福島の湿原/池塘スポット一覧

  • 尾瀬国立公園
    旅行/観光
    群馬県、栃木県、福島県、新潟県
    国民的愛唱歌「夏の思い出」のモチーフとして知られる本州最大の高層湿原、尾瀬ヶ原を有する国内29番目の国立公園。ミズバショウやヒオウギアヤメ、オコジョといった湿地ならではの動植物や、ニッコウキスゲ、タテヤマリンドウ等の高山植物が数多く見られる。園内一帯は笠ヶ岳や至仏山、燧ヶ岳といった山々で形成される山岳地帯のため、季節に応じた登山用装備・服装は必須。エリア内には3箇所のキャンプ場と2箇所のビジターセンターがあり、散策・登山の拠点となっている。
  • 雄国沼湿原
    旅行/観光
    福島県耶麻郡北塩原村桧原
    福島県耶麻郡北塩原村の「雄国沼」にある、標高1000mを越える高原。毎年6月下旬から7月上旬に見頃となる、「ニッコウキスゲ」の植物群落があることで有名である。国の天然記念物にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。また、開花の時期には自然保護のため、マイカーを規制し、シャトルバスを運行している。
  • 下田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 上田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 大江湿原
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
    尾瀬沼東岸の湿原は夏のニッコウキスゲの大群落として知られている。その密度は尾瀬随一。ニッコウキスゲの当たり年には、湿原全体が黄色いじゅうたんに見えるほどだ。見頃は尾瀬ヶ原より約1~2週間ほど遅れた時期。尾瀬ヶ原より標高が高く、ニッコウキスゲ以外にも多くの花が咲く湿原だ。
  • 熊沢田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
    御池登山口と燧ヶ岳山頂の中間に位置する湿原。7月末にはキンコウカの花が湿原一面を黄色に、秋には草の葉が赤や黄色のモザイクに染め上げる。また熊沢田代より下にある広沢田代付近でのツツジ類やヒロハツリバナなどの紅葉も楽しめるため、秋の登山客は特に多い。
  • 尾瀬国立公園田代山
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町田代山
  • 赤田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 白砂田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 横田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 御池田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 広沢田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 東田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • メラッパシ田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 赤安田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 大丈田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 山犬田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 七兵衛田代
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村
  • 宮床湿原
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町
  • 矢の原湿原
    旅行/観光
    福島県大沼郡昭和村

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す