砥部

TOBE

江戸時代から続く歴史と伝統のある砥部焼の産地

県都松山を南下し重信川がある橋を渡ったところからが砥部町(とべちょう)である。砥部は丘陵性山地に挟まれた盆地の町であり、主産業は柑橘と落葉果樹(梅、柿など)の農業、そしてやや厚手で重みのある白磁に藍色で描かれた模様が特徴の砥部焼(とべやき)の産地だ。砥部焼は1777年(安永6)、杉野丈助らが磁器焼成に成功したことに始まる。原料の陶石が豊富にあったこと、水量の豊かな砥部川が段丘崖のため急流となり陶石を砕く水車が回りやすいこと、登り窯を築くのに適した山麓があること、窯の燃料の赤松が多く生えていたことに加え、大洲藩主加藤泰候が産業として力を入れたことによる。現在は約80軒の窯元があり、新しい砥部焼に挑戦する陶工も多く、個性の光る作品が生み出されている。また、とべ動物園や愛媛県総合運動公園などの施設があり、器巡りと合わせてぜひそれらも楽しみたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    砥部焼伝統産業会館
    砥部焼界の歴史と現代が融合した町内唯一のスポット
    愛媛県が誇る伝統工芸品のひとつが砥部町を中心に製造されている陶磁器、砥部焼(とべやき)。その歴史、伝統、文化が一堂に会する砥部焼伝統産業会館は、砥部焼のことを深く知るうえでは欠かせない施設である。
    砥部焼を総合的に学べる場として1989年(平成元)に開館
  • spot 02
    砥部焼観光センター炎の里
    自分だけの器を作れる砥部焼絵付け体験
    砥部エリアのなかで「今の砥部焼」を知りたいならぜひ訪れてほしいのが砥部焼観光センター炎の里。絵付け体験や作陶風景の見学、ショッピングまで、砥部焼を多角的に楽しめる場所だ。
    県内外からの団体客も多く訪れる砥部屈指の観光スポット
  • spot 03
    梅山窯(梅野精陶所)
    老舗窯元を訪ねて砥部焼の器選びを堪能
    さまざまな窯元が立ち並ぶ砥部町のなかで押さえておきたいところといえば1882年(明治15)開窯の老舗、梅山窯(ばいざんがま)だ。敷地内には工場とそこに隣接した直売店のほか、古陶を展示した資料館と町指定有形文化財の大登り窯もあり、すべてを見学してまわることができる。現在の梅山窯の器は約5000種類のラインナップで、そのなかで砥部焼の代名詞ともいえる「唐草文様」は長年、圧倒的な人気を誇っている柄だ。器はどれも時間をかけてていねいに手作り、手描きされており、人の手で作っているからこそのちょっとした個体差にまた味わい深さを感じられるはずだ。昔から今までずっと変わらず「用と美」の両方を兼ね備えてきた梅山窯の器。自宅用に、または手土産として、ぜひ持ち帰りたい。
    ふだん使いにぴったりな実用性の高い日用食器が並ぶ
  • spot 04
    陶板の道
    壁面や通路に陶板が埋め込まれた眺望のいい散策路
    砥部で観光スポットや窯元巡りをするならぜひ寄り道したいのが陶板の道。砥部焼の長い歴史や豊かな自然にも触れることができる全長約500mのルートで、のんびり散策をするのにうってつけのコースだ。
    焼き物の里らしさを満喫できる気持ちのいい道
  • spot 05
    砥部焼聖火台モニュメント
    聖火台の炎をモチーフに制作された砥部焼のモニュメント
    陶板の道から歩いて約5分、砥部焼伝統産業会館の西側にある砥部焼聖火台モニュメント。焼き物で巨大な聖火台を作るという一家のストーリーを描いた2021年(令和3)公開の映画『未来へのかたち』の劇中に登場するこのモニュメントは約半年をかけて制作された、高さ約4m、直径約1mという巨大な作品。ここまでの大きさのモニュメントは砥部焼としては最大規模であり、砥部焼伝統産業会館に所蔵されている『染付山水絵大壺』の作者・白潟八洲彦(しらかたやすひこ)氏による成形技術を駆使しながら、全26軒の窯元が力を集結して制作に臨んだ。聖火台の絵付けは砥部焼界で注目を集める和将窯とヨシュア工房が行い、伝統的な藍色の呉須(ごす)を用いながら、斬新な絵柄で新しい砥部焼を表現している。映画の撮影後は元は駐車場であった場所に設置され、地元の人々や観光客の目を楽しませる新名所となっている。
    空に向かって立ち昇るような形状。記念撮影する人も多数
  • spot 06
    愛媛県立とべ動物園
    大人の好奇心も刺激する西日本最大規模の動物園
    西日本でも指折りの動物園として有名な愛媛県立とべ動物園。貴重な種類の動物や生息エリアごとに分けた展示、園内にちりばめられたおもしろい仕掛けなど、あらゆる楽しみ方ができる、家族連れにも人気の観光スポットだ。
    瀬戸大橋をイメージした形の正面ゲート。年間来場者数は45万人を超える
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    町のいたるところに多くの観光スポットがあるため、車で移動するのが効率がいい。

  2. その2

    松山市街地から砥部町までは松山自動車道松山ICから国道33号を利用すれば車で約15分程度。バスなら松山市駅から伊予鉄バス砥部線を利用して約50分程度で到着する。

  3. その3

    砥部焼伝統産業会館や砥部町陶芸創作館、砥部町役場などで台紙を配布している「陶街道五十三次スタンプラリー」は砥部町全体を巡るにはうってつけな観光コンテンツである。

  4. その4

    地質好きな人は砥部川中流の岩谷口にある砥部衝上断層(国の天然記念物)を訪ねるのもおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

愛媛のその他のエリア

+ -
back
open

砥部エリア