住吉・帝塚山

SUMIYOSHI / TEZUKAYAMA

由緒ある神社を擁し、大阪唯一の路面電車も走る、下町情緒あふれるエリア

大阪市の南部に位置し、ちょうど堺市との市境になる住吉・帝塚山エリア。かつては大阪と和歌山を結ぶ紀州街道、和歌山県熊野本宮への参詣道である熊野街道、住吉大社から東に延びる住吉街道という3つの街道が延びる交通の要衝として栄えた歴史ある場所だ。エリア内には日本全国約2300社の住吉神社の総本社でもある住吉大社が鎮座し、その堂々たる風格が往時の様子を今に伝えてくれる。また、大阪で唯一の路面電車・阪堺電車が走るなど、歴史とともに地域の人々が暮らす下町風情も感じられるのも、このエリアの魅力のひとつ。少し東側に行けば、大阪市立長居植物園があり、24万2000平方メートルの広大な敷地で自然をたっぷり味わうこともできる。懐かしい大阪の風景が今もこのエリアには息づいている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    住吉大社
    全国約2300社の住吉神社の総本社
    地元の人々からは「すみよっさん」の愛称で親しまれる全国約2300社の住吉神社の総本社。4棟ある国宝の本殿をはじめ、川端康成の小説にも描かれた反橋(そりはし)など、境内には貴重な建物や文化財も多く、見どころも満載だ。
    4棟の本殿はすべて国宝に指定。写真のいちばん手前が第三本宮になる
  • spot 02
    阪堺電車
    ちん電で大阪の下町をのんびり電車旅
    「ちん電」の名で親しまれる阪堺電車は、大阪唯一の路面電車。沿線には日本一の高層ビル「あべのハルカス」や1800年の歴史ある住吉大社など大阪の新旧の名所が点在し、下町情緒あふれる街並みを楽しむことも。大阪をのんびり巡る電車旅へと出かけよう。
    下町風情漂う街並みを走る「ちん電」。カラフルな車体が目印だ
  • spot 03
    大阪市立長居植物園
    自然を満喫! 都会のオアシス的な植物園へ
    24万2000平方メートルの敷地に約1200種の植物が植栽される、大阪を代表する植物園。園内には580平方メートルの大花壇をはじめ、ボタン園やバラ園、アジサイ園など11種の専門園があり、四季折々の花々を楽しむことができる。緑あふれる園内をゆっくりと散策しよう。
    大池を囲むように自然が広がる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    住吉大社周辺のエリアには、阪堺電車のほか、南海電車で行くこともできる。阪堺電車には全線1日フリー乗車券があるので、いろいろな場所を巡るなら、このチケットがおすすめ。

  2. その2

    住吉大社から大阪市立長居植物園へ向かう場合は、電車だと遠回りになるため、大阪シティバスのほうが便利にアクセスできる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

大阪のその他のエリア

+ -
back
open

住吉・帝塚山エリア