妙高・上越

MYOKO / JOETSU

雄大な自然と、豪雪地帯ではぐくまれた城下町の歴史を堪能できる人気観光エリア

歴史と自然にあふれた3つのエリアからなる妙高・上越。城下町として栄えた上越エリアには、越後の都として安土桃山時代から城の変遷とともに歩んできた長い歴史がある。見どころも多く、上杉謙信(うえすぎけんしん)がいた春日山城址や国内有数の広さを誇る高田城址公園をはじめ、豪雪地帯特有の雪除け屋根がせり出した雁木通りには、明治からある町家など文化的な景観が残る。妙高戸隠連山国立公園(みょうこうとがくしれんざんこくりつこうえん)に位置する妙高エリアは、名爆・苗名滝(なえなたき)やいもり池など誰でも楽しめる自然アクティビティにあふれている。妙高高原からは「日本百名山」のひとつである妙高山を一望できる。富山県との県境にあたる糸魚川エリアは日本で初めてユネスコから世界ジオパークに認定され、日本随一のヒスイの産地でもある。その歴史は縄文時代にまで及び、5000年前の遺跡からヒスイ文化が確認されているほど。フォッサマグナミュージアムやヒスイ海岸では石の町ならではの体験が可能。日本海から城下町、百名山のふもとの高原まで魅力的な観光スポットが豊富なエリアだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    高田城址公園
    約4000本の桜に囲まれた国内有数の広さを誇る公園
    徳川家・松平忠輝の居城であった高田城の城跡に造られた高田城址公園。公園全体が県の史跡に指定されており、「歴史公園100選」にも選ばれている。春には「日本三大夜桜」、夏には堀一面に咲くハスの花を楽しむことができる人気観光スポットだ。
    高田城址公園のシンボルである高田城三重櫓(さんじゅうやぐら)
  • spot 02
    春日山城跡
    「土の城」、難攻不落の天下の名城を味わい尽くす
    戦国時代の名将・上杉謙信(うえすぎけんしん)の居城として知られる春日山城跡。山頂に位置する本丸からは頸城(くびき)平野・日本海を一望でき、付近にある神社や本丸への山道は地元住民や観光客で賑わう。また最盛期の城地規模は全国屈指の広さだ。
    1969年(昭和44)の大河ドラマ『天と地と』放映にあたり制作された上杉謙信の銅像
  • spot 03
    上越市立歴史博物館
    城内にある歴史博物館、そこで触れる「越後の都」の物語
    高田城址公園内に位置する上越市立歴史博物館。常設展示では「越後の都」にちなんだ地域にまつわる歴史を学ぶことができ、館内にはカフェやショップも併設。無料開放されているラウンジでは市内の観光情報が豊富で、観光拠点としても利用できる。
    昔の姿はそのままに、現代に合わせて改装しリニューアルオープン
  • spot 04
    町家交流館 高田小町
    日本屈指の豪雪地帯に明治から残る町家
    高田城の城下町として整備されてきた高田の街。日本屈指の豪雪地帯としても知られており、雪よけの屋根がせり出した雁木(がんぎ)の総延長は日本一の長さを誇る。そんな雁木通りが続く風情ある街を高田駅から北へ少し歩くと、モダンな建物が見え始める。1908年(明治41)の旧陸軍第13師団入城を機に洋風化・近代化が進み、映画館や洋風の商店が誕生していった。「町家交流館 高田小町」も、明治時代に建築された町家のひとつだ。2007年(平成19)に卸問屋だった旧小妻家(こづまや)が整備されたもので、今は地元住民の交流施設、また城下町高田のまち歩きの拠点・休憩所として活用されている。高田の町家の特徴でもある梁組みや吹抜け、傾斜天井や土蔵(どぞう)などが残り、無料で見学可能だ。周辺にある江戸時代末期に建てられた上越市文化財「旧今井染物屋」や、国登録有形文化財に登録されている日本最古級の映画館「高田世界館」も訪れたい。
    雁木通りが続く高田の街に現れる「町家交流館 高田小町」
  • spot 05
    上越市立水族博物館 うみがたり
    マゼランペンギン飼育数日本一を誇る水族館
    日本海の眼前に建つ「上越市立水族博物館 うみがたり」。日本海をバックにしたドルフィンパフォーマンスや、飼育数日本一を誇るマゼランペンギンへのエサやりイベントなどが披露され、県外からも多くの観光客が訪れる上越屈指の人気観光スポットだ。
    定期的に開催されるドルフィンパフォーマンスは多くの観光客で賑わう
  • spot 06
    苗名滝
    国立公園内にある「日本の滝百選」に選ばれた名瀑
    「日本の滝百選」にも選ばれている苗名滝。落差55mから流れ落ちる滝は、ダイナミックな水しぶきと森に響く轟音が迫力満点。トレッキングを手軽に楽しめ、自然に癒やされる国立公園ならではの景観で、妙高エリアの人気観光スポットになっている。
