全国の文化財スポット一覧

  • 熊野磨崖仏
    rating-image
    4.0
    114件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染平野
    平安時代末期に岩肌を彫って作ったといわれる国内最古の仏像。約8mの高さの不動明王像、約6.7mの大日如来像の二体があり、どちらも国内最大級の磨崖仏で、国の重要文化財、および史跡に指定されている。参拝するためには、急な石段を登らなければならず、歩きやすい靴で出かけるのがオススメ。杖のレンタルも可能。拝観時間は夕方頃まで。

    他の口コミ通りけっこう厳しい石段を登らないと石仏は見れません。 よって脚の不自由な方は難しいでしょう。家の女房もこの手のものは苦手だけど強引に登らしたら何とか登れた。が、帰りはもう脚がガタガタで降りるの大変でした。 靴は運動靴や登山靴で、チケット売り場で無料で借りれる杖を借りていくべき。 石仏は大きく迫力あるので一見の価値あり。苦労の末の拝見は、ご利益ありそうだ

  • 最勝院五重塔
    rating-image
    4.0
    85件の口コミ
    旅行/観光
    青森県弘前市大字銅屋町63
    津軽における寺社への大きな影響力をもった金剛山最勝院が有する国指定重要文化財で、寛文7年(1667)に建立された。塔の内部は金箔や銀箔のほか、群青など極彩色で彩られ、本尊胎蔵界大日如来、脇仏に稚児聖徳太子像、十王像が安置されている。境内の枝垂桜や新緑とのコントラストなど、四季折々に変化する美しい景観も見所のひとつ。津軽統一戦の戦没者の供養のために建立された最勝院は、五重塔をはじめとして深い歴史を感じさせる。

    朝、早起きをしてホテルから散策しました。 五重塔と、枝垂れ桜がとてもきれいでした。 小雨の降る早朝、瑞々しい景観に、癒されました。

  • 旧朝倉家住宅
    rating-image
    4.0
    90件の口コミ
    旅行/観光
    東京都渋谷区猿楽町29-20
    東急東横線、代官山駅から徒歩5分の所にある文化遺産。東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって大正8年(1919)に建築された。関東大震災以前に遡ることができる数少ない和風建築であり、歴史的文化的価値が高いことから平成16年(2004)に国の重要文化財に指定されている。木造2階建てで、一般公開されている主屋はほぼ全室が畳敷き、屋根は瓦ぶきとなっているなど当時建設された邸宅の特徴が反映されている。また庭園は回遊式庭園となっており、四季折々の景色を楽しむことができる。

    旧山手通りにあるヒルサイドテラスの裏側に、大正時代に建てられた旧朝倉家住宅が公開されています。 朝倉家は明治以降、米の販売などで財を成した商家で、明治から大正時代に東京府議会議長や渋谷区議会議長を務めた朝倉虎次郎氏の住宅として大正8年に建てられた建物です。 二階建て純和風の大型住宅で、装飾は控えめながらも屋久杉の一枚板を使ったりしていて趣を凝らした作りになっています。 戦後は政府高官の公邸高官や渋...

  • 廻船問屋瀧田家
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県常滑市栄町4-75
    愛知県常滑市にある大型民家。常滑市の指定有形文化財に指定されており、1856年頃に建てられた瀧田家の屋敷を復元したもの。主家・離れ・倉庫等が公開されている。また屋敷内では生活道具や廻船に関連する資料が展示されており、愛知県内では珍しい廻船問屋の展示施設となっている。

    仏間に設置した12分の説明ビデオは簡潔に廻船問屋の事業内容と歴史を説明されていて見分の価値ありです。やきもの散歩道コースにも組み込まれていて入場料200円ですが寄られるだけのものはあると思います。帳場と裏にある離れはその時代を感じさせてくれます。2階にも上がれましてその眺めも風情があります。

  • ジェームス邸
    旅行/観光
    兵庫県神戸市垂水区塩屋町6-28-1
    山陽電鉄本線「滝の茶屋駅」より徒歩7分。明石海峡と淡路島を見渡す「ジェームス山」の一角に建つ、スパニッシュ様式の迎賓館を利用したフレンチスタイルのレストラン。80年の歴史を紡ぐ風格にモダンな設えを融合させた空間で、目にも舌にも鮮やかなこだわりの一皿が愉しめる。スペシャリテは特選黒毛和牛を5時間以上炭火焼きにしたローストビーフ。専属ソムリエがその日の天候や温度、料理の塩加減を計算して提案するワインも絶妙。
  • 臨江閣
    旅行/観光
    群馬県前橋市大手町3-15
    前橋市大手町にある近代和風の木造建築で、本館・茶室は県指定、別館は市指定の重要文化財となっている。本館は明治17年(1884)に迎賓館として、別館は明治43年(1910)に貴賓館として建てられた書院風建築。明治17年(1884)建築の茶室はわびに徹した草庵茶室。イベントや催事利用の他、事前に申請すると結婚式の前撮り等、撮影することも可能。別館1階には売店もあり、前橋の土産品などが購入できる。
  • 多宝塔
    旅行/観光
    広島県廿日市市宮島町1-1
    国重要文化財である、嚴島神社の西の丘に立つ二重の塔。僧侶の周歓が大永3年(1523)に建立したと伝えられている。純和様を基調とする外部は細部に禅宗様の特徴が表れており、上層は円形、下層は方形、屋根は上下とも方形という珍しい構造をしている。厳島合戦の折には陶軍が最初に陣を敷いた場所で、現在は桜の名所として有名。夜間にはライトアップも行っており、嚴島神社の美しい背景として写真に収める観光客も多い。
  • 黒島天主堂
    旅行/観光
    長崎県佐世保市黒島町3333
  • 丸八百貨店
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    滋賀県高島市朽木市場838
    バス停「朽木支所前」から徒歩で約5分、京都東ICから車で約70分。高島市朽木支所から南西に向かいすぐのところにある国の有形文化財。今は地域の女性グループが運営しており、近隣住民が集まるコミュニティの役割を持つカフェ以外にも、観光客向けに無料休憩所として開放されている。10月から5月、団体予約限定で郷土料理も振舞われる。お菓子や工芸品のお土産も販売している。

    昭和8年に建築されたものらしい。木造洋館で我が国の登録文化財にも指定されていました。訪れた目的は喫茶であって、わざわざ古くもなく、新しくもないと云う昭和初期の建物を見学に来た訳ではありません。寺社は別にして、やはり木造は一定期間(100年前後)が過ぎると古さだけが顕著になって・・・石製やレンガ製のような重厚さは出て来ないですねぇ。ここへも喫茶の表示につられて一服のために立ち寄っただけです。普通の喫...

