川原町界隈

伝統的町並み/家並み

日本家屋が立ち並ぶ、長良川のほとりの「古いまちなみ」

金華山と長良川に挟まれた一角に位置する、川原町(かわらまち)界隈。かつての日本の景色を今に伝えるエリアには、趣はそのままに新しい風が感じられるスポットも。長良川のせせらぎを聞きながら、ふらりと散策してみよう。

電線が地中化された、趣ある景観の川原町の「古いまちなみ」 電線が地中化された、趣ある景観の川原町の「古いまちなみ」

風情ある日本家屋の町並みを散策

長良川に架かる長良橋南詰の鵜飼遊覧船乗り場から西に向かった先にある、岐阜市の観光エリア、川原町界隈。実際には「川原町」という町名はないが、湊町・玉井町・元浜町の3つのエリアを総じて、「川原町」と呼んでいる。川原町界隈に足を踏み入れると、格子戸のある家屋や狭い間口に長い奥行きを持つ、昔ながらの日本家屋が軒を連ねる町並みが見えてくる。そのうちの11軒は、市の都市景観重要建築物に指定。岐阜市の歴史を探訪をするならば、「ぎふ長良川の鵜飼」や岐阜城とともに訪れたいスポットだ。

都市景観重要建築物指定の日本家屋は、玄関付近に設置されているプレートが目印 都市景観重要建築物指定の日本家屋は、玄関付近に設置されているプレートが目印

今では懐かしい、昔ながらの郵便ポストの姿も 今では懐かしい、昔ながらの郵便ポストの姿も

城下町から、長良川の港町として発展

川原町界隈の歴史は、斎藤道三公や織田信長公が統治していた16世紀中頃までさかのぼる。当時から市場が開かれ、商業の拠点として繁栄していた。江戸時代になると長良川の重要な港町としてさらに発展。奥美濃からの木材を扱う材木問屋や、美濃和紙などを取り扱う紙問屋が集まり、問屋町として栄えた。大戦中は奇跡的に岐阜空襲の戦火から逃れたために、当時の商家をしのばせる格子組の建物が多数残る。風情ある町並みを歩いていると、庇(ひさし)の上にほこらが置かれた家に出合うだろう。これは火伏せの神様で知られる秋葉神社のほこらで、町を火災から守るために祀られたものだ。市民から「秋葉様」や「屋根神様」の名で親しまれるこのほこらは、今も川原町界隈を見守っている。

屋根神様を祀る風習は、岐阜県や愛知県で見られる 屋根神様を祀る風習は、岐阜県や愛知県で見られる

岐阜の伝統工芸品「岐阜うちわ」の販売店。涼しげな「水うちわ」が人気 岐阜の伝統工芸品「岐阜うちわ」の販売店。涼しげな「水うちわ」が人気

新旧が入り混じる温故知新の町

老舗店が並ぶなか、町屋や蔵を改装した飲食店や土産物店がオープン。着物をレンタルして町歩きのできるお店やおしゃれな隠れ家レストランを目当てに、幅広い世代の観光客が訪れる。また、「庚申堂(こうしんどう)」も賑わいを見せる場所のひとつだ。もともとこの地には1560年(永禄3)に斎藤道三公の息子、義龍(よしたつ)によって建てられた伝燈護国寺が存在したが、現在は庚申堂のみが残る。庚申堂の使いは猿であることから「えん(猿)結び」とかけ、恋愛成就の新スポットとして注目を集めている。入り口付近にあるハート型の手水鉢(ちょうずばち)や、狛犬の代わりに置かれたユニークな表情の狛猿も必見だ。

庚申堂の使いのお猿さんのマスク姿を見られるのはきっと今だけ 庚申堂の使いのお猿さんのマスク姿を見られるのはきっと今だけ

町屋を改装した土産店「長良川デパート」。レトロな外観がかわいい 町屋を改装した土産店「長良川デパート」。レトロな外観がかわいい

見て、食べて、癒やされて。長良川の恩恵を享受

川原町界隈には、長良川温泉や長良川ならではのグルメ店など、岐阜観光の際には押さえておきたいスポットが盛りだくさん。赤いにごり湯が特徴の長良川温泉は、日帰り入浴や手湯・足湯でも気軽に楽しめるのでぜひ立ち寄りたい(2021年11月現在コロナ禍につき休止中)。また、川原町界隈で調達した岐阜銘菓「鮎菓子」や焼き鮎料理を持ち込み、鵜飼観覧船でいただくのもおすすめだ。

スポット詳細

住所
岐阜県岐阜市湊町・玉井町・元浜町界隈
エリア
岐阜エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          岐阜エリアのおすすめスポット

          岐阜のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました