佐渡

SADO

トキとの共存を実現。自然と歴史文化に彩られた日本海最大の離島

新潟県西部、日本海に位置する佐渡は東京23区の約1.4倍の面積を誇る日本最大の離島。島の中央部は国中平野という穀倉地帯が広がり、トキとの共生を目指した農業が行われている。北側の大佐渡山地は標高1172mの金北山を有し、天然杉や山野草を楽しめるトレッキングが人気だ。南側の小佐渡山地は、おけさ柿をはじめ果樹栽培が盛ん。海岸部は断崖絶壁や砂浜、磯など風光明媚な景色が広がる。観光の定番は、江戸幕府の財政を支えるほどの金採掘量を誇った佐渡金山。金山開発とともに江戸から持ち込まれた能は、民間にも広がり現在でも毎年4月から島内各所の神社仏閣で薪能奉納が行われている。能のほかにも狂言、文弥人形、歌舞伎、民謡、民話、鬼太鼓など多様な伝統芸能・文化が残っている。さらに、たらい舟、温泉、日本酒、鮮魚などその魅力は広範囲に広がる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    宿根木
    江戸時代の面影残る千石船で栄えた国の「重要伝統的建造物群保存地区」
    江戸時代中頃から明治にかけて、廻船業で栄えた宿根木の町並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。船主、船員、船大工が多く住んだ宿根木は船板などを利用した縦張りの外観が特徴的。江戸時代から使われた細い石畳の小路に情緒を感じる。
    船板を利用した板壁。細い路地の探索が楽しい
  • spot 02
    矢島体験交流館
    赤い太鼓橋のある美しい入り江で、たらい舟体験!
    透き通る青い入り江をつなぐ赤い太鼓橋が印象的な矢島・経島(やじま・きょうじま)。『平家物語』で鵺(ぬえ)退治に源頼政(みなもとのよりまさ)が放った矢が矢島産といわれている。また経島は流刑された日蓮聖人の放免状を携えた弟子の日朗(にちろう)が嵐に遭いひと晩経を読んで忍んだといわれることから命名された。静かで穏やかな入り江でのんびりたらい舟を体験できる。
    美しい入り江と赤い太鼓橋が印象的
  • spot 03
    佐渡歴史伝説館
    佐渡に流された偉人の歴史、逸話、伝説のルーツをロボットが再現!
    順徳天皇(じゅんとくてんのう)・日蓮上人(にちれんしょうにん)・世阿弥(ぜあみ)。京の都から配流された偉人たちの悲しい物語や佐渡の伝説・民話を等身大ロボットが案内する展示のほか、人間国宝蝋型鋳金作家、佐々木象堂(ささきしょうどう)の作品も見ることができる。
    世阿弥(ぜあみ)の「雨乞いの舞」をロボットが忠実に再現
  • spot 04
    佐渡金山
    400年の歴史、世界遺産登録を目指す日本最大規模の佐渡金山
    1601年(慶長6)、3人の山師により開山したといわれる佐渡金山。徳川幕府直轄の天領として江戸幕府の財政を支えた。江戸時代の手掘り坑道を見られる宗太夫抗(そうだゆうこう)コースと、近代技術の進んだ機械掘りを見られる道遊坑(どうゆうこう)コースがあり、400年間にわたり金の産出があった佐渡金山の技術を比べることができる。
    道遊の割戸(どうゆうのわれと) 巨大な金脈を掘り進んだ結果、山が割れてしまった
  • spot 05
    北沢浮遊選鉱場跡
    かつては東洋一といわれた選鉱場
    佐渡金山から車で約5分。突如、巨大な施設跡が見えてくる。夏はツタで覆われ、その出で立ちからはジブリ作品の『天空の城ラピュタ』をイメージする人も多い。冬にはこのツタが枯れ、古代遺跡らしさがいっそう増す。まず目に飛び込んできたこの建物は北沢浮遊選鉱場。日本で初めて金銀の採取に浮遊選鉱法を採用したのが佐渡金山だ。戦時下の大増産計画によって大規模な設備投資が行われ、東洋一といわれたこの選鉱場は、1か月に5万t以上もの鉱石を処理することができた。ほかにも金銀生産ラインの最終工程を受け持つ製錬所などの施設が次々と造られ、1937年(昭和12)から1952年(昭和27)までこれらの施設を使って操業が続けられた。今ではここでさまざまなイベントが行われ、夜は季節の変化に合わせたライトアップを楽しめる。この遺跡のある相川地区は海に沈む夕日が非常に美しい場所なので、夜に訪れるのもいいだろう。
    近代遺産の象徴、東洋一と呼ばれた北沢浮遊選鉱場
  • spot 06
    佐渡奉行所跡
    江戸幕府の財政を支えた天領佐渡、復元された奉行所でタイムスリップ
    行政・司法・市役所・警察署のほかに造幣所も兼ねた佐渡奉行所。「御役所(おやくどころ)」や「御白州(おしらす)」、採掘した鉱石から金を取り出す「寄勝場(よせせりば)」も復元されている。当時の面影を楽しめ、時代劇のなかにいるみたい!?
    現佐渡奉行所には御役所と勝場が復元されている
  • spot 07
    佐渡西三川ゴールドパーク
    佐渡唯一の砂金採り体験! 金のことならなんでもわかる体験型資料館
    平安時代に発見されたといわれる西三川砂金山。佐渡西三川ゴールドパークでは金にまつわる資料や映像があり砂金山の歴史が学べ、自ら砂金を採る体験もできるスポット。修学旅行や家族旅行に人気。
    砂金のことならなんでもわかる西三川ゴールドパーク
  • spot 08
    トキの森公園
    絶滅危惧種「トキ」を間近で見られる日本唯一の施設
    トキの森公園は、絶滅危惧種であるトキを野生に近い形で観察し、トキの生態について学ぶことのできる施設。飛翔する姿、エサを捕まえる姿、子を育てる姿など野生下ではなかなか肉眼で確認できない姿もここで見ることができる。
    トキを間近で見ることのできる「トキふれあいプラザ」
  • spot 09
    清水寺
    苔むした参道の先にあるのは清水の舞台? 木々に包まれ静寂を守る歴史あるお寺
    真言宗 豊山派(しんごんしゅうぶざんは) 東光山 清水寺(とうこうざんせいすいじ)。木々のなかにひっそりと建つ清水寺は、どの季節に参拝してもそれぞれ美しい。島内には数多くの神社仏閣があるが、京都の清水寺を思わせる舞台は観光客をひきつけてやまない人気のスポットだ。
    京都の清水寺を思わせる舞台
  • spot 10
    二ツ亀・大野亀
    「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」2つ星。絶景の日本海に臨む島
    二ツ亀・大野亀に共通するのは圧倒的な自然のパワー。大野亀は5月下旬から6月上旬、トビシマカンゾウの大群生が、二ツ亀は夏、『日本の快水浴場百選』に選ばれた透明な海が、島内外多くの人の心をひきつけてやまない。
    大野亀から二ツ亀の全景を望む
  • spot 11
    尖閣湾揚島遊園
    北欧のフィヨルドに匹敵? 荒波がつくった自然の造形美、尖閣湾
    冬の日本海の強い風と荒波がつくり上げた雄大な景色は、高さ約20mの断崖絶壁が連なるジオパーク。遠景、近景どちらもダイナミック! 海中にも広がる複雑で切り立った岩々を、海中透視船(グラスボート)で楽しもう!
    約3㎞の海岸に広がる風光明媚な景色
  • spot 12
    長谷寺
    四季折々の花にあふれる花の寺、長谷寺。ユニークな体験が特徴
    真言宗豊山派 北豊山長谷寺(しんごんしゅうぶざんは きたぶざんちょうこくじ)は、807年(大同2)創建。本尊にある国指定重要文化財、十一面観世音立像三体は弘法大師の作と伝えられ、秘仏として33年ごとに御開帳されている。境内には年中花が絶えることなく咲き競い、参拝者に喜ばれている。
    長谷寺は山を切り開き創建された。花の寺としても有名
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    佐渡への航路は2つあり、新潟港から佐渡の両津港まではジェットフォイルで70分、カーフェリーで2時間30分。直江津港から佐渡の小木港へはジェットフォイルで75分。

  2. その2

    島内の移動はおもに車。端から端まで車で約2時間あるので、目的が広範になる場合は計画が必要。

  3. その3

    カーフェリーに自家用車を乗せられるほか、両津港周辺には複数のレンタカー会社があるほか、小木港にもレンタカーの営業所がある

  4. その4

    新潟交通の定期観光バスを利用すると効率良佐渡の観光地を巡ることができる。

  5. その5

    冬期には船が欠航することも。出航情報のチェックが必要。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

新潟のその他のエリア

+ -
back
open

佐渡エリア