる大宜味村の観光拠点である道の駅。直売所やレストランのほか、「360°ドームシアター」や「VRコーナー」などがあり、見どころ満載のスポット。
    村のシンボルである「コノハチョウ」が羽を広げ海に向かって羽ばたく姿をイメージして設計されている
  • spot 09
    比地大滝
    深い森に囲まれた大滝は沖縄本島で最大の落差を誇る
    比地大滝の周辺ではハイキングやトレッキング、キャンプなどのネイチャー体験ができる。落差25.7mの滝でマイナスイオンを堪能し、川のせせらぎ、鳥のさえずりや森の息吹を五感で楽しもう。
    雄大な滝はここまで歩いてきた疲れを吹き飛ばしてくれる
  • spot 10
    道の駅ゆいゆい国頭
    グルメから土産までそろう沖縄本島最北の道の駅
    沖縄本島最北端に位置する国頭村の道の駅。ここでしか買えないお土産や、ここでしか味わえないグルメが充実している。国頭村内の観光スポットは離れて点在しているので、観光を始める前に立ち寄っておこう。
    入り口にはここを訪れたプロ野球選手など有名人の写真が飾られている
  • spot 11
    わぁ~家~
    国頭村のブランド肉・イノブタ入りの沖縄そばを味わえる
    沖縄に生息するイノシシは、本州で一般的なニホンイノシシより小柄なリュウキュウイノシシで、現地では「ヤマシシー」と呼ばれている。そのヤマシシーと黒豚を掛け合わせて生まれたのが国頭村のブランド肉「山原猪豚(やんばるいのぶた)」。店のオーナーが山中で捕まえたイノシシを自身の豚舎で飼育したときに、癖の少ない豚と掛け合わせることで、うまみが強く、食べやすい肉になるのではと考えて作ったそうだ。普通の豚は約半年で出荷できるが、イノブタは約1年3か月ほどかかり、大量生産できない希少な肉。そんな珍しい肉を食べられるのが、道の駅ゆいゆい国頭にある「わぁ-家-」だ。メニューのなかでも有名なのが「猪豚野菜そば」で、うず高くもられた野菜炒めでそばがすっかり隠れている。イノブタの骨からコトコト煮出した白濁スープはあっさりとしているが、うまみがしっかり出ていて癖なく味わえる。イノブタを使ったメニューにはほかにも「わぁ-家-そば」や、自家製のタレが自慢の「イノブタ丼」などがある。
    猪豚野菜そば 950円
  • spot 12
    オクマビーチ
    透明度の高い、北部随一の天然ビーチ
    リゾート気分を盛り上げる天然の白砂が約1kmも続く、沖縄本島屈指の美しさを誇るロングビーチ。やんばるの豊かな緑に囲まれた透明度の高い海は遠浅のため安全で、1978年(昭和53)のオープン時から海水浴やマリンアクティビティのメッカとして沖縄県民にも愛され続けている。
    やんばるの森に囲まれ、海の青と緑のコントラストが絶景のビーチ
  • spot 13
    環境省やんばる野生生物保護センター (ウフギー自然館)
    世界自然遺産に登録されたやんばるの自然を学ぼう
    世界自然遺産に登録されたやんばるの自然を学ぶことのできる環境省の施設。やんばるの生き物の特徴や野生生物保護の取り組みをさまざまな展示でわかりやすく紹介している。やんばるの自然をより深く楽しむためにぜひ立ち寄ろう。
    ウフギーとは沖縄の言葉で「大木」を意味する
  • spot 14
    国頭村森林公園
    やんばるの森を気軽に体験できる自然豊かな森林公園
    沖縄本島最北端の国頭村にある自然豊かな広々とした公園。園内には樹上ハウスなどの宿泊施設、森のおもちゃ美術館や天文台があるほか、遊歩道も整備されており、森林セラピーなどのアクティビティも体験できる。
    高台にあるため森だけでなく海も一望できる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    やんばる三村エリア内に滞在する場合、宿泊場所の周辺には夜遅くまで営業している飲食店やコンビニがないこともある。最も近い市街地である名護エリアに宿泊するのが便利だ。

  2. その2

    車でやんばるエリア内を移動する際には、生き物との交通事故「ロードキル」を起こさないよう十分な注意が必要。雨上がりや早朝・夕方には動物の動きが活発になるので、特に注意しながらスピードを落として走行するようにしよう。

  3. その3

    那覇などの沖縄の中南部に比べると、秋・冬には気温が1〜2℃低くなる傾向があり、北風が強いと体感気温も下がるので防寒対策が必要となる。

  4. その4

    観光スポット間の距離が離れているため、車の場合は目的地までの距離をあらかじめ調べ、ガソリンの残量に注意したい。また、観光客が勝手に入ってはいけない場所(神聖な場所や、自然保護区など)もあるので、事前に観光協会等に確認するようにしよう。

recommend spot

関連記事

記事一覧

沖縄のその他のエリア

+ -
back
open

やんばるエリア