国東半島周辺

AROUND KUNISAKI PENINSULA

火山活動が生み出した独特な地形と奇勝が見られる九州の秘境。史跡巡りにもおすすめ

大分県北東部に位置し、別府湾、伊予灘、瀬戸内海、周防灘に囲まれた、火山によってできた半島である国東半島。瀬戸内海気候で年間を通じて温暖で雨も少なく、ミカン栽培が盛ん。国東半島の中心にそびえ立つ両子山(ふたごさん・ふたごやま)のふもとには、「六郷満山」と呼ばれる山岳宗教文化が栄え、神と仏とが共存する神合習合文化が生まれた歴史があり、パワースポットとして人気がある。豊後高田市にある富貴寺は九州最古の木造建築で、日本三大阿弥陀堂のひとつである「大堂」は国宝に指定され、六郷山の最盛期をしのばせる数少ない遺物として歴史的価値も高い。このほかにも木造阿弥陀如来挫像や大道堂壁画など歴史を感じさせる見どころが多数存在する。一方、商店街の元気を復活させる取り組みも行われ、懐かしい昭和を再現する昭和のテーマパークなど本当にタイムスリップしたかのような気持ちにさせてくれる場所もあり、見どころにあふれるエリアだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    豊後高田「昭和の町」
    懐かしさと温かみにあふれる、ノスタルジックな町
    商店街が活気に満ちていた昭和30年代。古き良き時代の商店街を再生し懐かしい雰囲気に浸らせてくれるのが、豊後高田「昭和の町」である。1歩足を踏み入れれば、昭和時代にタイムスリップ。童心に帰って楽しもう。
    昭和を象徴するようなアイテムが集う商店街だ
  • spot 02
    富貴寺
    九州最古の木造建築で国宝の「大堂」は一見の価値あり
    日本三大阿弥陀(あみだ)のひとつである大堂を擁する富貴寺。平安時代から続く長い歴史をもつ寺は、九州では珍しい。大堂の中には、国の重要文化財に指定される仏像や貴重な壁画も。わざわざ足を運ぶ価値の十分にあるスポットだ。
    大堂(阿弥陀堂)は平安後期の作とされる貴重な建造物で、1952年(昭和27)、国宝に指定された
  • spot 03
    カフェ&バー ブルヴァール (昭和の町)
    揚げパンにソフト麺! 懐かしの学校給食を味わえる店
    時代の流れとともに、すっかり寂しくなっていた豊後高田の商店街。そんな商店街に再び活気を! と立ち上げられたのが「昭和の町」だ。昭和30年代が再現された街並みを歩くと、まるで古き良き時代へタイムスリップしたかのような気分を味わえる。そんな懐かしさいっぱいの新町通り商店街の一角にあるのが「カフェ&バー ブルヴァール」。大きなカフェ・バーの文字が印象に残るレトロな外観が目をひく。店内の雰囲気もまさに昭和の喫茶店で、思わずゆっくりくつろいでしまう。そんなお店の最大の魅力は、昭和の学校給食を再現したメニューだ。ソフト麺に揚げパン、瓶入りの牛乳に鯨の竜田揚げといった懐かしのメニューを味わえる。アルマイト製の食器やトレーも気分をぐっと盛り上げてくれる。こだわりのメニューは全15種類。外はサクサク中はしっとりの揚げパンが人気だ。テイクアウトもOKなので、町歩きで小腹が空いた際のおやつにもぴったり。
    ボリュームたっぷりナポリタン(1430円)
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    大分空港が国東半島の先端にあり、空の便で大都市圏とつながっている。海はフェリーが1日に5便就航、陸は広島市内からの直通高速バスがある。半島内には電車が通っておらず、路線バスも本数は乏しいが、名所を巡る定期観光バスは数社用意されている。空港、港、駅からはレンタカーやタクシーの利用がおすすめ。

  2. その2

    エリア最大の見どころ「富貴寺」には公共交通機関では行くことができない。車でアクセスし、無料の駐車場を利用しよう。豊後高田「昭和の町」から車で所要約15分。

  3. その3

    グルメの狙いは海産物。多くの飲食店で新鮮な刺身などを楽しめるほか、マダコのカマボコやワカメ、ヒジキなどはお土産としても人気がある。

recommend spot

関連記事

記事一覧

大分のその他のエリア

+ -
back
open

国東半島周辺エリア