  • 旧商家丸一本間家
    旅行/観光
    北海道増毛郡増毛町弁天町1
    稲葉町一丁目交差点付近に、明治35年(1902)築の姿をそのまま今に残す「旧商家丸一本間家」。本間家は明治8年(1875)に呉服商として開業し、その後も鰊漁の網元から海運、酒造などの事業を展開。天塩国で随一の豪商と呼ばれた。出入り口左手にある呉服店舗は大火で消失した教訓を活かし、火に強い「木骨石造」建築の頑丈な造りで、当時の建築様式を知ることができる。修繕・復元された建物の内部を見学でき、貴重な調度品などを見学できる。平成15年(2003)に国指定重要文化財に認定された。
  • 祇園甲部歌舞練場
    旅行/観光
    京都府京都市東山区祇園町南側570-2
    京都市東山区にある歌舞練場。明治6年(1873)に「建仁寺塔頭清住院」を改造したもので、大正2年(1913)に現在の場所へ移築され、京都府の有形文化財に登録されている。舞妓による伝統芸能・都をどりの会場としても使用されていることでも知られる。(改修工事のため休館)
  • 上問屋史料館
    旅行/観光
    長野県塩尻市大字奈良井379
    平成19年(2007)に国の重要文化財に指定された「上問屋資料館」は、近世初期から幕末まで継続して問屋をつとめ、近世後期には庄屋も兼務していた。その間に残された、古文書や、日常生活に使用した諸道具類を展示している。古文書は約100点、諸道具は約300点にものぼる。3月上旬-11月下旬に開館。JR奈良井駅から徒歩約15分。
  • 旧岸名家
    旅行/観光
    福井県坂井市三国町北本町4-6-54
    坂井市三国町北本町4丁目にある歴史的建造物。江戸から明治初期にかけて日本海での「北前船」を使った交易の港町として栄え、九頭竜川を運ばれる物資の集散地でもあった三国湊で代々材木商を営んだ岸名家の住宅で、国の有形文化財に登録されている。一般公開されており、建物内部では資料展示も行われている。
  • 嚴島神社大鳥居
    旅行/観光
    広島県廿日市市宮島町1-1
    平安時代の文化の特色が色濃く残る日本屈指の名社・嚴島神社のシンボル的建造物。海面に高さ約16.6m、主柱周り約9.9m、棟の長さ約24.2mの木造両部鳥居(四脚鳥居)がそびえ立つ。現在の大鳥居は明治8年(1875)に再建されたもの。平安時代から数えて8代目にあたり、建立するにあたっては巨木探しに20年もの歳月を要したと言われている。奈良の大仏とほぼ同じ高さを誇る鳥居の根元は海底に埋められておらず、松材の杭を打って地盤を強化し自重で立っているのが特徴だ。損傷や老朽化が進んでいるため、令和元年(2019)6月から大規模な保存修理工事が行われている。
  • 香川家長屋門
    旅行/観光
    山口県岩国市横山2
    岩国市横山2丁目にある歴史的建造物。岩国藩の五家老の一つ香川家の長屋門として、1693年に建築されたもの。同市にある「錦帯橋」の架替え工事の際に棟梁を務めた大工・大屋嘉左衛門の手による建築で、元禄時代の武家屋敷の様式を今に伝える貴重な建造物として県の文化財に指定されている。
  • 湯ノ山明神旧湯治場
    旅行/観光
    広島県広島市佐伯区湯来町和田
    広島市佐伯区にある湯治場。国指定の重要有形民俗文化財になっており、江戸時代には広島藩主浅野公も湯治を行っていた。現在はかつての湯つぼの下に共同浴場が設置されており、板壁に残された入湯者の墨書などで当時の様子をうかがうことができる。
  • 赤崎神社楽桟敷
    旅行/観光
    山口県長門市東深川字土井の内2668
    山口県長門市にある野外劇場。赤崎山の北東斜面にある、すり鉢状の地形を利用している。約400年前に、この地方一帯で牛馬に病気が流行ったため「赤碕神社」に祈願したところ、その願いが叶ったということから、その感謝を表すために楽踊などの芸能を奉納した。学問的に価値の高い文化財として知られている。
  • 旧長崎税関三池税関支署
    旅行/観光
    福岡県大牟田市新港町1-25
    三池港の開港と同時に開帳した税関支署跡。明治41年(1908)に建てられたこの建造物は、国内でも数少ない明治期の税関庁舎遺構だ。建物は木造茅葺きの平屋建て。木製の円形飾りがついた天井や、窓に残る上下開閉式の仕組みが特徴だ。日本の近代化を支えた近代化産業遺産として市の指定文化財になっており、その名前は国内の世界遺産暫定一覧表にも記載されている。
  • 寺山炭窯跡
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市吉野町10710-68
    150年以上前に作られた炭焼き窯跡。大砲や鉄砲などの薩摩の鉄製武器を作る反射炉で燃やす炭を作るために作られ、普通の木炭よりさらに強い熱を発する白炭を作り出した。平成27年(2015)に世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして登録された。現在は自然散策路の一部となっており、車でアクセスする場合は寺山ふれあい公園に駐車して徒歩で移動することになる。(災害復旧事業中のため立入禁止)
  • 関吉の疎水溝
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市下田町1263先
    あべき川の上流、関吉から磯地区まで約7kmにもおよぶ用水路。島津斉彬が集成館事業の高炉や、砲身に弾を通す穴をあける装置の動力として水車を利用、その供給水のために作らせた。「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼・造船・石炭産業」の構成遺産の一つとして平成27年(2015)、世界文化遺産に登録された。

写真から観光情報を探す

目的から探す