    夏でも十分な水量がある苗名滝周辺では水しぶきによる涼しさを感じることができる
  • spot 07
    いもり池
    妙高山を一望できるバリアフリーな池
    2015年(平成27)に新しく誕生した国立公園「妙高戸隠連山国立公園」。信越地方を代表する国立公園の中にあるいもり池は、妙高高原の雄大な自然を誰でも気軽に楽しむことができる人気観光スポットだ。いもり池の周囲は約500mで、一周20分ほどで歩いて回れる。なんとこの外周はすべてバリアフリーに対応しており、車椅子の方でも安心して利用できるようになっているのがありがたい。またいもり池からは黒姫山をはじめ、日本百名山にも選ばれる妙高山などの山々が一望でき、季節や天候が良ければ池に妙高山が反射して映る「逆さ妙高」を見ることもできる。入り口から少し歩いたところには新妙高高原ビジターセンター(2022年4月オープン予定)が新設される予定で、妙高エリアの観光拠点としてさらに利便性が高まることが期待できる。四季を通じてさまざまな草花や野鳥を観察することができ、特に雪どけシーズンには10万株以上ものミズバショウが咲き乱れることでも有名だ。
    いもり池の外周はバリアフリー対応で、傾斜のない整備された道が続く
  • spot 08
    フォッサマグナミュージアム
    ユネスコ世界ジオパークの糸魚川で、日本一の「石の博物館」を楽しむ
    フォッサマグナミュージアムは日本で初めて世界ジオパークに認定された糸魚川にある石の博物館。常設展示ではヒスイをはじめとした珍しい鉱物や化石の展示に加え、地球や日本列島誕生にまつわる歴史を映像で楽しむことができる。
    第2展示室「糸魚川大陸時代」ではヒスイの歴史や科学について展示
  • spot 09
    糸魚川歴史民俗資料館
    童謡『春よ来い』、早稲田大学校歌『都の西北』の作詞者の歴史をたどる
    糸魚川駅から徒歩6分、市役所の目の前にひっそりとたたずむ糸魚川歴史民俗資料館は、小ぶりだがどこか歴史を感じさせる雰囲気がある。この資料館は「相馬御風記念館」とも呼ばれ、主に相馬御風に関係した資料が多く展示されている。1883年(明治16)に糸魚川で生まれた相馬御風は、あの有名な童謡『春よ来い』や早稲田大学校歌『都の西北』などの作詞を手がけた著名な作詞家だ。肩書は多岐にわたり、歌人、詩人、文学者、自然主義評論家、翻訳家、随筆家、郷土研究家、さらに江戸時代後期の曹洞宗僧侶である良寛(りょうかん)研究の第一人者でもある。資料館には、御風が収集した小物・民具などが収蔵されているほか、親交のあった人々の作品・古書画なども展示されている。駅から徒歩5分の距離にある相馬御風宅は、1952年(昭和27)に県の史跡に指定され、今でも御風が生活していた当時の面影を残す。2階の書斎からは御風が執筆活動中に眺めたであろう景色を見ることができる。
    館内には相馬御風(そうまぎょふう)に関係する多数の資料が展示されている
  • spot 10
    ヒスイ海岸
    運が良ければ国石ヒスイを見つけられる海岸
    糸魚川は国内随一のヒスイの産地で、古来よりヒスイにまつわる伝説が残っているほどだ。国石であるヒスイは本来貴重な鉱物だが、この海岸では運良くヒスイを見つけたら持ち帰ることができる。
    夏は海水浴場としても人気のスポット、ヒスイ海岸
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    上越エリアでは「えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン」を利用したい。城下町や高田城址公園にアクセスできる高田駅、春日山城跡へアクセスできる春日山駅、上越市立水族博物館うみがたりへアクセスできる直江津駅がつながっている。

  2. その2

    妙高エリアでは、えちごトキめき鉄道やしなの鉄道の妙高高原駅から発車しているバスで苗名滝やいもり池へアクセスすることができる。トレッキングコースなども多数用意されているので、歩きやすい靴を履いていくのがおすすめだ。

  3. その3

    糸魚川エリアの見どころは、海岸、駅周辺、美山公園(みやまこうえん)とそれぞれ少し離れたところにあるが、バスや電車などでの移動も可能。ヒスイ海岸での石ころ採集やフォッサマグナミュージアムでの化石採集体験を考えている場合は、荷物が増えるので車移動がおすすめだ。

  4. その4

    冬季はどのエリアも降雪が予想されるため、お目当ての観光スポットやそこで行われるイベントが通常営業しているか、事前に公式サイトなどで確認しておこう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

新潟のその他のエリア

+ -
back
open

妙高・上越エリア