長岡

NAGAOKA

城下町長岡を中心とした歴史と文化が残り、海と山、都市と自然が共存するバラエティに富んだエリア

新潟県第2の都市長岡市を中心に、南北に長い新潟県の中央部分にあたるのがこの長岡エリア。中央を貫く信濃川を中心に発展してきた歴史があり、海も山も楽しめるバラエティ豊かなエリアだ。江戸時代に築かれた長岡城は1868年(明治元)の戊辰戦争によりほぼ焼失、その後の長岡空襲でも市の中心部が再び壊滅的被害を受ける。長岡市はこの2つの大きな出来事を乗り越え、不死鳥の如く復興を成し遂げてきた歴史がある。長岡空襲の翌年から慰霊として毎年8月に開催されている「長岡花火」は毎年100万人以上が訪れる新潟県を代表するイベントだ。信濃川の河川敷に幅2kmもの大輪の華を咲かせる。長岡空襲を免れた摂田屋地区は現在も当時の姿を残し、今でも5つの醸造蔵が日本酒や醤油を醸しており、発酵の香りを楽しむ街歩きが人気だ。ほかにも、県内随一の魚市場がある寺泊や、錦鯉とへぎそばが名物の小千谷、茅葺き屋根の残る荻ノ島など見どころは多い。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    摂田屋
    醸造文化が花開いた醸造の町「摂田屋」
    吉乃川ミュージアムの位置する「摂田屋」地区は、豊富な雪どけ水と米などの穀物がたくさん採れたことにより醸造業が盛んになった。歴史ある摂田屋のなかでもひときわ目をひくのが、レンガ造りの煙突が目印の醤油蔵「越のむらさき」。創業は1831年(天保2)にさかのぼり「お口に召されるお客様を大事に、最良の逸品」をモットーに180年以上続いてきた。醸造の街、摂田屋にあって異彩を放つ「機那(きな)サフラン酒本舗」は、明治に入ってからサフラン酒の製造販売を始め、莫大な財をなした。その象徴として建てられたのが「鏝絵(こてえ)」の施された白い土蔵だ。鳳凰や麒麟、恵比寿・大黒などの姿が、鏝(こて)と漆喰(しっくい)だけを使って生きいきと描かれている。2020年(令和2)には「摂田屋6番街 発酵ミュージアム」と名前が変わり、地元食材を堪能できるカフェと発酵について学べるラボが新設され、人気のスポットとなっている。
    土蔵の黒と白のコントラストが街並みに映える
  • spot 02
    吉乃川ミュージアム
    知れば知るほど奥が深い【歴史と醸造の街】摂田屋を歩く
    JR宮内駅から徒歩15分。摂田屋地区は旧三国街道沿いに位置する。その昔、旅人を「接待」する休憩所があったことから「せったや」という名前がついたといわれている。室町時代に創業した酒蔵「吉乃川」は摂田屋のシンボル的存在だ。
    2019年(令和元)にオープンした「吉乃川酒ミュージアム醸蔵(じょうぐら)」
  • spot 03
    新潟県立歴史博物館
    縄文から現代、雪国の生活まで、新潟の歴史がすべてわかる欲張り博物館
    新潟県の歴史や民俗を総合的に知ることのできる「新潟県立歴史博物館」は、さまざまな視点から縄文文化を学べる「縄文博物館」としての機能も合わせ持つ、一度は足を運んでおきたい施設だ。
    美しい文様を付けられた縄文土器が並ぶ
  • spot 04
    国営越後丘陵公園
    全国的にみても珍しい「香り」に特化したバラ園へ出かけよう
    現在日本に「国営」と名のつく公園は、北は北海道、南は沖縄まで17か所あるが、そのうちのひとつ。1998年(平成10)開園。4㎢もの広大な敷地にさまざまな施設や遊び場が整備されている。
    入り口を入ると公園のシンボル「大けやき」が出迎えてくれる
  • spot 05
    寺泊魚の市場通り
    全国の海の恵みが集まる、新潟を代表する魚市場
    長岡駅から車で50分ほどで寺泊の魚の市場通り、通称「魚のアメ横」にたどりつく。日本海に面した国道沿いに海産物市場が軒を連ねている。
    週末になると多くの観光客が訪れる
  • spot 06
    錦鯉の里
    錦鯉発祥の地にある、海外からも注目される「錦鯉の聖地」を訪ねる
    錦鯉発祥の地、小千谷市の「錦鯉の里」はJR小千谷駅から車で5分。しっとりとした雰囲気の日本庭園と館内の観賞池に350尾もの錦鯉が泳ぐ、国内でも珍しい施設だ。
    錦鯉にはやはり和風庭園が似合う
  • spot 07
    わたや
    ご当地グルメ「へぎそば」をオリジナルのラー油で味わう
    注文したのは「みどりのピリ辛 鶏つけそば」というつけそばスタイルの一品。しっかりとした味付けの温かいつゆにそばをたっぷりとくぐらせていただく。まず感じるのは鶏肉の味わい深いダシ。そのあとにスッキリとした柑橘系の爽やかさが口中を駆け抜ける。「へぎ」と呼ばれる木製の器に盛られたそばは、食べるのがもったいなくなるほど美しい。そばは時間が経てば経つほど風味が落ちるので早めに食べるのがおすすめ。半分ほどいただいたら、お店いち押しの「みどりのラー油」をつゆに入れるとまた違った風味を楽しめる。こちらのラー油は「かぐら南蛮」と呼ばれるピーマンによく似た野菜を使ったわたやのオリジナル商品だ。
    新しいそばの形を提案する「鶏つけそば」(1254円)は特に若者に人気
  • spot 08
    荻ノ島環状集落
    まるでタイムスリップ!? 日本人なら一度は訪れたい茅葺き屋根の里
    柏崎市高柳町「荻ノ島環状集落」は、関越道六日町ICから車で48分。上越新幹線の越後湯沢駅からほくほく線に乗り継ぎ、まつだい駅からタクシーで20分のところにある人口50人ほどの小さな集落。まず目に入るのは茅葺き屋根の風景。昔話から飛び出てきたかのようなその姿はまさに日本の原風景だ。
    深呼吸をしたくなる景色が目の前に広がる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    旅の拠点となるのはJR長岡駅。新幹線が1日26本ほど運行している。

  2. その2

    見どころは多数あるが、それぞれ離れているので、マイカーやレンタカーなどを使って巡るのがおすすめ。長岡駅周辺には複数のレンタカーショップがある。

  3. その3

    8月に開催される長岡花火の前後は市内の宿泊施設が予約困難になるので、早めの予約が必須。

  4. その4

    摂田屋地区はJR長岡駅の隣、宮内駅から徒歩10分ほど。

  5. その5

    長岡市内から小千谷市内まではおよそ16km、柏崎市内までは40kmほど。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

新潟のその他のエリア

+ -
back
open

長岡エリア