甲賀市信楽伝統産業会館

資料/郷土/展示/文学館

信楽観光の前に立ち寄っておきたい、信楽焼の殿堂

日本六古窯のひとつ、信楽焼。信楽焼を目にする機会は少なくないけれど、いったいどんな焼き物……? そんな疑問に答えてくれるのが、甲賀市信楽伝統産業会館。定義から歴史まで信楽焼がひと目でわかる貴重なスポットだ。

信楽地域市民センターに隣接 信楽地域市民センターに隣接

信楽の中心地に建つ無料施設

信楽高原鐵道信楽線信楽駅から歩いて3分、地域市民センターに隣接する建物が2020年(令和2)春に移転リニューアルした信楽伝統産業会館。観光インフォメーションセンターを併設しており、信楽観光を始める前に立ち寄るのがおすすめ。信楽焼といえば、福井の「越前焼」、愛知の「瀬戸焼」「常滑焼」、兵庫の「丹波焼」、岡山の「備前焼」とともに日本六古窯(ろっこよう)のひとつに名を連ねる。1975年(昭和50)に国の伝統的工芸品に指定された由緒ある焼き物だ。

エントランスロビーの壁面作品「天の息吹、地の息吹」 エントランスロビーの壁面作品「天の息吹、地の息吹」

ひと目で学べる信楽焼ミュージアム

入って左手が企画展示室、右手が常設の「信楽焼ミュージアム」で、美術館のようにスタイリッシュな空間。展示は「創成期-信楽焼のはじまり-」、「発展期-茶の湯文化とともに発展-」、「隆盛期-近代化とともに隆盛してきた信楽焼-」の三部構成となっており、鎌倉中期から現代まで時系列で信楽焼の歴史が学べる。ミュージアムのエントランスにはひと目でわかるシアターもあり、信楽焼の世界に誘ってくれる。

ミュージアムに並ぶ信楽焼作品。信楽焼の椅子に座って鑑賞できる ミュージアムに並ぶ信楽焼作品。信楽焼の椅子に座って鑑賞できる

ミュージアムのエントランス ミュージアムのエントランス

信楽焼と茶の湯のかかわりを解説 信楽焼と茶の湯のかかわりを解説

信楽焼の歴史と魅力に触れる

信楽焼の発祥は鎌倉時代。太古の昔、信楽の地は琵琶湖の湖底であり、その地層から出る土はコシが強く粘りがあるため、なんでも作ることのできる陶土として信楽焼の発展を支えた。京の都に近かったことから商圏が拡大。焼成を経て作りだされる味のある「景色」が、茶の湯の侘びさびの精神に通じることから、茶の湯の世界でも重宝されたという。焼成のための窯も次第に進化し、江戸時代以降は連房式の登り窯の台頭により生産量が増え、ますます発展を遂げていった。現在も、日用品から芸術品まで広く愛され、約800年の伝統を今に受け継いでいる。ミュージアムをひと巡りすれば、信楽観光や窯元巡りの楽しみも広がることだろう。

車の登場により、信楽焼の製品を効率良く運搬できるようになった 車の登場により、信楽焼の製品を効率良く運搬できるようになった

土の温かみを感じられる信楽焼らしい製品 土の温かみを感じられる信楽焼らしい製品

スポット詳細

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1203
電話番号
0748822345
時間
9:00-17:00
休業日
木(祝の場合は翌日)
料金
[入場料]無料
駐車場
あり(約50台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          信楽・甲賀エリアのおすすめスポット

          滋賀のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました