豊後大野・竹田

BUNGOONO / TAKETA

雄大な滝や温泉など、山と水が織りなすスポットが豊富

大分県南西部に位置し、隣接する豊後大野市と竹田市。竹田市は九重(くじゅう)連山、阿蘇山、祖母山など標高1000m級の山々に囲まれ、阿蘇くじゅう国立公園に含まれる久住高原や、「名水百選」「水の郷百選」に選定されている竹田湧水群を有する自然豊かな地だ。また、竹田市一帯が「奥豊後温泉郷」と呼ばれるほど多くの温泉がある。2019年(平成31・令和元)にオープンしたクアパーク長湯は、世界的建築家の坂茂(ばんしげる)氏が設計した独自の木造建築が、景観と相まってすばらしい空間をつくりだしている。日本でわずか1%といわれる天然の重炭酸泉がぜいたくに使われていて、現代湯治の先駆けともいわれている。また、豊後大野市は市全域がジオパークに、一部がユネスコ・エコパークに認定されているほど豊かな自然が特徴。「日本の滝100選」にも認定された原尻の滝は、のどかな田園風景の中、美しい孤を描く姿が印象的だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    くじゅう花公園
    雄大な山々を背景に季節の花を満喫できる公園
    くじゅう連山のふもとにある広大な花の公園。阿蘇五岳を眺望でき、山と花々が織りなす絶景を満喫できる。日本観光協会が主催する「平成17年度・花の観光地づくり大賞」にも選ばれた人気の公園だ。
    9月中旬から11月まで楽しめるサルビア。赤だけでなく紫や白などカラフルなサルビアが咲き誇る
  • spot 02
    クアパーク長湯
    世界的な炭酸泉湧出地で往復100mの歩き湯を楽しもう
    世界でも希有な炭酸泉湧出地・長湯温泉にある「クアパーク長湯」。ここでは天然の重炭酸泉を使った温泉を楽しみ、地元食材で作られた料理を味わい、宿泊することができる。源泉かけ流しの歩行浴も利用してみよう。
    クアパーク長湯は、大分自動車道「湯布院IC」より車で約40分、JR「大分駅」からは車で約1時間の距離にある
  • spot 03
    ガンジー牧場
    くじゅう連山のふもとに広がる高原にある体験型ファーム
    くじゅう連山のふもとに広がる高原の観光牧場。「ゴールデンミルク」と呼ばれる貴重な牛乳を使った乳製品の製造販売をはじめ、酪農工場の見学、動物との触れ合い、レストランでの食事など、大自然のなかでリラックスタイムを楽しめる。
    希少なガンジー牛と間近に触れ合える
  • spot 04
    原尻の滝
    東洋のナイアガラとも称される幅120mの滝
    豊後大野市の緒方平野に流れる緒方川。その途中にある「原尻の滝」は、落差20m、幅120mを誇る名瀑だ。阿蘇山噴火による火砕流が冷え固まってできたアーチ状の崖からは、多量の水が力強く流れ落ちる。
    「日本の滝100選」にも選ばれた九州を代表する滝
  • spot 05
    稲積水中鍾乳洞
    全長約1km! 日本最大級の水中鍾乳洞
    稲積水中鍾乳洞は、阿蘇山大噴火により水没した世界的にも珍しい水中鍾乳洞。20万年前の氷河期に形成されはじめ、悠久の時とともにゆっくりと鍾乳石が発達してきた。洞の長さは1kmに及び、洞内にはサンゴ石、水中鍾乳石などが見られる。
    幻想的な雰囲気の広がる水中鍾乳洞。水の深さは10-60mもある
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    くじゅう花公園は、12月1日から2月末までは休園するので注意が必要。

  2. その2

    クアパーク長湯の泉質である重炭酸泉には、血圧を下げ血液の巡りを良くする効能がある。施設内には露天風呂、寝湯、ジャクージ、温泉プールと、水着を着用するバーデゾーンがある(水着はレンタル可能で大人用500円)。

  3. その3

    九重連山のふもとにあるガンジー牧場では、酪農工場の見学やウエスタンポニーの乗馬体験のほかにもアクティビティが充実している。屋外であればリード着用で犬の同伴も可能で、ドッグランも併設されている。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

大分のその他のエリア

+ -
back
open

豊後大野・竹田エリア