住吉大社

寺院

全国約2300社の住吉神社の総本社

地元の人々からは「すみよっさん」の愛称で親しまれる全国約2300社の住吉神社の総本社。4棟ある国宝の本殿をはじめ、川端康成の小説にも描かれた反橋(そりはし)など、境内には貴重な建物や文化財も多く、見どころも満載だ。

4棟の本殿はすべて国宝に指定。写真のいちばん手前が第三本宮になる 4棟の本殿はすべて国宝に指定。写真のいちばん手前が第三本宮になる

国宝に本殿が並び立つ大阪の神域へ

南海電車の住吉大社駅に降り立ち、灯籠の並ぶ参道を歩くと、住吉大社の大きな鳥居が見えてくる。境内に入ると、国宝に指定される4棟の本殿が立ち並び、神聖でおごそかな雰囲気に思わず気が引き締まるようだ。住吉大社は1800年前に神功皇后(じんぐうこうごう)が住吉大神(すみよしおおかみ)の御加護を得て御鎮祭したと伝えられ、摂津国一之宮として信仰されてきた歴史ある神社だ。地元の人たちからは「すみよっさん」の呼称で親しまれ、お正月の三が日には約200万人が訪れることからも、その人気ぶりをうかがえる。住吉大神は禊祓のときに誕生した神様なので、「祓えの神」として厄除け祈願のご利益を期待できるそう。また、住吉大神は海中から出現されたため、海の神としての信仰があり、「航海安全の神」としてもあつく信仰されている。

神功皇后が住吉大神を祀った日が「卯年・卯月・卯日」だったことから、ウサギは住吉大社では神様の使いに。手水舎でもウサギが出迎えてくれる 神功皇后が住吉大神を祀った日が「卯年・卯月・卯日」だったことから、ウサギは住吉大社では神様の使いに。手水舎でもウサギが出迎えてくれる

珍しい住吉造の本殿

本殿は4棟あり、それらはすべて国宝になる。特筆すべきはその建築様式で、「住吉造」という神社建築史上、最古の様式のひとつといわれている。その特徴を簡単にいえば、妻入屋根に反りがなく、大きく直線的で、千木・鰹木を配す。柱は丸柱で礎石の上に立ち、柱間は横板張りの羽目板壁となっている。普通の神社と違って縁がなく古風である。また、本殿の配置は、第一・第二・第三本宮が縦直列、第三・第四本宮が横並列という独特の配列になり、通常は南向きか東向きに正面が建てられることの多い本殿が、ここでは西にある大阪湾に向かって、西向きが正面に。その独特の配列は、まるで大海原を行く船団のようで、それを意識しながらぜひ参拝してみよう。

本殿は住吉造ならではの檜皮葺(ひわだぶき)の直線的な屋根が特徴 本殿は住吉造ならではの檜皮葺(ひわだぶき)の直線的な屋根が特徴

商売繁昌を願って「初辰まいり」へ

境内をぐるりと歩くと、樹齢1000年を超える楠の御神木が建つ「楠珺社(なんくんしゃ)」が現れる。ここで有名なのが、商売繁昌と家内安全にご利益があるといわれる「初辰まいり」だ。初辰の日にお参りすると、「招福猫(しょうふくねこ)」(1体500円)をいただけ、これを4年間毎月通って48体を集めると、「中猫」1体と交換していただける。つまり、48か月=始終発達(しじゅうはったつ)の福がいただけるということだ。さすが、商都・大阪らしい信仰で、招福猫の愛らしさもあって、多くの参拝客を集めている。ちなみに、右手を上げる招福猫は「お金招き」、左手は「人招き」の意味があるそうで、偶数月は右手、奇数月は左手を上げた招福猫が授与されるそう。(初辰まいりの受付時間/6:00-15:45)

御神木に寄り添うように建つ楠珺社 御神木に寄り添うように建つ楠珺社

社殿内では招福猫(写真左)が出迎えてくれる。毎月授与されるのが、写真右の小さな招福猫。右手を上げるのが「お金招き」、左手が「人招き」に 社殿内では招福猫(写真左)が出迎えてくれる。毎月授与されるのが、写真右の小さな招福猫。右手を上げるのが「お金招き」、左手が「人招き」に

美しい反橋や、五所御前も必見

境内のなかでも有数のSNS映えスポットといえば、神池に架かる「反橋」。朱色の欄干が美しいこの橋は、川端康成の作品にも描かれた住吉大社のシンボル的存在だ。現在の石造橋脚は、慶長年間に太閤秀吉の妻・淀君が豊臣秀頼公の成長祈願のために奉納したと伝えられている。最大傾斜が約48度あるものの、階段になっているので見た目よりも歩きやすく、この橋を渡るだけでお祓いになるとの信仰もあるとか。そのほか、境内には、「五」「大」「力」と書かれた石を拾ってお守りにすると、願いが叶うといわれる「五所御前(ごしょごぜん)」や、神様の使いである石造のウサギをなでて、無病息災を祈願する「なでうさぎ」もあり、見どころも満載。大阪の人々の心の拠り所でもある「すみよっさん」を訪れる際は各所をまわりながら、境内の自然も楽しんでゆっくりと散策したい。

神池に朱色の映える反橋。橋を渡るだけで「お祓い」になるとの信仰も 神池に朱色の映える反橋。橋を渡るだけで「お祓い」になるとの信仰も

五所御前は、約1800年前に住吉大神鎮座の際、最初にお祀りされた場所と伝えられる神聖な場所。「五・大・力」と書かれた石のパワーも納得! 五所御前は、約1800年前に住吉大神鎮座の際、最初にお祀りされた場所と伝えられる神聖な場所。「五・大・力」と書かれた石のパワーも納得!

スポット詳細

住所
大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
電話番号
0666720753
時間
[開門時間]6:00(10-3月は6:30)
[閉門時間]外周門16:00/御垣内17:00
休業日
無休
料金
[参拝料]無料
駐車場
あり(200台)
※但し、正月・夏祭期間は閉鎖(交通規制あり)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 立派です。
    4.0 投稿日:2020.11.04
    平日でしたので参拝者もまばらで、秋晴れでゆっくりできました。御朱印は書き置きだそうです。ちょっと残念でした。敷地はそんなに大きくはないけど、写真撮ってる方がちらほら。赤い太鼓橋は印象的ですね★
  • 大阪市内の寺社にしては・・・ましな方でした
    3.0 投稿日:2020.10.25
    ビルの間に位置していたり、すぐ後ろや視線の中に無粋なビルが目に入ったり・・・大阪市内の寺社ほど風情のない、神秘性に欠けるものはありませんねぇ。四天王寺とこの住吉さんはまだましな方です。久し振りに参詣させて頂いたがそこそこの神社でした。
  • 住吉さんは、海の守り神
    5.0 投稿日:2020.09.12
    住吉さんは、海の守り神です。ここ住吉大社は、全国住吉さんの総本家です。鳥居を潜ると、すぐに名物の太鼓橋が見えます。この橋は、見るからに上り下りが急勾配です。両側には、普通に渡ることができる橋があります。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          住吉・帝塚山エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました