弥彦・三条

YAHIKO / SANJO

臨場感あふれる職人の世界に触れられる日本有数のものづくりの街

新潟県のほぼ中央に位置し、新潟に稲作をはじめ諸産業の基を広めた神様・伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)を祀る越後一ノ宮・彌彦神社と、その背後にそびえる弥彦山に見守られている地域。アジサイの美しい護摩堂山や良寛ゆかりの地など、名所旧跡が数多く存在する。田園風景のなかを貫くのは、日本一の長さを誇る大河、信濃川。そのたび重なる氾濫により肥沃な大地が形成され、米や果樹などの農業が盛ん。三条市と隣接する燕市はともに江戸時代から続く金属加工の産地としても日本有数の地として知られており、日用品はもとより伝統工芸品からノーベル賞晩餐会のカトラリー開発まで、日本のみならず世界から高い評価を受けている。職人の手仕事を見学できる工場、ものづくり体験のできるスポットやイベントなど、職人文化に触れる旅ができるのはものづくりの町ならでは。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    道の駅 燕三条地場産業振興センター
    五感で楽しむ日本有数の金属加工の街・燕三条
    江戸時代より代々伝統の技が受け継がれてきた日本有数の金属加工の産地・燕三条。ショッピングや職人体験、レストランでの食事などを通じてその奥深さを体感できる道の駅だ。
    キッチンツールや洋食器、大工道具、アウトドアグッズなどバラエティ豊富
  • spot 02
    庖丁工房タダフサ
    鍛冶の街で手に入れる、職人技の光るマイ包丁
    切れ味に優れている鋼を切れ刃に採用した包丁を、職人たちが社内で一貫製造している1948年(昭和23)創業の包丁メーカー。本格派の包丁でありながら暮らしのなかでの使いやすさとモダンなデザインを兼ね備えたラインナップは、国内外で高い人気を呼んでいる。工場併設のショップでは、包丁に詳しいスタッフと相談しながら、家庭用からプロフェッショナル向けまで目的に合った使いやすい1本を探すことができる。ショップ限定のアウトレット商品や一点物が店頭に並ぶことも。「売って終わりではなくその先の長いお付き合いを」と、日々のお手入れと定期的な研ぎ直しで長く愛用できる包丁の製造はもちろん、自社・他社製品問わず、包丁研ぎや修理にも対応している(有償)。使いやすく料理が楽しくなるお気に入りの1丁を、鍛冶の街で探してみよう。
    三徳から柳刃、蕎麦切りなど多彩な包丁をスタイリッシュに展示
  • spot 03
    諏訪田製作所
    ものづくりの町・燕三条で、職人の仕事現場に潜入
    90年以上「刃と刃を合わせて切る」ニッパー型の刃物、特につめ切りの製造を中心に、商品開発・材料選びから仕上げまで、すべて自社の職人が手がけている。そのクオリティの高さは、国内外のネイリストや医療従事者といったプロフェッショナルから支持されるほど。本社は職人の仕事を見学できるオープンファクトリーになっており、つめ切りの購入や試し切りもOK。ショップ限定のアウトレット商品やつめ切りへの名入れサービスなども行っている。併設の社員食堂兼カフェレストランでは、ランチや軽食、本格エスプレッソなどこだわりのメニューがラインナップ。オリジナルレシピのソフトクリームも人気メニューだ。近隣にはオープンファクトリーで箸の製造現場を見学できるマルナオや、燕三条駅近くの地場産センターなどもある。燕三条の職人仕事に触れる旅へ出かけてみては。
    SUWADAのつめ切りは切れ味のやさしさと、ツルツルした切断面の美しさが特徴
  • spot 04
    青海神社
    上杉謙信の母も月参りした安産の神様に祈りを届けに
    北陸の小京都」とも称される加茂市の市街地から徒歩5分というロケーション、安産の神様として知られる古社。深い緑のなか、心が澄みわたるような神聖な空気を吸い込みながら参拝したら、自然散策や街歩きを楽しもう。
    拝殿は172段の石段の先だが、そばに駐車場が完備されている
  • spot 05
    彌彦神社
    万葉の昔から愛される神社で癒やしの開運旅へ
    2400年もの歴史を誇り、いにしえの時代から参拝客で賑わう彌彦神社。森のなかにたたずむ社はパワースポットとしても知られ、周囲には登山コースやドライブコース、温泉郷も広がり、じっくり泊まって堪能したくなる。
    年間400回を超える祭典をはじめ、数多くの神事が執り行われている
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    旅の拠点となるのは上越新幹線の燕三条駅。在来線は信越本線に接続するが本数が少ないため注意。周辺には複数のレンタカーショップがある。

  2. その2

    弥彦神社の最寄駅である弥彦駅は、信越本線の東三条駅からJR弥彦線に乗り換える必要がある。1時間に1本しか運行していないので事前にダイヤの確認を。

  3. その3

    燕エリアと弥彦エリアの人気の産業観光や史跡巡りを楽しめる観光タクシーを利用すると、よりローカルな話が聞けるのでおすすめ。複数のタクシー会社が運行しており、予約が確実。

  4. その4

    自家用車やレンタカーで移動する場合、三条市内は一方通行や狭い道が多いので事前の経路確認やナビの準備をしておこう。

  5. その5

    山や川、キャンプ場や温泉、自然のアクティビティが充実しているので、アウトドアを楽しめるエリアでもある。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

新潟のその他のエリア

+ -
back
open

弥彦・三条エリア