NAVITIME Travel

<松山から久万高原を経て、面河渓谷へ>久万・石鎚スカイライン

司馬遼太郎がその著作「坂の上の雲」で書くところによれば、松山は子供達をゆったりと育てる揺りかごのようであったらしい。子規は「春よ春十五万石の城下かな」と詠み、春霞の中にあるような松山の雰囲気を伝えている。石鎚山から流れ出した水流が谷を削り、深く美しい渓谷となって人々を引きつける面河渓谷まで、そんな松山から走る。久万高原の真ん中にある久万は台地に広がる緑深い高原の町で、久万美術館、久万高原天体観測館や久万スキーランドがある。裸眼で見る天の川の流れが美しい。面河渓谷入り口から終点の土小屋まで続く石鎚スカイラインはよく整備された道で、白骨林など高山の美しさが楽しめる。

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成