愛媛県立とべ動物園

動物園

大人の好奇心も刺激する西日本最大規模の動物園

西日本でも指折りの動物園として有名な愛媛県立とべ動物園。貴重な種類の動物や生息エリアごとに分けた展示、園内にちりばめられたおもしろい仕掛けなど、あらゆる楽しみ方ができる、家族連れにも人気の観光スポットだ。

瀬戸大橋をイメージした形の正面ゲート。年間来場者数は45万人を超える 瀬戸大橋をイメージした形の正面ゲート。年間来場者数は45万人を超える

動物園入り口まで歩く道中にも楽しめる工夫がたくさん

松山市方面からとべ動物園へ行くには、車なら松山ICから高知方面へ進んで約10分。バスなら伊予鉄バス松山市駅から約36分で到着する。駐車場から動物園の正面ゲートまでは約230mの道のり。その道中には9種類の動物の足跡が実際の大きさで配置されており、どの動物の足跡かを探し当てながら歩みを進めるのも楽しい。そのなかほどにあるゾウの足跡をたどっていくと、左手に現れるのが大きな鉄格子の檻。これは1987年(昭和62)に道後から砥部へ動物園が移転した際、アジアゾウの「太郎」と「ハナ子」を乗せて運んだものをそのままの形で残しているそう。

動物の足跡は合計で240個。動物園の住所の番地を掛けた数である 動物の足跡は合計で240個。動物園の住所の番地を掛けた数である

柵のないパノラマ展示はサバンナの風景を体感できるよう

17万4000平方メートルという圧倒的な広さを誇るとべ動物園。園内で飼育している動物は2021年(令和3)10月時点で約151種、全683点にのぼるが、そのなかでもぜひ注目したいのが大型草食獣と肉食獣を合わせて見ることのできる、柵をなくした「パノラマ展示」だ。キリンやシマウマ、ライオンが同じ場所で過ごしているように見られる全国でもまれな展示法で、サバンナの風景の一部を切り取ったような雄大な眺めを堪能できる。そして、もうひとつのポイントは動物の関係性が見られるという混合展示。動物同士がどのように関わっているか、さまざまな角度から観察してみるのも新たな発見が得られそうだ。

草食獣と肉食獣との間に高さ7mの溝を設けていることから、同一空間での共存が可能に 草食獣と肉食獣との間に高さ7mの溝を設けていることから、同一空間での共存が可能に

ホッキョクグマのピースやオランウータンの綱渡りなど見どころ満載

とべ動物園の主役的存在といえば、1999年(平成11)に生まれたメスのホッキョクグマ「ピース」だ。日本で初めて人工哺育に成功されたことからその成長をずっと見守ってきた人も多く、毎年12月の誕生日には全国からたくさんのファンが訪れるそう。また、毎日12時から森の遊園地ゾーンで行われているオランウータンによる空中散歩や、15時からのペンギンのお食事タイムも人気のイベント。子どもはもちろん大人も思わず夢中になって、ギャラリーからは拍手や歓声が上がるほどだ。

人を眺めるのが好きという穏やかな性格のピース。寝室と運動場をフリーに行き来する 人を眺めるのが好きという穏やかな性格のピース。寝室と運動場をフリーに行き来する

地上11mの高さの綱をあっという間に移動するオランウータンの空中散歩は必見 地上11mの高さの綱をあっという間に移動するオランウータンの空中散歩は必見

絵が飛び出す3Dアートや動物に見える石探しも

とべ動物園ではたくさんの動物の姿が見られるだけでなく、実はおもしろい仕掛けがあちこちに潜んでいる。そのひとつが本物の動物と写真を撮っているように見える「3Dアート」。足元に記された位置から写真を撮ると動物が立体的に映るという仕組みで、園内全9か所に設置されているので、見つけたらぜひ写真に収めてみたい。また、開園当初からあるけれどまだあまり広くは知られていないのが全14個の「動物に見える石」。見方によってライオンやトラ、ラクダなどに見えてくる形の石はどれもいっさい手を加えていない天然のもの。動物園巡りをしながらこんな+αの楽しみを探すのもまた一興だ。

ゾウが飛び出してくるように見えるアートはイメージビルダー・隅川雄二氏によるもの ゾウが飛び出してくるように見えるアートはイメージビルダー・隅川雄二氏によるもの

ライオンが横を向いている姿のように見えてくる石。ほかの「動物に見える石」も探してみよう ライオンが横を向いている姿のように見えてくる石。ほかの「動物に見える石」も探してみよう

スポット詳細

住所
愛媛県伊予郡砥部町上原町240
エリア
砥部エリア
電話番号
0899626000
時間
9:00-17:00(最終入園16:30)
休業日
月(祝の場合は翌平日)、年末年始(12/29-1/1)
料金
【入園料】
[大人]500円
[高校生・65歳以上]200円
[小学生]100円
駐車場
あり(2,000台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edy、Apple Pay、Google Pay、LINE Pay、メルPAY、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(Ehime_free_Wi-Fi)
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • ピースに逢いに愛媛に来ました!
    5.0 投稿日:2021.02.21
    今回の私たちの旅行は関西がメインだったんですけど、「讃岐うどんを食べるために」香川に、そして「ピースに逢うために」愛媛に足を伸ばしたんです。もちろん、それだけじゃないですけどね。 松山ICから南へ向かって走ると、まもなく、とべ動物園です。駐車場から動物園の入り口までの通路には、いろんな動物たちの足跡がペイントされていて、気分を高めてくれます。 お目当てのピースは、ほぼ寝そべったままで、頭だけ...
  • ピースだけじゃない!
    5.0 投稿日:2021.01.22
    動物好きの妻の強い要望で、愛媛を再訪しました。妻の目的は「とべ動物園のピースに逢う」です。 松山ICから、南に向かって数km、10分ほどで駐車場に到着。広い駐車場から動物園の入り口までの間には、いろんな動物の足跡のオブジェがあるなど、向かう途中の楽しみも作られています。日曜日だったこともあるでしょうが、動物園に向かう人たちが途切れることなく続いていました。 お目当てのピースは今年20歳。シロ...
  • 見ていて飽きないufeff動物家族
    5.0 投稿日:2020.11.04
    一度行ってみたいと思っていた白くまピースで有名な動物園。当日は朝から本格的に雨が降り続き冷え込みも厳しいという、とても動物園日和とは言えない天候。動物たちもテンション下がってるんだろうなぁと思いきや、のびていることの多い大型ネコ科動物が元気に動き回り、地鳴りのような生の唸り声も聞くことができました。彼らには太陽カンカンより雨でも少し寒いくらいが快適なのかも。ライオン舎ではメスのグループが屋外に出て...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          砥部エリアのおすすめスポット

          愛媛のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました